魔道ねこの目線

気になること、面白そうなこと、独断的考察などなど、思いつくままに書いてます ( ̄▽ ̄)

安倍首相「高台移転、計画もなかった」

安倍首相「高台移転、計画もなかった」ファクトチェック
朝日新聞DIGITAL 2017年10月20日


この記事を読めば、安倍の嘘八百がわかります。一度読んでみたほうがいいです。




真っ赤な背景をバックにした安倍の選挙ポスター、見るたびムカつくのは私だけだろうか?


この国を守り抜く?
安倍では日本は守れません!

安倍が守るつもりなのは、自分が選んだ、自分自身の取り巻きだけです。


安倍にとって国民とは、自分を支持してくれるお友だちや企業の特権階級のことで、そこに入らない「一般庶民は《二級市民》ぐらいに考えている」のが本音。


その証拠に、森友や加計学園問題の疑惑をどれだけ追及されても、正面切って国民に答えることもしないで逃げまわってばかりいる。

やるやると口先ばかりで、国民の姿が見えなくなった途端に、こっそり舌でも出して笑っているのではないのか⁉︎


安保法制や共謀罪など、国民の重大な関心事は、反対派が国会前に押しかけて抗議しても、数の力で勝手に強行採決する。

今度は消費税の使いみちで解散して選挙して、それを「安倍政権続投の信任投票にすり替えるつもり」なんじゃないのか?

もしもそうなら、油断も信用もならない大嘘つきどころではない。
これは立派な詐欺じゃないのか⁉︎



国民の多くは、自民党続投でもいいが、「安倍はダメ」だと考えているのがもはや明白です。


改憲自衛隊の扱いでも『安倍にはアメリカに主導権を売り渡している疑いもある』から、ろくに審議もせずに、何でも自分たちだけで勝手に決めてしまう安倍政権は危険なのです。

自分が潔白だと言うのなら、調査でも審議でもして明らかにすれば良いのに、安倍は絶対にそうはしない。


まっとうな政治?
お友だち優遇がやめられない安倍には出来ないし、まっとうな理念もあるとは思えないし、国民や職責への誠実さがあるかさえも疑わしい。

これだけ追及されても、矛先を変えては逃げまわることしかしないのは、後ろ暗いことがある証拠ではないのか?

疑惑に正面切って向き合うこともしない者が、はたして国政や国民に対して、まっすぐ向き合ったり、公正に判断ができたり、正しく行動できるものだろうか?


他候補を批判するばかりで、自分の不正な行動は棚上げか?

約束はどうなった?
真摯に向き合って、丁寧に疑惑を解明するんじゃなかったのか?

その場から言い逃れるためだけに、やるやると嘘をついただけなのか?


政治家としての信義にもとる安倍のような男を支持したところで、この先ろくなことにはならない。
期待をかけても裏切られるだけだろう。


立憲民主党の支持が大きくなっていくのは、もう誰も安倍を信用していないからだ。

安倍は嘘とごまかしを並べて、真っ向から正論を説く立憲民主党の候補者を批判するぐらいしか能がない、姑息で低俗な人物だ。


自民党続投でもいいが、断固として安倍は総裁の椅子から降ろすべきです。

そのために立憲民主党には頑張ってほしい。

安倍がまずいとわかっているのに、降ろすと言えない自民党でなく、唯一まっとうな主張をしている立憲民主党にです!


どうせ自民が勝つと諦めている人たちがいるなら、少しでも自民の議席を減らして「安倍を引責辞任に追い込む」ことです。


野党で取れるだけの議席を取り、与党が大幅に議席を減らせば、自民党の続投でも「責任を取らされて安倍は辞任」に追い込まれます。


自民党支持でも、安倍はダメだと思うのならば、立憲民主党あたりに投票したほうがまだしもマシな展開が望めます。


もう安倍はたくさんだ!
安倍は信用できない!
安倍ではダメだ!

そう思うのなら、自民党議席を減らすためにも、対抗勢力の立憲民主党を支持したほうがいい。

自民党一強でなく、異論を唱えることができる充分な対抗勢力の成立と、自民党続投でも、安倍を引きずり下ろし、お友だち利権がらみの不届き者たちを一掃するためにも。


この選挙は、政権を選択する選挙などではありません。
国民の総意を問う選挙です。


勝てばそれを自分への信任にすり替えようとほくそ笑んでいる、悪知恵のはたらく小悪党を首相の椅子から追い落とし、諸悪の根源の「安倍政権を打倒する」ための選挙です。


最終的に、別の総裁による新しい自民党政権と、自民党独裁に異論を唱える力を持った対抗勢力とが揃えば、今よりはるかにマシな政治が期待できます。


自民党ならば安泰というのは、まやかしです。
安倍政権の功績や、アベノミクスの数字はごまかしです。
私たちはもうそれに気づいています。


安倍はわれわれ国民を、肚のなかでは傲然と見下し、何度も同じ手で騙せると思っているようだけど、われわれ国民は馬鹿ではないはずです。

われわれは安倍のインチキに気づいている。
もう安倍のごまかしには乗せられない。


もう安倍は要らない。
それが国民の総意ではないでしょうか。

(安倍に騙されてるかも?)改憲と防衛力強化で日本が失うだろうもの…



昨日このブログを途中まで書いていた時でした。

『米軍機、広島上空でフレア発射か 住民らが光の球目撃』というニュースが飛び込んできました。


米軍コラ、あんたら日本の空でなに勝手なことしてくれとんねん( ̄◇ ̄;)

日本人ならそう思っても、たぶんアメリカ人は違う。

『はぁ?こんな時に内閣解散して、のんきに選挙なんかやってるからだろ、日本人は危機感ねぇなぁ。HA H A H A!』とかだったりして…?


うろ覚えですが、確かこの辺りの空も、じつは羽田空港上空みたいな空域のはずではあるんですけどね。
つまり制空権が米軍にある区域です。

でも、アメリカと北朝鮮がもめてる最中に、ことさら日本国民の危機感を煽るようなマネをされると、私なんかは、わざとらしいというか、いかにもヤラセめいていて、政府への不信感のほうを刺激されてしまうのですが(・・;)


ちょっと話は変わりますが、今年の1月、オバマ氏が大統領職を終えた直後、

【さようなら、オバマ「あなたは史上最悪の爆弾魔でした」】という記事が出たのを覚えていますか?


知らない人は各自で検索してもらうとして、内容はオバマ氏が「2年間で5万発近い爆弾を世界中でばら撒いた」ことなんかが、各種データ込みで書かれてました。

オバマさんには、米軍の活動の報道は規制するとか、他国での演習や訓練の際には、民間人に配慮して根回しなんかもしただろう分別があったみたいだけど、トランプ氏にそうした分別はないようだ。


でも、ひょっとしたらアレがアメリカ人(の支配階級)の本性というか、スタンダードなんじゃないのかなぁ…?

日本とアメリカの関係を調べたり考えたりしているうちに、私はそういうふうに思うようになりました。



日本は、事あるごとにアメリカの核の傘に守られていると言われてますよね。

でも、守られることによって、アメリカに支配もされてる感じですよね?

