読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔道ねこの目線

気になること、面白そうなこと、独断的考察などなど、思いつくままに書いてます( ̄▽ ̄)

まだ続きがあるんじゃ…?憲法改正も強行採決ですか⁉︎

放送タレントの松尾貴史さんはツイッターで、「法案を通すためにテロの文言を入れるというイカサマ」「広く不味(まず)さが浸透しないうちに、また強行採決か」とたびたび批判してきた。

19日午前、「これだけ重大で国民の不利益を生む法案の強行採決が中継されない」と不満を訴えた。
「秘密保護法その他とセットで、国民を黙らせる仕組みは完了という状態になってしまう」という12日のつぶやきは、リツイート(転送)が4千を超えた。

以上、【朝日新聞デジタル版 「共謀罪」をめぐる著名人のコメントより抜粋して転載】


私も「共謀罪に物申す」派の側なので、今月初めに自身のブログで既に、共謀罪強行採決はどうなの?という意見を表明しています。

でもまさか、テレビ中継もしないで強行採決やっちゃうとは(>_<)しかも安倍さん、敵前逃亡もしてたって…どゆこと?

共謀罪国民投票したっておかしくない案件なんじゃないんですか?
強行採決だけでも問題なのに、中継もしないでコッソリやらなきゃならないような法案だって認めるんですか?
敵前逃亡は追及を逃れるためですか?

…で、残るは憲法改正だけですよね?
これも強行採決するつもりなんでしょうか?



つづいて【井上ひさし憲法9条こそ新しい』リテラより抜粋して転載】


井上ひさし日本国憲法の良さを伝えることを「一生の仕事」にしていた。

 本日5月3日は憲法記念日、しかも今年は日本国憲法施行70周年にあたるが、この国には世界に誇れる憲法を守ろうという空気はほとんどない。

 政府の最高責任者がことあるごとに憲法を攻撃し、逆にマスコミや国民が「憲法を守ろう」と声を上げようとすると、「政治的」「偏向」などと吊るし上げられ、公共の場所から締め出されてしまう。

 安倍首相は今日、日本会議改憲集会に「2020年を新しい憲法を施行する年にしたい」とビデオメッセージを送ったが、国民の思想や言論を著しく制限する可能性がある「共謀罪」を例のごとく強行採決させた後は、いよいよ本丸である憲法に手をつけるつもりらしい。(中略)

 安倍首相をはじめ、憲法改正に向けてひた走る人々はしばしば「愛国心」という言葉を用いる。しかし、それは本当に「国を愛する」という意味の言葉なのか?
 「週刊現代」2006年8月19日・26日合併号に掲載された藤原紀香との対談のなかで井上は、為政者が喧伝する「愛国心」の真の姿をこのように断じている。

「自分が住む土地の自然や文化・生活、家族が好きだという愛国心です。ところが、その愛国心は政治家に利用されてしまうことがあるんです。
 第二次世界大戦で日本は、「愛する国のために戦え」と国民を戦争に送り込み、純真な子どもたちを軍国少年に仕立て上げた。小泉首相もさかんに「国を愛する心」なんて言うけど、彼が押しつける愛国心は、「自分が行う政治を愛せ」という意味でしかないですね」

 この「小泉首相」を「安倍首相」に代入しても、そっくりそのまま通じることは言うまでもない。

 1945年8月15日から2017年5月3日の今日まで、この国はどうにかこうにか、戦争によって誰も殺されず、また殺さずに済んできた。
70年以上にわたって続いてきたその歴史が、いま、変えさせられようとしている。本当にそれでいいのか? 国民ひとりひとりがもう一度よく考えるべきだ。『井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法』からこの言葉を引いて本稿を閉じたい。(以上、記事からの引用)


言いたいことがありすぎて、なかなか文章がまとまりません。

でも、あんまりのんびりしている時間はありません。強行採決で興味を持っているひとが多い今のうちに、引用記事の紹介も兼ねてコピペしました。

出典も書いてありますので、気になる方は、検索して原文及び全文をご覧ください。

心惹かれるロングヘアのおじいさん

今週のお題「髪型」


物語や映画に登場する西洋の王様って、ウエービーロング率が高いと思いませんか?

