魔道ねこの目線

気になること、面白そうなこと、独断的考察などなど、思いつくままに書いてます( ̄▽ ̄)

NEWS ZEROなう(T . T)

今週のお題「もしも魔法が使えたら」


もし私に魔法が使えたら、小林麻央さんを健康にしてあげて、もっと長生きさせてあげたかったです……(T ^ T)

海老蔵さんのコメント聞きながら、もらい泣きです(>_<)

麻央さん、今日までお疲れ様でした。
やっとゆっくり眠れそうですね。

ご冥福をお祈りしますm(_ _)m

君の名は…?(無意識には、それじたいの論理がある)


ハンドル、ペンネーム、ニックネーム…自分で自分に別の名前をつける時、ひとは、どんな理由でその名前を選ぶのでしょうか?

全くのゼロから、錬金術のようにオリジナルな名前を生みだすひともいるかもしれません。
でも、大多数のひと達は、既に存在する名前をどこかから選んでくるのではないでしょうか…?

どこか、は、リアルの自分に関係しているもの…リアでのニックネームだったり、ヒイキのアーティストの名前や通称、ブログの内容次第では、職業がわかるものだったりするかもしれません。

リアルの自分とは全く無関係な、好きな本や映画の登場人物や、アニメのキャラクターというパターンもよくあります。

錬金術型以外のタイプは、その名前がすでにもっている既成概念から、そのブログを書いているひと、書き手の性格や主張をイメージしやすいというメリットがありますよね?


たとえば、「ヨッシー」という名前のひとが書いているブログに目をとめたとします。

リアの友人ヨッシーのイメージを内包したままそれを読んで、「ヨッシーって面白い奴が多いよね」とか、「自分が知ってるヨッシーとはぜんぜん違うなぁ」などと、無意識に比較してしまったりしたことがありませんか?

ブログタイトルが『正義の味方ヨッシーのお助けブログ』なんかだったりすると、「リアルの友達ヨッシー+助けてくれる正義の味方」の両者が合体して、そんな理由で知らない相手に親近感がわいて、メールで個人的な相談をしてしまったり…なんてことにも?


【念のためにお断りしておきます】

ここに出てくるのは「架空のヨッシー」であって、同様にもしも「正義の味方ヨッシーのお助けブログ」が実在した場合も、このブログの内容とは完全なる無関係ですので、あしからずご了承くださいm(__)m


キャラクターだと、たとえば「のび太」か「綾波レイ」か「しんちゃん」か、あるいは「アラゴルン」か「ガンダルフ」か「R2D2」か「R.ダニール」であるかで、出典がわかれば自動的にキャラのイメージもわいてしまいます。

これらは 某サイトで実際に見かけたニックネームですが、「のび太綾波レイ、しんちゃん」だと、一緒にアプリをやるにしても、あんまり強力な仲間になりそうにないイメージがありませんか?

つまり、「のび太」という名前を選んだユーザーが、その名前を選ぶことで、「僕はガツガツやらないからね。仲間に選ぶならそのつもりでテキトーによろしく」というメッセージをこめている可能性は、決して低くないと考えられます。

意識的にそうしている場合も、無意識でも同じことだし、のび太を仲間に選んだあなたにも同じことが言えます。ネーミングとは、そのくらい色々と含みがあるものなのです。


このネーミングの際に、リアの関連情報から選ぶか、架空の存在の中から選ぶのかも、多分に無意識の領域ではないかと思われます。

弁護士や会計士、司法書士***のブログというのはよく見かけますし、こちらは職業的見地からの意見や、日々の仕事内容が克明に綴られていたりするのでまた別物なんですが、普通はリアル情報をどこまで容れるかは無意識の選択によるのではないでしょうか?