改憲派は、だから自国の防衛力を強化してアメリカの支配から脱するべきだ…とか、短絡的というか、非現実的なことを言うんですけど…


私の推測だと、日本がアメリカの核の傘から抜け出そうとしようものなら、おそらくアメリカの反応は…

「へぇ、いいのかよ?俺っちの傘から逃げたら、核はそっちに向くかもだぜ?生意気いわずに、いい子でおとなしく俺の傘の下に入っとけよ」…こんな感じ?
(個人的なイメージによる擬人化です)


大人になっても、相変わらずジャイアンに脅されてるのび太みたいな構図なわけだけど、アメリカって、我々がよく知ってるイメージとは別に、そういう真逆のイメージもあるんですよね。

すぐに殴る蹴るする乱暴なガキ大将(戦争大好き)だし、こちらが攻撃されないためには、表向きは言いなりになってるふりをして、大人しくしてるのが一番かも…みたいな?


へんな喩えだけど、日本はスネ夫じゃなくて、のび太なんだと思います。

スネ夫は一応ジャイアンの友達(かなぁ?)で、一緒にのび太をいじめたりもするし、計算高く立ち回ってジャイアン側にはついても、のび太の側にはつかない。


のび太のスタンスは、スネ夫とはちょっと違います。

ジャイアンに滅多に反撃できないのび太は、無抵抗で殴られたり、パシリにされたりもするけど、そのかわりジャイアンと一緒に誰かをいじめる側にはならない。

ジャイアンも、誰かをいじめるのにスネ夫は仲間にしても、のび太は役に立たないと思うのか、いじめ仲間に引っ張り込んだりはしない。


これを現実に置き換えて、言いかえると、こうなります。


日本はアメリカの同盟国だけど、アメリカの戦争での支援を要請されても、他国を攻撃したりはしないし、出来ない。

後方支援で協力したことはあっても、海外での活動に武力行使は含まれないし、出来ない。


憲法9条があるからだ。
日本は戦争しないし、武力も持たない。これまでずっとそれでやってきた。

一緒に戦えと言われても、憲法9条を盾に逃げられた。そう、極論を言えば、アメリカに脅されようがどうしようが、イヤなものはイヤ!「憲法9条あるんで出来ません」とキッパリお断りできたのです。


この構図が今、安倍晋三という特権階級きどりの傲慢かつ醜悪な男によって、既に一部は強引に変えられてしまったし、この先もまだ変えられようとしています。

しかし、これは安倍の一存と考えるよりも、ひょっとしたらその背後にいる何者かの意思や思惑、影響力のせいもあるとは考えられないだろうか。

お友だち優遇疑惑を追及されても、開き直りもできずに逃げまわるばかりの小者(失礼)の一存だけで、どうこう出来るレベルの話ではないように思われます。




もっと実際的に考えるなら、自国の防衛力の強化や、憲法9条を無意味なものにしても、そのくらいじゃたぶんアメリカの支配からは逃れられない。

半端に武力を持つことで、逆に戦力になる同盟国として位置付けられたり、核の傘から逃れるための条件として、アメリカに無理難題を押し付けられる可能性もある。

北朝鮮危機が長引くようなら、米軍の指揮下で戦力の一部としていいように使われたり、使い捨ての駒みたい扱われる可能性だってある。


日本が自国の防衛体制を整えようと、核武装しようとも、アメリカの支配から逃れるのは至難のわざだろうし、米軍は日本から基地を引き上げたりしないと思います。

「日本?米軍の前線基地がある島だろ?」
おそらく、米軍上層部辺りはその程度の認識なんじゃないかと思いますね。

むしろ、改憲で新しくできるだろう使える戦力(自衛隊)を、米軍なら有効活用しようとするのではないだろうか?


米軍基地とセットになった自衛隊基地を増やしたり、拡げたりするよう日本政府をそそのかして、自衛隊との合同訓練だの演習だのと言い出したり、日本上空の制空権の更なる拡張を狙うかもしれない。

日本の上空には、四六時中ヘリや軍用機が飛び交い、日本にとって安保法制も改憲も、やぶへびだったみたいな方向に向かうのではないか…?

こんな予想は当たってほしくないけど、日米関係を調べれば調べるほど、そういう最悪な想像しか浮かびません(>_<)



これまで日本は、自国の軍備をかためたり、戦争をそそのかしたり陰で操ったりする大国を援助したりする代わりに、自衛隊は途上国のインフラ整備を支援したり、被災地での救援活動なんかに尽力してきました。

同盟国として、僚友国の要請に応えて一緒に戦ったりする代わりにです。

では、もしも日本が憲法9条を無意味なものにしていたら、これまでみたいに支援したい国を支援する自由はあっただろうか?

直接攻撃はしなくても、同盟国の戦争の後方支援をすることで、敵対国から仮想敵国とみなされて、日本まで要らぬ恨みや憎しみを買うことになる可能性もあったのではないだろうか?

もしもそんなふうだったら、日本の支援の申し出は、それが人道的な被災地の救援活動であっても、危険回避を理由に丁重に断られていたかもしれない。


早い話が、世界は、のび太ならいい。でも、ジャイアンスネ夫はダメだ(勝手な比喩です)ということだ。

中東での紛争みたいに、迂闊に大国の介入を許したせいで、本来なら短期間のうちに決着がついたはずの小競り合いが、何年も続く戦争に発展したような経緯もある。


南スーダンと聞いて、何が浮かびますか?
自衛隊が派遣された?前防衛相の稲田氏の日報問題?安倍の身びいき?

日本で報道されたのはそういう部分ばかりですが、そこでいつから、どんな戦闘行為があって、どれくらいの期間やっているのか、民間人の被害はどの程度か、調べてみるといいです。

メディアは肝心なことは何ひとつ報道していないことがよくわかると思います。


実際問題として、イラクやシリアで長々と戦争することになったのも、そこへ軍隊を送りこむだけのアメリカには、さしたる負担もなかったからではないだろうか。

アメリカがなるべく人道的にやっているつもりでも、人道的な戦闘行為などあるわけがないし、間違って民間人のいる建物を誤爆したという話も何度も報道されました。


戦争すれば被害は避けられないし、犠牲になって家を焼かれるのも、命を落とすのも、国同士の諍いなどとは無縁の民間人が大半なのに、武力を所持していれば、わざわざ出かけていって戦争をするのです。

戦争をけしかける政府首脳陣や、軍の上層部で命令だけ出しているような連中は、最前線での戦闘に参加したりしないし、危険が迫れば、兵士や民間人を犠牲にしてでも、自分だけは助かろうとするものだ。

それが唾棄すべき戦争屋のやりくちで、武力を所持すべきだ、防衛力の強化が必要だと拳を振り上げ、大声で叫んで国民を煽る際には、戦闘で犠牲になる立場の国民に、戦争のリスクを語ったりは決してしないのです。


アメリカには容易に相手の反撃を許さない力も、距離的な優位もある。反撃しようにも海の向こうのアメリカはあまりに遠く、やっとの思いで戦闘機を撃墜しても、また次のチームが送りこまれてくるだけだ。

難民も、大西洋や太平洋を超えてアメリカへ押しかけることはできない。だからシリアの難民たちは地続きのヨーロッパへ向かったのだ。


同じことが北朝鮮危機でも言える。
今すぐ戦争になっても、大打撃を受けるだろう北朝鮮には死活問題でも、アメリカにとってはそうじゃない。だからトランプがあれだけ言いたい放題できるのだと思う。

北朝鮮だけでなく、直接被害を受けそうな韓国も戦争は避けたいだろうし、中国やロシアも、朝鮮半島から難民がなだれこんできたら困る。

日本だってそうだ。戦争被害も難民もどちらも勘弁してほしい。


冷静に考えるなら、この戦争でほとんど被害を受けないのも、得をするのも、アメリカだけなのだ。だから「挑発上等!かかってこいや!」なスタンスなのだと思います。

北朝鮮のアメリカを直接攻撃可能な大陸間弾道ミサイルは?