武士はチョンマゲ、浪人だってボサボサのポニーテールぐらいしていた日本と異なり、欧米版時代劇の長髪率は、もともと半端なくて、お城の若い衛兵だってウエービーロングだったりするんですけどねw

でも、ウエービーロングのおじいさんは、この21世紀には「お達者倶楽部」な年齢の、現役ロックミュージシャンくらいしかお見かけしませんよね?

日本の高齢者だと、そもそも長髪じたい珍しいのではないでしょうか?
おばあさんならともかく、ふさふさの白髪のおじいさんなんて、私はあんまり見かけたことないですけど?

白髪のおじいさんは髪を短く刈っているか、とてもはっきり言ってしまうと、残り少ないまばらな白髪が、かろうじて点在している感じじゃないかと?ご近所でお見かけするおじいさんは総じてそんな感じです。

だから高齢で白髪で長髪の日本人と言えば、時代劇に登場する「ナントカ斎」みたいな名前の武芸のお師匠さんとか、忍者の組織を束ねている元締めとか…ちょっと普通でないお仕事のおじいさんになります。

大体が長髪といっても日本人の場合は、肩にかかるぐらいのミディアムロングがせいぜいみたいだし…?

西洋版だと、孫が半ダースいる現役おじいちゃんロッカーみたいな、背中まであるウエービーロングの高齢の王様とか、ハリーポッターダンブルドア校長先生だとか、ロード・オブ・ザ・リングの魔法使いのガンダルフみたいな、白髪でスーパーストレートなロングヘアのおじいちゃまも結構いたりします。

でもこれも冷静に分析すると「ナントカ斎」と同じく、みんな映画や物語の登場人物だし、役柄も普通のひとじゃありません。

彼らが長髪なのは、髪がその長さになるまで無事に長生きしたとか、特別な力や強運の持ち主である証明なのかもしれません。

ペニシリンもまだなくて、疫病が流行ったら村や町が全滅したような時代にあっては、長命はひとつの才能だったのかも?

ふたたび日本人に戻ると、代々の天皇陛下やお殿様は、長髪をまとめるかチョンマゲのスタイルで、これはおそらく日本人の体型とか、着物装束が理由の可能性大です。

西洋の王様は、伸ばしっぱなしのウエービーロングに宝石で飾った大きな王冠、きらびやかで重そうな、毛皮の縁どりがついた豪華なマントやガウン…そんなイメージですよね?(映画や物語では)

王侯貴族は、豪華な衣装やマントに負けないように、羽根を広げた孔雀みたいに派手なウエービーロングで、少しでも自分を大きく見せたかったのかも?

目の前の海を二つに割った聖書のモーゼも、着ているものはありふれたトーガでも、水しぶきを浴びて風になびく長い髪がパワーの象徴だったりしそうです。

灰色のガンダルフだって、伝説の大魔法使いは、杖を構えて長い白髪を派手になびかせて闘うイメージです。

長い髪は力の象徴、長寿と強運の証明。自分を実際よりも大きく見せたり、きれいに手入れされた長い髪は、そのためだけに自分に仕える者がいる財力や権威の証明でもあったのかもしれません。

すごいですね。
おじいさんのウエービーロングな髪型に何故か心惹かれる、魔道ねこの独断的ロングヘア考察でした( ̄∀ ̄)v

逃げるもそこそこ役に立つ…かもね( ̄▽ ̄)


これは四月半ばに書きかけて、下書きに保存したまま忘れていたブログですw

通常、私はメールで下書きした文章をここにコピペするのが専門なので、この記事はたぶん、公開予定で直に書いていたはずが、書き終わらないうちに時間切れか何かの理由で中断して、そのまま忘れていたもののようです。時間が経ち過ぎて、じつは全く覚えていないのですがww

普通ならボツにするところですが、自分で書いたのに、ちょっと面白い内容だと感心してしまった(?)ので、加筆修正して公開してしまうことにしましたヽ(・∀・)




スマホはセキュリティが紙のパソコン」だって、以前にどこかで読んだことがあります。

よくわかりませんが、つい先月までガラケーユーザーだった私を、iPhoneがしばしばギョッとさせるのは事実です。


私は賃貸集合住宅で自分専用Wi-Fiを使っているのですが、iPhoneが突然「付近に???を共有している人はいません」とか言い出すのです。

こういう場合、私は即座にWi-Fiのコンセントを抜いて、iPhoneの電源もオフにして、死んだふりをします。他に安全な手段を思いつかないので。(変ですか?)