初めにこの辺りまで、と、ラインを引いておいても、どんな内容を書くのかの選択が無意識に任されているなら、あらかじめ設定したラインは、書いてゆくうちにズレたり動いたりするものです。
逆に弁護士や会計士の立場で書くと決めていても、無関係な家族の話になったりするのも同じことですね。


ひとつ言えるのは、どんな名前を選んでも、途中で変えたりしない限り、自分が選んだ名前に縛られるということです。

リア情報を多用している場合は当然だけど、アラゴルンという名前を選んだら、アラゴルンへの思い入れに縛られて、その名前でクレヨンしんちゃんみたいなキャラを演じたりはできない、ということなのです。(なかには例外もいるかもしれませんがw)


このネーミングを意識的にやるか、無意識の内なる声に導かれてやるのか…この辺りは性格にも大きく左右されそうです。

前者は緻密で論理的、後者は感覚的で自由奔放な選択なのですが、こう書くと、ここでも「緻密で論理的なほうがカッコよさげじゃない?」とか、実際に緻密で論理的なタイプ(理屈っぽい堅物クン)が、「感覚的で自由奔放な自分」を演じてみたくて天邪鬼なことをする…みたいな人たちも現れるんですよねw

無意識の選択は、いつでも必ずしも正しいとは言いきれないけれど、正しいか正しくないかとは別に、何故かその選択をする自分の内面にあるものに気づかされたり、新しい自分を発見させてくれたりもする、そんな独自の論理を持っているようです。


このブログで銀河英雄伝説のことを書いた時に、私の子供の頃のイチオシは、ラインハルトとキルヒアイスだったのに、いつの間にか、シェーンコップとロイエンタールが贔屓になっていたwというくだりが出てくるけれど、これも無意識の論理に従った選択の結果ではないかと思っています。

分析してゆくと、ティーンだった頃の私が、ジークフリード・キルヒアイスに重ねて見ていたものと、相手がシェーンコップやロイエンタールの場合とでは、明らかに異なります。

タイトルは、ズバリ【銀河英雄伝説で大人になる⁉︎】ですが、私たちは無意識と意識的な選択の両方をくりかえして、大人になったり、自分自身を知ることになるのだと思います。

なるほど、無意識には、それじたいの論理があるようです(自分で書いたくせにw)

こうやってじっくり考えてみると、無意識って……怖いですねぇ(^_^*)

往生際が悪いのは安倍政権か籠池氏か…?



やりたい放題してきたツケがまわってきて、ついに安倍政権の支持率がダウンしましたねぇ(^_^*)

安倍総理が会見で「深く反省」と陳謝しても、誰の見るところも「あんなの口先だけじゃん!」なのが見え見えで、輪をかけて終わってる感じがしますね( ̄^ ̄)

このまま次の憲法改悪(自民党憲法改正草案は、9条2項を削除し「国防軍」の創設を明記する)まで、しぶとく往生際悪く、突き進むつもりなのでしょうか?


安倍政権は、どうやらメディアの報道で意図的に森友問題を煽って、国民の関心を再び森友学園と不正受給問題に持ってこうと画策しているようにも見えます。

同時に加計学園のほうもセットで煽って、またしても文科省や怪しげな書類が出て来たと思ったら、今度は萩生田さんなんてひとにスポットが当たりました(・_・;

…で?共謀罪強行採決の件は、与野党もメディアも、ひとこともなしですか?
メディアが取り上げないのは、安倍政権からの指示?それとも自主規制なんですか?


森友学園問題では、安倍総理は以前に、「この件に私や妻が関係していた場合は…」って言ってしまいましたよね?
言った以上は『色々バレたら総理やめなきゃならない』から、集中審議して、ちゃんとやりますよ~的なことをいくら言っても、当然そんなのは口先だけのことで、本気でやるわけがないんです。

ようするに、この期に及んでもまだ安倍っちは、『国民には、都合の悪いところはうやむやにしてしまおう』作戦を通そうとしているみたいだし…ちょっと国民バカにしていませんかね?
そう思うしかないんですよね、あの嘘っぱち発言だと。


確かに、今回の家宅捜査でやり玉に挙げられている森友学園の不正受給問題では、誰が見ても籠池氏は、「限りなく黒に近いグレー」なんじゃないのかと、思いますけどね。

残念ながら、本人が主張しているように、完全な白だとは思えません。
氏の言い分は、不正仲間から切り捨てられたことを、逆恨みしているだけのようにしか聞こえませんから(T . T)


とはいうものの、現時点で判明しているこの「不正」の内容じたいは、一世を風靡したあの号泣県議が、政務活動費の約913万円をだまし取ったとして、詐欺と虚偽有印公文書作成、同行使罪に問われたアレと同種の、ありがちな詐欺なんですよね。

つまり、それをやれる立場にあり、やり方を知っていて、チャンスさえあれば、厚顔無恥な輩の相当数が、平然として悪気もなくやっている「ごまかし」です。

出張してないのに、行ったことにして、かかった費用を申請して着服するのと、政務活動費で「ありえない金額の切手を買って後で換金する」のと、保育士の人数の水増し請求と、一体どれほど違いがありますか?