それ、さっさと一発撃ってくれて、西海岸付近の被害が少ない地域か距離に落ちてくれたら、「おっけーd(^_^o)じゃあ反撃行くよ〜」で、アメリカは日本や韓国、中国ロシアも巻き込んで、北朝鮮相手に派手に戦争できるのに、とか考えていたりして……⁉︎


中国やロシアが北朝鮮を抑えようと懸命に対話を主張していたのは、そういう事態を回避したいからだし、挑発を続ける北朝鮮はともかく、アメリカの(というよりトランプの)不可解なぐらい好戦的な対応は、戦争したいからだとしか思えない。

グァムにミサイル落とすと挑発されたらそうなる?でも、実際グァムの近辺にミサイル落とされたのならともかく、ミサイルは日本の領海近辺にしか落ちてませんよね。

なのに、アメリカは、ちょっとチワワがキャンキャン吠えたからといって、お返しにドーベルマンをけしかけてやるぞ!みたいな異常な反応してるんですよね。


まぁそんなわけで、アメリカは戦争希望だとして、それ以上に不可解至極なのが、日本政府の対応です。

なんで日本はアメリカに同調してるの?(今に始まったことじゃないけどさ)


韓国、中国、ロシアは地続きだから戦争を回避したくて当然。北朝鮮に手を焼きながらも、対話重視の慎重論なのもうなずけます。

日本は地続きじゃないし、間に海があるから平気?まさか冗談でしょ?

日本がアメリカ大陸か、最低でもハワイぐらいの位置にあるならともかく、泳ぎが得意で死にものぐるいの難民なら、北朝鮮から自力で泳いで逃げて来られそうな距離にあるんですよ?

当然、ミサイルで狙われ放題だし、難民が流入してくる確率も高いのに、日本はなぜ戦争したがってるアメリカの側についてるんでしょうね?

北朝鮮は、アメリカ本国への反撃が難しいとなったら、もっと近場で攻撃可能な目標にミサイル落としてやろうと考えるのでは?

つまり韓国と日本にある米軍基地にです。


常識的に考えたら、どう考えても攻撃される理由のダントツ1位は、北朝鮮によるアメリカへの反撃ですよね?

だったら、戦争になる前に、日本は近隣の国と一緒に、もっともっと戦争を回避するための努力をするはずなんじゃないの?

それなのに、北朝鮮の危機に対処できないから改憲だ!防衛力の強化が必要だ⁉︎…なんですか?


ひとつ疑問なんですが、それ、今からでも間に合うんですか?

今から改憲して、法整備して、自衛隊の防衛力強化のために武器や人員を揃えて、訓練したり教育をしている間、目前の北朝鮮危機は?

準備が整うまで北朝鮮は待っててくれるんですかね?


こっちの準備が整うまで北朝鮮が待っていてくれるというのもあり得ない話ですが、そんな悠長に構えていられるのに、選挙に勝って自国の防衛力強化だの、改憲して自衛隊武力行使できるようにするだの、随分と胡散臭いというのか、目的が疑わしい話じゃないですか?

安倍のやることは、お友だち優遇から国の危機管理対策レベルに至るまで、とにかく胡散くさい。

裏の事情や真の目的を隠して、危機感を煽ったり、数字や成果をごまかしたり、ひたすら扇動することで国民を洗脳して、最後には数の論理で目的を達成しようとする汚いやりくちが透けて見える気がする。


とにかく、安倍政権は当初から、先頭きって北朝鮮のミサイル危機を煽り、Jアラートを広範囲で鳴らしたり交通機関を停止させたり、戦争の危機を回避するのとは真逆の宣伝活動の方向にばかり力を入れてましたよね?

同じ頃、森友や加計学園問題で追い詰められていた安倍は、北朝鮮危機を必要以上に煽ることでお友だち優遇疑惑から国民の目を逸らさせようとしてか、異常なくらいテンパっているように見えました。


テンパる理由は、はたしてお友だち関連疑惑のごまかしだけだったのでしょうか?

安倍が個人的に親切にしてあげられるお友だちだけじゃなく、安倍にあれこれ要求するようなお友だちが、北朝鮮危機を利用することを思いついて、追い詰められていた安倍を更に追いつめるような事態が密かに進行していたのではないか…と考えるのは勘ぐりすぎでしょうか。



昨年、日露会談で、北方領土の返還があるかも?みたいな報道があったのを覚えているだろうか。

ロシアには、「返還後に米軍基地を置かないと約束できるなら返してもいいよ」的な意見もあるらしい。当然の用心だ。

でも、そんなのは「米軍が絶対に認めない」から無理。両国ともその見解で一致している。


それでも、例えば50年先の未来では、世界情勢や国同士の関係図なんかも、今とはまったく別物に変貌している可能性だってあり得る。

そしてその頃には、今現在、北朝鮮が世界から孤立しているように、アメリカが世界の嫌われ者として孤立しているかもしれない。

日本が自国の武力を整えたり、他の国とも協力してアメリカの核の傘から逃れるのは、そうなってからでも遅くはないのでは?


そのくらい、アメリカは他国の紛争や戦争に首を突っ込んでは、自国の軍需産業を儲けさせてきたし、アメリカが関わったせいで、紛争が大きくなったり長引いたりしているのだ。

考えてみれば、アメリカには国としてさほど古い歴史や文化があるわけでもなく、ハリウッドとディズニーとプロ野球で、なんでもアメリカNo.1と豪語する一方、他国の歴史や独自の文化などはあまり認めない感じだ。

日本に原爆を落とし、中東での戦争に介入して軍需産業を儲けさせ、地理的な優位にある安全圏から無傷で戦争に参加して、砲撃や爆撃で都市を焼き払い、大打撃をくわえた国々を、戦勝国として支配してきたのがアメリカだ。


アメリカには、数千年前の貴重な遺跡なんかはない(先住民のそれはあるかもしれないが)し、自国にはない長い歴史や建造物、他国の文化や遺跡の価値を認めたりするだろうか?