位置情報をオフにしたり、あちこち触って何やらを共有しない等の設定にしたせいか、死んだふりは必要なくなりましたが、iPhoneは、事あるごとに「位置情報をオンにしてください」としつこく言ってきます。冗談じゃありません。

自分から個人情報を読み取られかねないような発信をしたり、知らない誰かのアクセスを許可したり、スマホの言いなりに、オープンでウエルカムな設定してるから危険な事態に陥るのでは‥‥‥?

「だいたいねぇ、アンタちょっと生意気なのよ、電話のくせに‥.。」私にとってiPhoneは、未だ携帯電話の域を出ていないのです。


これまでずっとガラケーで、電話とメールとゲームをして、ブログも書く生活を続けてきたせいか、あんまりスマホの良さがわかりません。ガラケーよりも扱いが面倒だし、油断できないやつだと思っています。


たとえばゲームだと、ガラケー版とスマホ版ではかなりレイアウトが違いますが、慣れればスマホのほうがいいよと皆さん言われます。ゲーム仲間も口を揃えて、慣れたらスマホのほうが早いし、絵も綺麗で便利だよ、と。


そうですかぁ(・Д・)?
ごちゃごちゃ余計な情報が増えてうるさいばっかりだし、これにアニメーションが動く機能だの、デッキに配置のカードが順番に表示される機能だのが、何もしなくても、画面上で頻繁に変化し続けるので、うるさくて発狂しそうになってますけど‥.?

そもそもどうしてスマホは、あんな風に四六時中どこかが動いてないといけないんですかね?小さい子供じゃあるまいし、大人しくじっとしていられないのは何故ですか?


あと、初心者が上手く避けられずに誤タップしてしまう広告も、邪魔だからせめて動かずに定位置でじっとしていてほしいし、上から降ってきたりするやつは、広告を避けるユーザーへの嫌がらせとしか思えませんけど、そうなんですか?

スマホ老眼とか眼精疲労の原因は、アレでしょう?静止画像でいい人のためのオンオフ機能は最低限必要なんじゃないですか?いい加減ウザいし、やりにくいんですけど。

あとこれも、たまにしかテレビを観ない人ならわかると思いますが、テレビの書き込み文字、うるさいですよね?週刊誌の見出しみたいなアレ、なくてもぜんぜん構いませんよね?

アレ必要なの?見るたびそう思うのですが、見慣れるとアレが普通になるようで、テレビに極彩色の週刊誌の見出しがいろいろ出ていても、別に神経にもさわらないらしいです。


スマホのゲームもアレと同じで、正常な判断が出来るうちは、スマホ版の演出過剰の仕様はおかしいと思うし、視力に負担がかかることもわかるのです。

でもそのうちみんな慣れてしまって、ごちゃごちゃうるさい極彩色のゲーム画面から必要な情報だけ取り出せるようになるし、テレビ画面に意味不明のテロップがこれでもかと現れても、ぜんぜん気にならなくなるようです。

でもでも、意識上では気にならなくなっていたとしても、基本設定に変化はないわけだから、眼精疲労やスマホ老眼の問題は全く解消していませんよね?
単に目が慣れただけで、見てるけど見えてないって、そう思いこんでいるだけなのです。


こんなふうに、iPhoneに機種変更した当初は、慣れない私はスマホの情報量の多さに辟易していましたし、過剰演出にも批判的な意見でした。

でも人間、何にでも慣れてしまいます。
特にスマホみたいにコミュニケーションツールとして必需品で、電話やメールや趣味の付き合いにしょっちゅう触っていると、使っているうちに目も頭も、意識も慣れてしまいます。

物理キーじゃなくてもそこそこ使える程度にコツをつかんだみたいだし、レイアウトや操作が変わって、最初は半ギレになっていましたが、ガチャやアイテムを探すのにひと苦労…なんてことも少なくなりました。

演出過剰のスマホのゲームだけは、目への負担が大きいので、もう少し慣れてからと、機種変更後はイベント不参加です。そのせいもあるのですが、なかなか慣れないままなので、人前では絶対やれません。