事件の発覚も、ほとんどの場合、「やり過ぎ」を咎める内部の人間による暴露か、やりすぎたせいで内偵はいって証拠固めされてから、偶然に発覚したように装って処分されるかたちになっている点など、ここでも共通しています。


この問題の焦点は、水増し請求よりも忖度問題のほうなんですが、「忖度問題を忖度する(?)輩」でもいるのか、こちら方面への追及は一向に進んでいません。

なにしろ安倍総理絡みで、彼の進退にも関わるかもしれない忖度問題ですから、もしも本当のことを言って、総理を退陣に追いこんだりしたら何人のクビが飛ぶかわからないし、別の何かで国民の関心を故意に忖度問題からそらしてでも、あくまでしらを切り続けるほかないでしょう。

それを裏づけるかのように、籠池氏の家宅捜査を派手に報道させたと思ったら、加計学園のほうも、またしても文科省とごたついている構図をチラつかせてますよね?

その一方で、官邸とメディアがスケープゴートにまつり上げた、籠池氏の「個人的な不正の部分」だけが、繰り返しクローズアップされるという、偏った報道になっていませんか?


共謀罪成立の影の黒幕を、私は安倍政権じゃなく警察検察だと考えているので、「でっちあげの冤罪事件で名を売った大阪地検」によるガサ入れのほうが、よほど気になりますねぇ( ´Д`)

大阪地検といえば、無実のひとに嘘の自白を強要して拒否されると、関係者に虚偽の自白をさせて、でっちあげで無実のひとが有罪になるように仕向けた事件が露見して、とんでもない騒ぎになったという前科があります。

私もですが、このせいで警察や検察を信用しなくなったひとは少なくないと思います。
その大阪地検ですから、今度は何をでっちあげるつもりか、あるいは官邸と共謀して都合の悪い事実や証拠を握りつぶすものやら、知れたものではありません。

メディアもメディアで、不正や不祥事を起こした相手や政権によって、これまでにも報道の内容を手控えたり、極端に偏った報道に終始するなど、こちらもまったく信用がおけません。

ここまで揃ったら、一切合切を籠池氏に押しつけて、「忖度問題を闇に葬って、籠池問題を解決する」ぐらいのことは、やりかねないだろうと私は考えています。


野党は野党で、バカの一つ覚えのように、森友では総理夫人を出せ、加計学園でも総理の友人を出せ、忖度があったのかどうかハッキリさせろ、と、言ってもムダなことを言い続けています。

不利を承知で安倍陣営が、総理夫人や総理の友人を、参考人としてでも審議の場に出したりするわけがないことくらい、とっくにわかっていそうなものなんですが…。

そして、ここでその代わりのように出てきたのが、いかにも「怪しげな陰の実力者」、官房副長官内閣人事局長の萩生田氏です。

ツッコミどころ満載というか、「火をつけて燃やすための藁人形」役を「みずから買って出た腹心の忠義者」といった役どころでしょうか…?それとも、勝算ありきでの真打ち登場なのでしょうか?

さらにはこのひと、官房副長官なだけでなく、各省庁の人事管理のトップに居座る局長なだけに、文科省のはねっかえり役人のクビを飛ばしたり、すげ替えるぐらいは、朝飯前なんじゃないかと思いませんか?

でも、ひょっとしたら、そう思わせるのも計算のうちだったりして…(>_<)


それにしても、メディアの報道も野党の追及も、森友学園加計学園、萩生田氏に文科省と、わかりやすくアピールするものばかりに終始して、いつの間にやら共謀罪強行採決の事実も忘れられてしまいそうです。

初めから計算ずくなのが疑わしい与党はさておいても、野党もメディアもそれでいいんですか…って、思いませんか?