都市や古い建造物を破壊することは、その国の文化を破壊することに等しい。
例えばディズニーランドがテロで破壊されて大損害というのとはちょっと意味が違う。

ディズニーランドならまた新しく建て直せばいいけど、破壊された家や街、歴史的遺産は元には戻らない。何より遊園地は商業施設に過ぎないが、家や街にはひとが住んでいる。

遊園地なら、新しくて綺麗なほうが良くても、叩き壊された古い建造物の思い出や、歴史的建造物に残る固有の文化までは、新しく建て直せるものではない。

そもそもアメリカは、戦争で自国の都市や街を攻撃された経験がない。同時多発テロでの貿易センタービルの悲劇が初めてではないだろうか。

悲劇の多寡を比べて重い軽いを語るつもりはないが、一過性のテロの被害と、砲撃や爆撃で焦土と化した都市や街とでは、やはり人的被害も損害も比較にならない。

失ったらもう戻らないことを考慮せず、平気で焼き払ったり、叩き壊したりできるのは、異国の文化に価値を認めてないからではないのか?


イスラム国が、近隣の貴重な遺跡を次々に破壊していた頃、やりくちがアメリカそっくりだと私は思っていた。

イスラム国は、アメリカとイラクの戦争の果てに、戦禍で全てを失った被災者の嘆きや恨み、憎しみが原因で生まれたものだという意見がある。

イスラム国の肩を持つ気はさらさらないが、もう何も残っていないくらいに家や街を叩き壊され、焼き払われてしまったら、他人の財産も同じようになってしまえ!と考える気持ちはわからなくもない。


相手に抵抗や反撃する力があるうちは、アメリカは戦いをやめない。

ベトナム戦争も、かなり長いことやっていたようだし、イランやシリアの中東方面も、湾岸戦争の頃から続いているのなら、何十年というスパンで戦争をしている計算になる。


ひょっとして、アメリカの存在が世界をおかしくしているんじゃないのか?
唐突に浮かんだのはそんな疑問でした。

あるいは日本人は、こういう疑問すら思いつかないくらい、反日教育の対極にある親米教育で洗脳されているのではないか?
そんなふうにも思うようになった。

こういうことを文章にまとめてブログに書いたりしていると、次から次へと疑問が浮かんでくる。

仮に「親米教育」があったとして、それはアメリカの主導だけでおこなわれているのだろうか?それとも日本政府が独自でやってきたのか?

そうではあるまい。もしもそうした計画があったのならば、アメリカと日本政府の双方の主導によるものでなければ、こうまでうまく根付いたりするものではない。
違うだろうか?


少し前、このブログで、自衛隊の武器の何割かは、日本でこっそりつくっているんだろうかと書いた時には、まさか三菱重工業が潜水艦を建造していたり、それを海外で売ろうとしているとまでは考えていませんでした。

そしたらなんと、池上さんの番組で言っていました!

防衛装備移転三原則 とやらが2014年

今年は、防衛見本市開催?

日本企業が世界に武器をつくって売り込む?
国民に内緒で、なに勝手なことやっとんねん、安倍!

北朝鮮危機で米国兵器産業の株価上昇⁉︎
日本の防衛費は5兆円超
それらで儲けているのは誰だ⁉︎


安倍一強の裏側で、強引に成立させた安保法制も、これからやろうとしている改憲も、目的はこれだったんじゃないの⁉︎

消費税の使いみちを問うはずの総選挙で、安倍自民党が信任されたら、待っているのは日本の軍国化あたりですか?

戦争好きのアメリカと仲良く手を繋いで、高い性能の日本製の武器や潜水艦を輸出して、そのお金でまたアメリカ製の武器を買う?

win-winなのは、日米両国の特権階級だけですか?

彼等のwin-winを支えるためだけに、国民は高い税金を負担させられ、多すぎる高齢者の社会保障費や年金は削られるんですか?

そして、若い世代はいずれ、徴兵制度もどきの法律をつくって、日本軍の兵士として自衛隊に送りこむわけですか?


ふざけるなよ!安倍!
大概にしとけよな!


…と、私はこのように考える次第ですが、自民党ひいきの皆さんは、本当に安倍なんかの信任に賛成なんですか?

私は安倍も改憲もごめんですけどね。

「希望の党」失速で高笑いも安倍首相は退陣必至


小池氏とは「犬猿の仲」(自民党議員)として知られる菅義偉官房長官は最近、上機嫌だという。

小池氏が『排除の論理発言』をして以降、夜回りでも笑顔でちゃんと応じて、『(政党乱立で)うちは有利だよね。東京でも希望の党より、うちのほうが強いね』と強気です。

【2017/10/10 週刊朝日 AERA dot.より抜粋】



このオヤジは安倍と麻生の次に嫌いだけど、この選挙、おそらく自民党が勝つだろうと思うし、希望の党は、対抗勢力にはなり得ないのが明らかになりつつあります。


ないと思うけど、もしも希望の党が勝ったところで、残念ながら、ここはどの政党よりも使える人材がいそうにない。候補者の顔ぶれにガッカリした人は少なくないはずだ。

それでも小池氏が牽引するならばという希望をギリギリまで持たせておいて、結局、最後には裏切ったわけだから、今さらどんな期待のしようもない。政策以前の問題。

おかしな選別や排除で馬脚を現した挙句、二大政党制の望みをも断ち切った小池新党には、もはや勝ちも価値もないと思う。

自民党の対抗馬としての価値を投げ捨てた小池新党は、誰がみても安倍とどっこいの小池独裁政党なのに、当人が「私は都知事でございます」と逃げたんじゃ、もう救いようがない。


この都知事を攻撃している公明党も気に入らない。
創価学会以外の有権者が投票しようと思っているのなら、ここも二枚舌なのを覚悟しておくべきだと思う。

都議選では自民党を見捨てて都民ファーストと組んで、国政では相変わらず自民党
あからさまな勝ち組ねらいじゃんか。

偉そうに他政党の批判しているけど、勝ち組の腰巾着で成り上がっただけの日和見政党が何を言ってるんですか〜ってことを忘れないほうがいいです。


立憲民主党は、思想的には歓迎するけど、ここも政権を任せられるようなメンツ揃いだとは正直いいがたい。せっかく分裂して再生したわけだから、この機会にもう無能な重鎮を厚遇するのはやめたほうがいいです。

顔も名前も売れているメンツだけど、そのぶん悪名も高かったりもするわけだし、ぶっちゃけ立憲民主党の思想には共感しても、国民が国政を任せる気になるとは思えない(希望の党よりはマシだけどね)


それでも立憲民主党人気沸騰中みたいだし、「安倍が引責辞任に追い込まれる」程度に自民党議席をガッ!と減らして、なるべく多くの議席を獲得してくれることを願うばかりです。

是非とも立憲民主党には大勝してもらいたいですね。

そうすれば、もう存続がなかば確定している自民党政権が続投するとしても、反自民の「価値ある対抗勢力」が残る。

今後の課題は、「なんでも受け入れて結局は何も決められない」烏合の衆政党だった民進党を反面教師に、今のスタイルを貫いて、地道に力をつけていってほしい…応援したいです。