ゲーム関係は、ちょっとの間に「改悪」が進んでいたりするし、レイアウトや操作方法の変更でわけわからなくなってて、時間や気持ちに余裕がある時でないと、iPhone握って「ガルル…」みたいな唸り声が無意識のうちに漏れていたりするからですww


そんなこんなで、私も、最近では皆さんの例にもれず、スマホの悪しき情報過多に慣れてしまいつつあります。そういうものだと思ってしまえば、広告が降ってきても無視ですよねw

変わったのは私で、iPhoneは何も変わっていません。相変わらず演出過剰、情報過多で、ちょっと不慣れなことをやろうものなら、癇癪をこらえるのにひと苦労の有様です。


人間、どんなことにも慣れるって言うけれど、考えてみたら慣れって怖いですよね?

ようするに、慣れることで違和感や抵抗感が薄れてゆくと、何も状況は変わっていないのに、おかしいと思う正常な感覚もなくなるんですよね。

そんなことを考えていて、ふと「たぶんこれと同じなんじゃないの…?」と、私は、あることに考え至りました。


たとえば、いじめとか、セクハラパラハラモラハラも、結局は「やる側の慣れ」の問題ではないかと私は思ったのです。

慣れて「何とも思わなくなっているから」、「相手の気持ちなんか考えもせずに」、ゲーム気分で平気でいじめたり、慣れや惰性で各種ハラスメントに及んでしまうわけでは?

当人は、悪いことしている自覚もなしに面白がっているだけかもしれません。あるいは、自覚はあってもやめられないまま、そのうち発覚して処分を受けるまで、惰性で続けることになるのかも…?


でも、やられる側は、機種変更したばかりの私と同じで、「おかしいでしょ⁉︎」って思う正常な感覚があるし、『いじめやハラスメント被害に慣れる人なんていない』から、そんなことが続いたら、直接的な被害と同等くらいに『どうして【私に】慣れや惰性でそんなことできるの⁉︎』って、どんどん追い詰められていくんじゃないでしょうか?

慣れに毒されていないうちは認識力も感覚も正常なのに、慣れることに「慣れる」のが原因で、間違っているという認識ができなくなったり、それはおかしいと感じる感覚まで失ってしまうわけです。


標的にされた被害者の、自分には加害者の慣れや惰性でいじめられる心当たりはないし、ゲーム気分でいじめの標的にされる理由もない…この認識は正しいのです。多くの場合、加害者にとって、いじめやハラスメントの対象は、だから『誰でもいい』んです。

でも、いじめられる側は、その『誰』が自分である理由を見つけようとします。原因を見つけて解決すれば、問題は片付くかもしれない(と、考える)からです。


原因を究明してゆく過程で、自分にも悪いところがあるかもしれないと考えるような真面目な人間は、いじめやハラスメントの加害者にとって格好の獲物です。このくらい都合のいい相手はいません。

ようするに、悪いことをしている自覚もなく、惰性や気晴らし目的で、いじめやハラスメントに及ぶような加害者だから、反撃されなければいくらでも図に乗ってやりたい放題するわけだし、それが当たり前になってくると、被害者がようやく反撃に討って出ても、「生意気なやつ」と決めつけて、さらなるいじめやハラスメントに及ぶ…のではないかと思うのです。


日本人の自殺率は減っていても、子供の自殺が減らない理由は、こんな身勝手な理屈がまかり通り、加害者であるいじめる側の子供も学校も教育委員会も、【慣れや惰性でやってる側】だからじゃないかと思うんですよね。

『無自覚』って、このくらい怖いんです。
ちょっと重い話になってしまいましたね(^_^;)


結論としてはですね、いじめやハラスメントの標的にされそうになったら、とにかく早めに全力で反撃するか、逃げるんです!

小中学生は「いじめっ子から逃げる。学校をサボる」のが正しいのです。そのくらいしないと誰も気づいてくれません。

親や先生だって、自殺されるくらいなら、登校拒否のほうがはるかにマシだし、転校でも自宅学習でもさせたほうが、子供は「追い詰められる前に逃げる」ことを覚えるので、将来的にも安心かもしれませんよ?


時として、人生には逃げると恥になる場面もあるかもしれないけれど、『自覚のない加害者』のいじめやハラスメントからなら、逃げるほうが、そこそこ役に立つかも…?