じゃあ、なんだって共謀罪であそこまで大騒ぎしてたんですか?断固として反対するだの、民主主義の崩壊だのと、国民と一緒になって声を荒げて大騒ぎしてから何日経ってます?アレはただのポーズだったんですか?


これが、私が与野党どちらのの公式見解も、メディアの報道も、まともに取り合う気になれない理由です。
一事が万事、ヤラセだったんでしょうか?

今度もまた、与野党の言動もメディアの報道も、国民の意識を共謀罪からそらすために、ことさら忖度問題を蒸し返したり、スケープゴートをメディアで公開処刑することに全力を注いでるようにしか見えません(>_<)

それもこれも、往生際の悪い安倍っちが、事ここに至ってもまだ総理を続けたくて、国民の支持を失いつつあることを認めたがらないからなんでしょうけど…。


他にいないから安倍晋三、他よりマシだから自民党…我々のその選択の結果がこれです。

さすがにこのままではヤバいと思うひとが増えた分だけ、安倍政権の支持率が下がったわけです。

まだあります。
私が政治家でも官僚でもないからこそ思うのかもしれませんが、今さら忖度問題の徹底究明とかをぶち上げている与党も…どうかしてますよね?

与党は今ここで、安倍晋三に代わる人間を立てれば、次の政権奪取のチャンスなんですよ?

代わりがいない、ろくな奴がいない…国民が判断するのは自由だけど、自党に、ろくな奴がいないなら、ちゃんとしたひとを発掘してくるとか指導育成するとか、とっくにやってなきゃいけないのでは?

もしやっていたなら、野党の**を次の総理にって、声くらい聞こえてきそうなものなのに、聞こえてくるのは、今いる党を離党して都議選に出馬とか、本末転倒な話ばかりです。

いつまでも忖度の究明とか、くだらないことで騒いでいる場合ですか?
忖度事案なんて、普通なら表沙汰にならないから国民は知らないだけで、談合疑惑と同じぐらいありふれているんじゃないの?

仮に、議員も議会も承知の上で、忖度問題で大騒ぎしているとしたら、とんだ茶番もいいところだし、野党には人材がいないんじゃなくて、単に「やる気がない」だけなのでは?
そんなだから自民党が図に乗ってやりたい放題するんじゃないですか?


安倍さんも籠池氏も往生際が悪いけれど、粘ればどうにかなりそうに思える弱みを持ってる側にも、問題があるのではないかと思いますね。

そうやって大騒ぎしている間にも、大阪地検みたいな信頼に値しない警察権力が、共謀罪の拡大解釈を虎視眈々と狙って、ここだけは緻密に用意周到に準備を怠らないだろうと思うと、薄ら寒いおもいがするのは、私だけなのでしょうか…?

往生際の悪い安倍政権や、籠池氏の不正なんかよりも、放置してはおけない問題が放置され続けているような、そんな気がしてなりません。

アプリ入りました(≧∀≦)

 

 

写真を貼り付けたかったので、悪戦苦闘した結果、諦めてアプリをインストールしました…

 

f:id:madohtsukainodeshi:20170618171042j:image

 

ここでブログを始めて、ちょうど60日ですが(本当はプラス2日くらい?文字が拡大するのを直すはずが、全削除してしまって(>_<)またやり直したから)

定期的に無言で★をつけてくださる奇特な方々がありますが、読者なしブクマなし外部リンクなしでこのアクセス数は…www

お返し★をすぐ忘れるのと、★をつけてくれた人にありがとうコメして相互フォロー…みたいな面倒なことは一切やらないので、これまで★をつけてくださった方々には、ここでお礼を申し上げておきますm(_ _)m

 

私の承認欲求は別の場所で満たされているので、いいねや★や読者数には一切こだわりがありません。

コメント頂いても、なかなかお返事もできないだろうと思います。

それでも、アクセス数が多いと、書く励みになります(⌒▽⌒)

誰にも読まれなくていいのなら、こんなところに書いてはいませんからw

読んでくださった皆さま、ありがとうございました♪

 

 

 

 

素敵な未来が待っている(T . T)


国民がまだ眠ってる早朝の強行採決…。
一体、誰のための共謀罪なんでしょうか?次から次へとやってくれますね( ̄д ̄;)

そして今度は、メディアを使って、さっさと加計学園問題にシフトして、「総理のご意向」文書の存在を認めて、そっちに注意をひいて、共謀罪強行採決の件もさっさと過去の出来事にしてしまうつもりなのでしょうか?