票集めが目的の宣伝や他候補批判ばかりの選挙戦の中で、唯一まともな主張をしているのは、立憲民主党だけだからです。


希望の党はマズい。政策以前に、好きな時に自由に代表の椅子に座ったり降りたりするような人物の胸算用ひとつで全てが決まるようじゃ、確実に安倍よりタチが悪いです。

風向き次第でどこへ転がるか見当もつかない、害悪にしかならないだろう希望の党には、なるべく議席を与えないことが望ましい。

解散総選挙を経ても、尚も図々しく生き残るかもしれない安倍政権の手を握って、自民党と大連立などされたら目も当てられないからだ。

安倍と小池氏の表面上の対決姿勢なんかを信用する気には、私は到底なれない。

それが、小池氏のやり方に対する正しい評価だと思いますね。


それにしても、小池氏が何をしたかったのか未だ疑問は残ります。

選挙に勝つために小池氏が代表になったのだとしても、そのせいで顔を潰された格好の党幹部の面々は、小池氏に「遠慮してくれ」と言えなかった不甲斐なさを露呈しただけにとどまらず、希望の党への希望や信頼を失わせる役にしか立たなかった。

それでも小池氏が豪腕をふるって今度は国政に進出!だったのならばまだしもわかるけど、「やっぱり出ないの?」で終わったから落胆だけじゃすまない。

普通に考えれば、都知事が所属政党の応援に立つのなら、党幹部の顔を潰して勝手に仕切りたおした挙句、支持者の信頼を失わせるようなマネはしないと思うのだけれど…?


これに大喜びしているような、程度の低い人物が、現政権の官房長官なのだから、嘆かわしいと呆れるよりも、もう誰が政治の実権を握っても同じじゃないかと思うくらいだ。

一部のアメリカ人が、トランプの大統領らしからぬ稚拙な言動やふるまいに呆れて、国民として恥ずかしいという見解を語るのをよく聞くけど、お手本がオバマ氏だった頃は、まだしもカッコつけてた安倍も同じレベル。

トランプ大統領だってやっているんだから?とばかりに悪いところばかり真似するのは、国民が恥ずかしい思いをするからやめてもらえませんかね?

もしも子供がいたら孫もいて、おじいさんと呼ばれていてもおかしくない年齢のいい大人なんだから、あまりにも子供じみた発言やふるまいをされると、当人よりも、見ている国民のほうが恥ずかしい気持ちになります。



立憲民主党という政党、党首は菅内閣の時の官房長官。幹事長は菅内閣時の官房副長官。そして、菅(直人)さんは立憲民主党の最高顧問なんです。菅内閣そのものではないでしょうか。当時の菅内閣原発事故の危機管理はどうだったんでしょうか」

朝日新聞DIGITAL 菅義偉官房長官発言録より】


これと東日本大地震こそ「国難」以外の何物でもなかったはずなのに、当時の自民党は、正真正銘の国難を、薄ら笑いを浮かべて「高みの見物」してませんでしたっけ?

そこは完全にスルーで、ニヤニヤしながら嫌みな当てこすりですか?

実際、野党だ与党だと言ってられるような場合じゃなかったのに、自民党の面々は、我々は野党だからと、お気楽に野次とばして政権批判してただけでしたよね?

こんな時ぐらいは一致団結して事態の解決に努めようとか、税金から給料もらってるくせして、そういう殊勝な心がけの自民党議員はいましたっけ?被災地が地元や選挙関連で動いた人は別にして。私の記憶ではそういう感じだったんですが…。

自己都合解散に「国難」を持ち出して選挙に臨む安倍が総裁なだけあって、さすがは安倍政権の官房長官。どんだけ面の皮が厚いのか、言うことが違いますね~ まずはアナタが先に反省しなさいよって話なんじゃないですか?



そう言えば、安倍は野次が怖くてw遊説の日程非公開でしたよね。で、それを非難されたら、今度は自民総出で、野次は選挙妨害だの違法だのと言いだしたみたいですね~わはは!

野次ぐらいで選挙妨害になるのなら、国会での審議中に野次を飛ばすような不心得者の議員は、総理だろうが官房長官だろうが、罰金や減給や退場処分にでもすれば?

いや、その前に、やるやる詐欺で審議するすると約束だけしてすっぽかす安倍に、そろそろ勘定を支払ってもらうか、ペナルティくらわせるのが先でしょ?

ほんと安倍ときたら、事ここに至ってもまだやることなすこと姑息で醜悪ですね~( ̄3 ̄)

安倍とその腰巾着たちの、この「もっともらしい理由をつければ嘘でも本当らしく聞こえる」戦略に、まだ引っかかるような国民がいると信じこむ「普通でなさ」は、もう呆れるを通り越して異常ですね。


大体さぁ、この選挙じたいが、「消費税の使途変更について国民に問う」ための解散総選挙なんでしょ?

だったらどうして「安保法制」や、「集団的自衛権憲法解釈見直し」や「共謀罪」の時にも、自民党が多数派のうちに強引に採決する前に、解散総選挙で国民に問わなかったんでしょうか ( ̄  ̄)?

きちんと説明するなら野次とばさずに聞いてあげるから、まずそこをはっきり説明してくれませんかね?


国会前で多数の国民がプラカード掲げて声をあげて、あれだけ反対してた案件はスルーだったのに、自己都合で理由を持ち出しての解散総選挙はおかしくないですか?って話。

「安倍が都合の悪いことをリセットしたい案件」ならば、野党も国民も何も言ってないのに、解散総選挙してまで国民に問うわけですか?

何いってんのか理解不能~
時どき見かける「護憲派でリベラルっておかしいだろ 笑」っていうアレと同じで、わざと論点をずらすのが目的だとしか思えませ〜ん。


野党分裂で自民党有利、野党はあてにならないからやはり自民党と短絡的な結論を出す前に、またしても自民党単独過半数なんてことになったらどうなるか、そこを忘れずに。

仮に立憲民主党が大勝利したところで、この選挙では人数的に政権とるには至らないわけなんだし、賢明な有権者なら、自民党が勝つにしても、安倍の後釜がつけあがらないように手を打っておくべきなのでは?(個人的な見解です)


実際、どの政党の政策も、ぶっちゃけ票と人気とり目的のPRレベルで、まともに国民重視の政策を打ち出しているようには思えませんからね。

決して自民党なら安泰とか、政策や主張が飛び抜けていいわけでもない。

というよりも、安倍一強が続いたせいで、何か勘違いしている自民党が、おかしなことを言いだしたり、独断的なやり方で批判されているのは事実です。

国民の意向を無視した勝手な政策を進めて、格差を広げたり、企業の側でなく、国民の利益重視だった雇用体系を破壊したり、数の力で改憲を押し通そうとまでしているのだから、もはやこれまでみたいな「自民党のほうがマシ」という論理は通用しなくなっているのでは?

政策の善し悪しに関わらず、政権には対抗する異なる勢力が必要です。

現政権が間違っていたり、おかしなことをやろうとしたら、それを咎めたり疑惑を追及したり、徹底的に議論したりする「もう一方の勢力」が必要なのです。

どこを支持すればいいのか迷っているのであれば、自民一強を許さない対抗勢力を選ぶべきではないでしょうか。




最後に改憲ですが、自国の防衛力強化に論点をしぼって強調されると、したほうが良さそうに聞こえるだろうけど、何度も言ってるけど、そんなお手軽に乗せられてどうするんですか?