魔道ねこはそう思います( ̄^ ̄)ゞ


いちばん怪しいのはどれですか?Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


こんにちは(*^^*)
まだiPhoneに不慣れな魔道ねこです。

今日もやりましたよ〜( ̄∇ ̄)
閉じてはいけない大事なタブを閉じてしまう大失態∑(゚Д゚)

何を閉じたかと言うと、『ウエブ広告を表示させない広告のページ』です。

出逢ったのは偶然でしたが、ニュースサイトをいろいろ見ているうちにその広告が出てきて、うろ覚えなんですが、広告関係とはぜんぜん関係ない会社がサービスでやっているような内容でした。

ウエブ広告には、一度うっかり開いてしまうと、広告の検索履歴から、何回でも表示される広告がありますよね?たぶんCookie辺りだと思うのですが、そのページには、それを「無効にする」と「有効にする」両方のリンクがあって、無効にしておけばシツコイ広告が出なくなるらしいのです。

怪しげなページですよね?
サービスでこんなもの作る目的は何?とか思わないでもなかったのですが、とりあえず無効にしてタブは残しておきました。

おかげでかなりニュースも読みやすくなってたんですが…iPhoneでうっかりやってしまう失敗は、見るつもりもない広告を開くだけじゃないんですよね。

放っておくとどんどん溜まってしまうので、私はタブやマルチタスクはわりとこまめに処理しています。
まだ失敗しながら覚えてる最中だから、やりすぎて電話サポートのお世話になるのもしょっちゅうだけど、たまにiPhoneがちょっと変わった反応すると、面白いように毎回ヤラレてしまいます(>_<)

タブを整理して、必要なのだけ残して完了…いつもはそうなんですが、たまにiPhoneがどういうわけか、『○個のタブを閉じますか』とかいきなり言いやがるんですよね。

え?まだ閉じてないの?
ここでキャンセルせずに閉じると、残しておいたタブも全滅です。何も残りません。

iPhoneが余計なこと言わなきゃこんなことにはなってないのですが。自分でもわからない程度のちょっとしたタッチミスかなんかで、こちらのミスを誘発する機能でもついてるんじゃないの( ̄  ̄)?

まぁタブを閉じるくらい、キャッシュやCookieを消去するのと比べたら大した被害はないんで、せいぜい毎月五本しか無料で読めない記事の全文がまた読めなくなるくらいですが、この広告無効リンクのあるページなんかは、タブを閉じてしまえばもう二度と戻りません。

ブクマしとけばよかった…今さら悔やんでも遅いのですが、タブを閉じたら無効の効果が無くなるのか、久しぶりにR天市場の検索履歴まんまの広告が出る出る…。

なんとかもう一度あのページを取り戻せないかと検索してみると、そういうアプリがあるのを発見ヽ(´▽`)/

反射的にダウンロードしかけて、ここでちょっとイヤな気分で考えこんでしまいました。

アプリはどうせまたあれこれ許可するように言ってくるに決まってます。じゃあ、あのページは?本当にただの親切心で、何の見返りもなく広告表示を無効にしてくれていたのでしょうか?

そんなの信じるのはよっぽどオメデタイひとだけですよね。あのページには秘密の仕掛けがあった可能性のほうが高いのでは?きっとそうだ!

たぶんタブを開いたままにしておくか、無効のリンクをポチッたら、こっそりiPhoneの位置情報とかにアクセスできるようになってて知らないうちに個人情報を……キヤー怖い怖い(>_<)

まぁ位置情報はオフになってるし、アプリも最低限しか入れてないし、iPhone自体が新しいから入ってるデータも限られてるんだけど、知らない間に誰かにアクセスされてたかもと思うと、かもしれないという可能性だけでもコワイし、やはりいい気はしません。

もしも心配している通りなら、ページをお気に入りとかブクマしてなくて大正解だったのかもしれないし、逆にブクマしてたら、ページを失くさずにすんだことに安心してそのまま使い続けることになったかも…だから失くして正解だったのかも?