『幕の後ろに隠れている別の黒幕』の中でも書いたけど、幕の後ろから伸ばした糸で官邸を操ったり、このシナリオを描いたのは、やっぱり検察あたりなんでしょうか?


表向きは、与党は加計学園問題の追求をかわすため採決を急いだ、野党は最後まで採決に反対して抵抗したって図式になってますけどね、国会の公式発表も、メディアの報道も、信用する気にはなれませんね。

追及をかわすためのはずが何故か存在を認めてしまった文書の公表も、内閣府と話がついたか、裏工作が完了したから公表OKにしたのでしょうか?

察するところ、「共謀罪の件はちょっと置いといて、じゃあ文書の件がでた加計学園問題から先にやりましょうか」って…あからさまなミスリードなんじゃないの?優先順位つけたのは単なるポーズでしょ?

この件では、何が出て来ようと、与野党どちらの言い分もメディアの報道も含めて、一事が万事どれも大ウソなんじゃないかって、まず疑ってかかったほうがいいと思いますね。



ところで、今年になってからの安倍さんって、突如として北の将軍様か、嫌われ者の某大統領みたいに幼児化しちゃってましたよね?

独裁政権でもつくるつもりなの的なやりたい放題だったけど、東京五輪まで、まだまだ総理やりたいはずの安倍っちが、なんだって突然ここまでやりますかね?おかしいでしょ?

これだけとっても、自民が数の多さで共謀罪採決を押し切ったって、そんな報道を素直にそのまま信じるんですか?何故そんなことをしたのかは気にもしないんですか?

自民一強だからこそ、与党は少しでも今の体制を長続きさせて、ずっと実権を握っておきたいと考えるのが普通じゃないかと思うんですけど…違いますか?

だとすると、ちょっとやり方おかしくないですか(・・?)

そもそも、安倍さんがこの先も総理でいたいのなら、強引に採決にもってくにしても、やっぱ支持率が関係してくるだろうから、もう少し国民に言い訳くらいしそうなものですけど、何故それをしなかったのでしょうか?

ひょっとして、追求されてヘタなこと言って、みずから墓穴を掘らないように隠れてたんじゃないの?

思うんだけど、こういう種類のワンマン社長みたいな強引さとか、有無を言わせぬ実力行使とかって、あんまり政治家のやりそうなことじゃないですよね?

こういうのは警察や検察あたりこそ得意そうだけど、日和見主義と忖度で成り立ってきた、日本の政治家や官僚のやり方じゃないんじゃないのかなぁ?

もちろん、彼等がやり方を変えた可能性もあるけど、それでもやはり何故いまここで、総理や与党が非難の矢面に立たされるような忖度問題や、共謀罪強行採決なんかで方針転換をはかったのか、という疑問は依然として残ります。

方針転換するならするで、もっと国民に受け入れられやすい穏やかな案件を選ぶことだって、いくらでも出来たはずなのですから。

要するに、どう考えてみても、共謀罪法案を通したかった真の黒幕は、自公連合じゃなくて、その背後に隠れていた『警察や検察?』だったのではないのか、と、思うしかないわけです。


加えてもうひとつ。
実際問題として、共謀罪法案が成立しても、ほとんど状況が変わらないし、プライバシー侵害の心配も不安もないひと達がいます。

一国の首相とか政府高官とか、それなりの地位にあったら、警護の名目で四六時中ずっと監視されてるのと同じだし、プライバシーもあったもんじゃないってぐらい想像つきますよね?

しかも、引退後も元首相だの元政府高官だのは、無名の市民よりもはるかにテロや誘拐等の犯罪の標的にされやすそうですよね?
だったら、共謀罪でのプライバシーの侵害なんかは二の次にしてでも、「とにかく俺を守ってくれ」という人達の賛成大多数…と、なるんじゃないでしょうか?