たとえばもしもアメリカに日本を守る気持ちなんかなく、日本はアジアの前線基地ぐらいの意識でしかないなら、こういう考え方もできます。

高齢化社会はアメリカも同じです。
戦地に送り込んで「消費」する人的資源を、自国の若者の代わりに日本で補充できるのならば、アメリカこそが日本に改憲してほしいのではないでしょうか?

別の言い方をすれば、これまでは憲法9条を盾に逃げていた同盟国の戦力(自衛隊)を、「僚友の応援」と称して戦地に送りこめるようになれば、米軍の総合的戦力は増加するし、自国の人的資源も守られるし、おまけに日本に武器や装備も売りつけられるし、少なくとも一石四鳥くらいにはなるはず…。


改憲に賛成する人たちは、安倍の口車に乗せられて、目の前の北朝鮮危機には改憲が必要だと思いこまされているのではありませんか?

たぶん、だからその先まで考えが及ばないんだろうと思うけど、アメリカ人が戦争好きで、ずっと戦争している事実をもっとよく調べて考慮してみるべきです。

アメリカが日本に原爆を落としたのも、アジアや中東の国々で、都市滅亡クラスの砲撃や絨毯爆撃を繰り返したのも、アメリカが敵対国の歴史や文化に何の注意も敬意もはらっていない証拠なのでは?

イスラム国だって、元はと言えばアメリカが、イラク大量破壊兵器を持っているだろうと難癖をつけて攻撃を仕掛けたのが始まりで生まれたことを知ってますよね?

ということは、アメリカが余計な戦争をしていなければ、イスラム国によって壊されたり犠牲になった何もかもが、起こらずに済んでいたかもしれないのです。

アメリカのやりくちは、安倍が好んで用いる目くらましの論理と酷似しています。

本当の目的を隠すために、肝心なところは隠したまま、ことさら危機を煽ってみせたり、たまたま上手くいっただけの成功した政策の成果なんかを繰り返し強調して、人々を煙にまくやり方です。


北朝鮮の脅威に備えるための改憲と防衛力強化のはずが、いざ戦争になったらアメリカの指揮下に入れられて、アメリカ政府が米軍の兵士を守るために、代わりに自衛隊を真っ先に危険な地域に投入する…その可能性は決して低くないし、そこへ送りこまれる戦力とは、今ここで改憲に賛成している自分たちかもしれないことを、真剣に考えてみたことはありますか?


前にも書いたけど、アメリカの教育でそう教えられているのか、アメリカが日本に原爆を落としたから戦争が早く終わった。だからアメリカは悪くない、と考えている人が少なくないみたいです。

そんな教育では核兵器廃絶と言われてもピンとこないだろうし、戦争放棄どころか、核武装してどこが悪いという考え方になるのでは?

同じことは、危険な事故が繰り返し起こっていても、一向に銃規制が進まないお国柄にも出ています。

だから冷戦時代には、地球に壊滅的被害が及ぶほどの核兵器を、東側の仮想敵国に向けて並べていたんでしたよね?

そんな風に、持っていれば使いたくなるわけだし、実際に使った唯一の国なんだから、ぶっちゃけ北朝鮮よりよほどヤバい国なんじゃないの?

自分たちがそうだから、敵対国も同じ考えだと思うのか、だからイラクに根も葉もない疑いをかけて攻撃とかできたのでは?

こうやって1つずつ挙げてゆくと、アメリカの正体は、前大統領オバマ氏がそう見せかけていたような世界の警察なんかではなくて、トランプのやり方や考え方のほうに近いと思いませんか?


また、
たとえば反日教育についてはメディアでもよく取り上げられるけれど、では「日本の親米教育」についてはどうですか?

アメリカ人がこの推論どおりだと仮定した場合、白人至上主義で自国ファースト主義の好戦的なアメリカ人に対して、大多数の日本人が持っているだろう親米感情は一体全体どこから来たのだろうか?

日本人の不思議なアメリカ贔屓、まずはそこが疑問だと思いませんか?


中国や韓国政府が、政権維持や支持率目的で反日教育によって日本に対する悪感情を植え付けているのなら、日本政府だって、親米教育でアメリカへの好感情を植え付けているかもしれない可能性を考えてみるべきなのでは?

その場合、日本政府がアメリカとうまくやるために親米教育をしていると考えるよりも、アメリカの都合や主導で、長年にわたって行われてきたと考えるほうが納得しやすくないだろうか?


米軍基地のすぐそばで、米軍の迷惑行為や兵士の犯罪に困らされているのでない限り、私たちは、アメリカは友好国であり同盟国、アメリカ人は友達だとそのまま疑いもせずに信じる以外にないのではないでしょうか。

だって、子供の頃から、アメリカは日本を守ってくれている同盟国、お隣の国は反日国だと思いこまされて育つわけですから。

でもそれ、「誰が」どういう目的で、国民が見聞きする情報や印象を操作してるんでしょうねぇ?


たとえば、おおかたの日本人のイメージだと、アメリカ人は親日国だけど、その印象とか知識はどこからきたんでしょうか?

実際にはアメリカ人は、親日のほうが珍しいくらいで、アメリカ政府や米国の上層部にはトランプみたいな自国ファーストの差別主義者がごろごろしている…そう聞いてもまだ、米軍の指揮下で参戦を求められることになる自衛隊が、公正にかつ人道的に扱われるはずだと、無条件で信じていられますか?

はたしてそうした人種が、日米安保を盾に他国の地に構えた基地の人員全てに、同盟国の国民への敬意や配慮を欠くことなく人道的に接するようにと指導したりするだろうか?

日本は属国、「アジア最前線基地がある島」程度の認識でしかない教育で育った連中だからこそ、米軍基地の兵士による迷惑行為や犯罪はなくならないのではないのか?

それを覆い隠すための「親米教育」に、我々が晒されてこなかった保証があるだろうか?


こういうふうに考えてゆくと、これまでは目に入らなかった別の側面が見えてきませんか?

アメリカ主導による改憲の試みを、遂に実現可能なところまでこぎつけたのが安倍政権だった…とかね。

改憲したらもう後戻りはできないのだから、やるならやるで、このくらい徹底的に考えてからでも遅くないのでは?

その点1つを取り上げても、やはり立憲民主党に選挙で勝ってもらって、安倍なんかに好き勝手させずに、とことん議論や審議してもらいたいですね。

私はそう思いますけどね。

長くなったのでこの続きはいずれまた…。

iOS11 バッテリー対策 まぐれで成功したかも⁉︎


いろんな設定をオフしまくって、常時低電力モードにしているのに、バッテリー減り早すぎるのがiOS11 (T ^ T)

今回さらに2つの方法を試してみたら、どっちが効いたのか両方か(ただのまぐれでどっちも無関係か?)、とにかくバッテリーが減るスピードが遅くなりました。

体感だとiOS10.3.3の時に戻ったぐらいの感じ。

バッテリーが減るのが早すぎて困ってるひとのために、ここに書いておきます。



その前に…もう次のiOS11. 0.2が出ていますが、私はまだインストールしていません。

この方法を試して、効果があったっぽいと確認できているのはiOS11 .0.1です(念のため)

《追記 》iOS11.0.3が出ましたがまだインストールしていません。




【対処方法1】

バッテリーの持ちが悪くなった原因がiOS 11で起きている不具合かもなので、こういう時は強制再起動で一旦リセット。

まずはネットで調べたこれを試してみました。

その直後、ふとバッテリーのメモリーだったかをリセットするポピュラーな方法も思い出しました。


【対処方法2】

バッテリーを100%充電してから完全に使い切って再充電、という、よく知られているアレを続けてやってみることに。

減りが早いので、いつもは80%で表示が出たらやめていた私も、最近は100%まで充電していました(それでも足りずに再充電が必要なことも…)

ちょうどいいので、残り少ないバッテリーを最後まで使い切って、iPhoneが充電切れで勝手にオフるのを待って、再充電してみました。


【対処1】続けて【対処2】の後に再充電という手順です。

途中で寝てしまって、気づいた時にはバッテリー充電率95%までなっていました。

iPhoneに負担かけすぎが心配だったので、慌ててそこでやめて、朝まで触らずに放置。


で、一夜明けると、「なんかバッテリー消費が戻ってる?」感じになってたヽ(´▽`)/ ♪


どれが効いたのかわかりませんが、充電80%を超えて勝手に低電力はオフになってたのに、通常モードで、これまで通りに使っても、バッテリー消費はiOS10.3.3の時の感じに戻ってるみたいです。

お困りの方で、まだそれはやってないという人は試してみてね。


オマケの『基本データ』

本体は今年3月購入のiPhone
バッテリー消費が問題なくても、毎日充電が必要な程度にネットやゲームに使います。

充電は基本iPhoneの通知まかせで、20〜80%の間でやってます。

うっかりでない限り、100%充電や、バッテリー切れまで使用することはほとんどありません。

バッテリー消費が元に戻ったっぽいので、現在まだiOS11 .0.2、iOS11.0.3はインストール見送り中。

安倍の「国難」、自作自演の危機に違和感ありあり



「これからの日本の針路が戦争と平和のどちらを主軸に進むのかを左右する、極めて重要な選挙だと思います。岐路に立つ日本で、冷静な議論が求められるときに、安倍さんが今回、『国難突破解散』とおっしゃって危機感ばかりをあおっていることに強い違和感を覚えます。

国難といって現在、最大の問題は北朝鮮情勢でしょうが、これはご自分がつくっていませんか、自作自演の危機ではないか、と申し上げたい。安倍さんは国連総会で、今は対話の時でなく圧力をかけるべき時だと述べてきましたが、それでは危機を高めるばかりです」
 
「昭和史で似たようなケースがありました。日中戦争が始まった後、ドイツが間に入って和平工作を手がけました。まとまりかけたのですが、現地軍がこれを無視して進撃を続けて当時の首都南京を陥落させてしまう。和平の条件をつり上げて中国国民党を率いていた蔣介石を怒らせてしまう。

この時、近衛文麿首相が『蔣介石政権を対手にせず』と言い放ち、解決は遠のきました。結局、戦争は泥沼化していきます。このように和平の結実は実に微妙なものです。それを勇ましい言葉で台無しにした歴史の戒めを思い起こします」

国難」、自作自演の危機に違和感 半藤一利さんに聞く 【朝日新聞DIGITALより抜粋】





少し前、安倍が「森友・加計問題、選挙後も質問に答える」と言いましたよね?

きっと誰もがこう思ったはずです。

質問に答える?嘘つくな!
それ前にも聞いたけど、約束どおり真摯な態度で丁寧に説明にしてたら、とっくに全容解明してるんじゃないの?

どうせまた口先だけ。
この選挙で自民党が勝利したら、勝てば官軍とか言って、

安倍内閣は選挙で国民に承認されました。国民の意思は結果に反映されました」

だから…「モリカケ?そんなのもういいじゃないですか。他にもっと議論することがあります」

とか言うんじゃないの?って。
自分もそう思うという方、挙手を願います。
はーい 笑


後づけ大義で「国民に信を問う」とか言い訳しても、結局のところ、「安倍は自分がやりたいことなら、法律も憲法も捻じ曲げ」ているわけですよね。

法律違反や違憲だと指摘されたら、法律も憲法も勝手に《自分的解釈》するし、それでもダメなら、理由をこじつけて『法律も憲法も変えてしまう』のが安倍なんですから。

今さらこんなヤツのどこを信用しろと?
こんなヤツが日本の首相だなんて…上品ぶってるだけで、トランプや金正恩と同レベルのバカ丸出しのバカじゃないですか。

日本国民として恥ずかしいです(T ^ T)



では、前回の続きです。

【インセンティブ】という言葉を知っていますか?

似たような言葉で、マージンとかコミッションというものもあります。

詳しく知りたいひとは勝手に検索してもらうとして、私は日本の防衛費強化の背景には、インセンティブがからんでいるのではないかと推測しています。

兆単位の防衛費強化は、当面、取引先のアメリカの軍需産業を儲けさせることが確定しているわけです。

武器弾薬に戦車や戦闘機、他にもあるだろうけど、それらを必要な「備品、設備、消耗品」として、決まった相手とだけ取引するとします。

だとすると、その取引をまとめた人の手数料みたいなものがありそうだと思いませんか?

営業マンというのは、じつは基本給は低くて、どれだけ契約をとれるかで給料が変わってくるんですよね。

この契約を取った時に貰える手数料なんかのことを、インセンティブとかマージンとかコミッションと呼ぶのです。
日本でよく聞く「利権」も同じカテゴリーに入ります。


私は自衛隊の関係者ではないからよく知らないけど、日本製の武器弾薬や戦車や戦闘機って、どこかでつくっているのでしょうか?

でも、日本でそういうシロモノをおおっぴらに造っているという話はあまり聞きませんよね。

もしもそんなのがあるとしたら、自衛隊の敷地内にある工房か工場なんかで、いつメディアに突撃取材されても、ケチのつけようがない程度に合法的なシステムになってなきゃいけないとかですか?

やらないと思うけど、工場で武器弾薬を余分に作って、国民には内緒で他国に売買してたりするのがバレたら、ネットやメディアで叩かれまくるに決まっていますしね。

だから仮にそういう工房や工場があっても、憲法で武力不所持を謳っている日本には、それは「存在しない」ことになっているか、自衛隊専属みたいな位置付けになっているだろうと思われます(私的な見解です)

それでも武器弾薬から戦車まで、自衛隊や警察も装備は必要だから、自国で何割かを自作しているいないに関わらず、おそらく大部分は同盟国(アメリカに決まってる)辺りから輸入することになります。

この上さらに防衛軍などつくろうものなら、日本はこの先もずっと『米軍需産業の大変なお得意様』となるわけですね。


当然、こんな美味しいシステムをつくった安倍は、総理だからそういう国家レベルの契約ができるわけだし、契約さえしてしまえば、あとは総理でなくなろうが引退しようが、米軍需産業からインセンティブをもらえるんじゃないの?

この先もずっと続く、兆単位の取り引きの締結ですよ?
日本の会社同士の契約だったとしても、契約をまとめた営業マンのインセンティブは相当な金額だと思われます。

相手はアメリカですからね。
企業のトップやスポーツ選手の契約金と同様に、日本のそれとは桁が違います。

防衛力強化+自衛隊国防軍化を達成して、今後も続く兆単位の取り引きをまとめるセールスマン安倍のインセンティブは、さて、どのくらいの金額になるんでしょうね…?