黒幕A「安倍さん、いい加減この辺りで共謀罪法案を通しておいてくれませんかね?そうしてくれたら、政権の支持は約束しますし、あなたが政界を引退した後も、我々が責任持ってテロの危険からお守りしますよ…」

黒幕B「採決までのお膳立てはこちらで全部やりますから、シナリオ通りにやってくれればいいです。先々の展望や危険もよく考えてみて、ここらで我々に恩を売っておいたほうが賢明だと、すぐにわかると思いますよ」

…とか、悪代官みたいな顔つきの検察官僚だのOBだのが、ニヤニヤ笑いながら、料亭や官邸の一室で密談しているところを想像してしまうのは、私だけなのでしょうか?


他にいないから、という理由だけで安倍政権を支持したり、ろくに調べも考えもしないで共謀罪は必要だっていうひともいるようだけど、警察権力が不必要に力を持つなら、この先に待っているのは自国の軍国化、その先は暴力による支配と戦争…それぐらいは、ちょっと歴史を調べれば誰でもわかる成り行きなんですよ?


安倍政権を強者に見立てて、強い側についたつもりで、自身の安心安全を得るのもひとつの生き方でしょう。

自分たちはアベノミクスで成功した側だと、他者を踏みつけて見下したり、雇用問題を解決してくれたじゃないか(雇用の質は劣化して、非正規が増えただけなのに?)と、思いこむのは個人の自由です。

「腰巾着」という言葉がありますが、腰巾着という言葉も知らない人間相手に、決して褒められた生き方じゃないよと諭したところで、相手には意味も通じないし理解も出来ないでしょう。

でも、腰巾着も長くやってれば結構ストレスたまるものだろうし、逆に政府や権力を批判したり反抗しても、一向に報われないのもまたストレスです。一般市民に置き換えても、他にもストレスの原因なら山とあります。


ストレスを発散しようと、ネットでは、匿名性を利用した見知らぬ人への誹謗中傷なんかが横行して、子供の悪い手本となり、子供たちも互いに、歯止めがきかないようないじめやLINEいじめを繰り返すようになっています。

特定の人物への誹謗中傷を集中させる「**叩き」でブログやTwitterは炎上、それを見て、みんながやっているからと、ストレス発散目的で自分も参加する。

ここで免罪符となっているのは、「ストレス発散」です。
だから今では当たり前に、痴漢やストーカーや、各種ハラスメントや暴力の加害者までもが、口をそろえて「ストレス」を言い訳に他人を攻撃する…そんな犯罪が増えています。

学生は性的暴行やストーカー犯罪の加害者や被害者に、社会に出ればセクハラパワハラ、結婚したって配偶者のDVや身内のモラハラに苦しめられ、子供が生まれたらママ友や保護者会でまたいじめられる……本当にそれでいいんですか?

いま現在、我々が住んでいるこの国の実態をわかっていますか?直視できますか?


アベノミクスで景気が良くなったと、どのくらいのひとが実感しているのでしょうか?
格差は広がり続けて、プレミアムフライデーなどとメディアが大々的に取り上げる一方では、生活のために、やりたくもない残業に追われる人たちも少なくありません。

そんなはずはなかったのに、自分が貧困層に分類されるのだとわかって愕然としたひとは、どのくらいいますか?

ここに更にプライバシー侵害や密告や冤罪の恐怖を加えて平気なんですか?
今だって、たまった疲れやストレスを、ネット上での誹謗中傷や現実の暴力でぶつけ合って発散しているのに……何かの仕返しで、最初から冤罪に陥れるのが目的の密告や、嫌がらせが、確実に増えるだろうと予想できませんか?


他にいないから、不満足でも現政権支持、現状維持でもいいというのは、共謀罪強行採決に無関心であるのは、そういうことなんですよ?

知らないうちに裏切られ、騙され、欺かれ…いずれ真実がわかるその時まで、実際に痛い目を見るまでは、これまで通り他人まかせで、本当にそれでいいんですか?

素敵な未来が待っているとは思えませんが…それでいいんですね(>_<)?