要するに、これが前回の「ノルマ達成」の内訳なわけです(個人的な予想と見解です)


と言うか、これが事実の端っこでもかすっていたら、「いい加減にしろ!」と、安倍を徹底的に追及と糾弾すべきです。

米国軍需産業に流れるだろう途方もない金額は、安倍が払うわけじゃないんですよ?

きちんと説明するすると嘘をついては、安倍が逃げ回ってごまかしてばかりいる、加計学園問題のアレと同じで、使われるのは我々の税金です。


自国防衛のために必要なら仕方ない?

それは間違ってないと思いますが、その建前の裏側で、安倍がそんなところまで私物化するのかと思えば、どうにも納得がゆきませんけどね。私は赦せません。


国民の知らないところで、安倍に我々の税金を好き勝手に使い放題されるのは、もうこれ以上は断じて見過ごせません。

安倍のやるやる詐欺にはもう付き合いきれないし、富裕層優遇をやめるだけで相当に違ってくる国民負担を軽減するのが先なのでは?

日銀主導で物価2%上昇とか、わざとインフレにするとか、そういうことは、まず先に賃金や、年金や社会保障費の給付額を目に見えるまで上げてからやってほしいです。

貧困でもなんでもなかった層まで、政府が計画的に貧困へ引き摺り込むような政策ばかりをやっておいて、まだ税金を上げる?インフレにする?

寝言なら寝てから言ってくださいね( ̄  ̄)



大体、何故ここで解散総選挙なんでしょうか。

内閣改造を受けた安倍晋三首相の8月3日の記者会見を思い出してください。

「結果本位の仕事人内閣」と安倍は語り、森友や加計学園問題では、透明性向上や野党が求める臨時国会への対応を約束したんじゃなかったんですか?

北朝鮮のミサイル脅威も強調して大騒ぎだったけれど、このタイミングで無責任に解散ってどうなの⁉︎

仕事人内閣の結果は出たんですか?森友、加計学園問題はまた先送り?てゆーか、その話したくないからやる気ないんでしょ?

誰かが言ってたように、まさしく『究極の自己都合』内閣であり政策であり…この恥ずべき男が日本の首相なわけです。



ここへ、突如として現れたのが「希望の党」です。

小池さんは安倍よりマシと見るか、選挙で票が取れない人たちの駆け込み党か、あるいは「小池にの背後に誰かいるのか?」…読み方は多々あると思います。

でも、安倍も相当だけど、小池氏も「ちょいルール違反ぽくないか?」という気がしますよね?


どっちもどっちか?
そう判断するならば、「離党議員の希望の党」には、安倍政権以上に期待はできません。

ここで勝負に出た小池氏が、今度も勝利するかどうかわからないけど、政界の壁は、彼女の実力以外の部分に大きく立ちはだかっています。


「国政への出馬はしない」というのは、都民感情に配慮したのだと思いますが、「リセットして私がやる」と立ち上げたのにですか?
状況を見て、やっぱり出馬もありなのでは?

機を見るに敏な小池氏の本領を発揮してもらって、後にそういうことだったのかと納得できれば、嘘つき安倍と同列に扱うような国民ばかりではないですから。

安倍よりも信じられると判断すれば、国民の支持は希望の党へ流れるのではないでしょうか。



そもそも都民ファーストの都議選での勝利は、自民党の自滅はさておき、トップの小池氏の邪魔をする者がいなかった部分が大きいと思うのです。

都政でなかなか結果を出せていないのは、小池氏がやりたいようにやらせない側の問題もあります。

オリンピックの件は置いて、築地移転問題なんかは、あれだけ多くの関係者が互いにアレコレ主張しているわけだから、誰がやったってまとまるわけないと思いますけどね。

だから、自分の采配で好きにやれる選挙では勝てても、その先へはなかなか進めない。

仮に今回も勝って与党になるか、敗れて野党第一党としての地位をかためるにせよ、常に彼女の前に壁として立ちふさがったり、足を引っ張るような、旧体制派のご意見番には事欠かないのです。


今回は選挙以上に、選挙の後も勝てるかどうか、小池氏が真価を問われることになると思いますね。

都政の結果だけを取り上げて、小池氏は口先だけだと結論づけるのはまだまだ早計です。


単なる思いつきだけど、選挙に勝って、もしも(出馬しないはずの)小池総理が誕生したら、「東京オリンピックは辞退します」なんてこともあるかもしれません。

楽しみにしてる人たちには申し訳ないけれど、私は東京五輪は必要ないと思っています。

もしもアレがなかったら、都政の改革はもっとスムーズにゆくし、財政に余裕もできるし、余計な雑事から解放されて、政策の実現だってスピードアップが望めます。

オリンピック利権に群がる不届き者を一掃して、浮いたお金をインフラ整備や、保育園問題、年金の支給や社会保障費にまわせます。

こんなことは逆立ちしたって安倍には出来ない。
でも、小池氏ならやるかもしれない。

「リセット」の中に、こういう項目があるのなら、私は小池氏を応援したいですけどね。



だから、安倍の手先みたいなメディアが小池氏をつつきまわすのは感心しませんね。

小泉さんだったと思うけど「改革なくして前進なし」でしたっけ?

安倍がやろうとしているのは、ひたすら自分本意の改悪に過ぎないけど、小池氏がやろうとしているのは、【政界大改革】なわけでしょう?

初の女性都知事にして、初の女性首相になっても、べつにいいじゃないですか。兼任できないなら、そうなった時点で副知事が知事をやれば済むことじゃないですか?

前原氏も意地張ってないで、無所属で当選したら、さっさと軍門に下るべきです。

あとは勝ち組狙いの使えない人材は、われわれ国民が選別してとっとと国政から追い出す。

勝ち残るだけの理由がある人材なら、どこにいたって勝ち残るのでは?


安倍が気付いた時には、寄せ集めのはずの「離党議員の希望の党」は、本当に、『国民の希望の党』になってるかもしれません。


今、国民がメディアには望むことは、公正な立場で「使えない人材は誰だ⁉︎」を明らかにしてくれることです。

余計なところばかり突き回してないで、投票の判断材料になる有益な情報の提示を求めます。


安保法制にも改憲にも、私は反対です。
がしかし、二大政党制は絶対に必要なんです。

困ったことに、小池氏も改憲派なので、そこは賛成できませんが、それでも安倍政権の続行よりはマシです。

安倍がどう、小池氏がどうというレベルではなく、国民が政策を比較したり、人材を判断するためには、自民党だけではダメなんです。

民進党がまさかの事態になってしまった今、民進党に代わる希望の党は必要です。

民進党の支持をしようと思ったことはないし、私は右でも左でもなく、「いちばんマトモなことを言っているひとを支持」する派です。

でも、対抗勢力がいなくなった安倍政権が、またしても安倍一強だと勘違いしてやりたい放題するのだけは、断固として赦せません!

安倍の続行では明るい未来はありません。
それならば、不本意でも今は対抗勢力に期待をかけるしかありません。
私はそう考えます。