こんなふうに、iPhoneには、ガラケーにはなかった失敗や危険や心配事がつきものです。

でもこんなのは初めのうちだけで、そのうち慣れて、いちいち気にしなくなるのかもしれないけれど、なるべく気をつけたいですよね。

今は買い物をしてもご飯を食べても、お店のアプリを持ってないか当たり前に聞かれるけど、アプリって、ひとが寝てる間にコッソリ何かしていそうで、私はまだイマイチ信用できません。

だから、ずっとやってるグリーのゲームもブラウザ版に引き継いで、アプリもアイコンも使っていませんw

最初はアプリに引き継ぐのを失敗したらデータを失くしてしまうので、一旦ブラウザ版に引き継いでから…とか思ってたんですが、ちょっとだけ慣れてきた今は、アプリ自体が信用できないので、そのままブラウザ版でやってます。こんなアマノジャクなやつ、私の他にもいるのでしょうか?ψ(`∇´)ψ


ところでグリーのゲームは、スマホのゲームが増えてきた頃から、ガラケーでやっててもアプリと呼ぶのが普通になっていました。

だから私がこの状況を説明するとしたら、「アプリは使わずグリーのアプリやってます」という怪しい言い方をするんですww

なんなんでしょうねぇ( ̄∇ ̄)

パフォーマンスで強行採決はイヤかも(>_<)


いわゆる「北からの脅威」で電車や新幹線が停まってるのは、『ほらぁ、こんなことあるしテロ等準備罪が必要でしょ?』って、法案を通したい安倍政権のパフォーマンスなんじゃないかと思うのだけど‥.。

私的な見解だとお断りする前に、「自分には関係ない」って思ってる人たちに聞いてみたいことがあります。

官僚や政治家が「共謀」して汚職とか犯罪行為をしても、それは共謀罪の「捜査対象外」らしいって知ってますか?

民間人が居酒屋でお酒飲んで「あいつシメてやろうか」と言うのと同じような扱いらしいんだけど‥.それってなんか違うよね?

一般市民のお酒の席での冗談と、公僕による犯罪の共謀を同列に扱うのは、ちょっと違うんじゃないかと思いませんか?

逆にキッチリ捜査しようとするなら、今でも問題あるやり方だと指摘や非難されている、任意で警察での取り調べに応じさせて、そのまま自白を強要するような、無実のひとに罪をきせる冤罪が増えるんじゃないでしょうか?

そもそも、居酒屋で酔って冗談で言ってることと本気の犯罪行為の共謀とを、誰がどうやって判断するわけ?警察ですか?

そうなると、警察には「共謀罪に該当する犯罪かどうか調べるためだけに」居酒屋での「無関係な雑談」を含む会話の全部から、何時に店に行って、メンバーは誰で、シメられる予定の被害者は誰か?ぐらいの情報は最低限必要だと思います。

でもそれ、捜査令状も裁判もなしに、居酒屋での個人的な会話を防犯カメラの記録から調べたり盗聴したり、シメたい相手が友達か先輩か上司か、まさか勝手に一般市民のそんな個人情報を調べたり、書き込み捜査や情報提供の名目で密告を奨励したりとかするんじゃないでしょうね?

「それってどうなの?」って、そんなこと当たり前にやられたら、たぶん私はその場で切れると思いますけど…?警察のやり方に文句を言っても無事でいられますか?

以前に大阪で、検察のでっち上げで逮捕された女性官僚の冤罪事件とか、最近だと広島のアナウンサーの男性が、やってもいない郵便局での窃盗の犯人にされて、どっちも無罪だと主張し続けて、最高裁でやっとそれを認められた事件のこと、知ってますよね?

あんな強い人たちは少ないと思いますよ?
普通の人間なら、やってもいない犯罪で逮捕されて、威圧的な取り調べで精神的に追いつめられたり、「やったと認めれば釈放する」って言われたら、痴漢冤罪のよくあるパターンみたいに、長期間拘束されるよりも認めたほうがマシだと考えて、警察権力に屈してしまうんじゃないでしょうか?

共謀の冤罪で、やってもいない罪に問われるリスクは確実に増えそうだけど、それについて、国会で質問されても、まともな答弁もしてませんよね?

調べないと無実かどうかわからないなんて理由で、無実の一般市民に対して、公権力が、盗聴器や監視カメラ、スマホのメールやメッセージを調べたり、怪しいアプリでスマホから個人情報を勝手に集めたりするとしたら、人権侵害もいいところだし、勘違いや密告のせいで冤罪というケースだって少なくないと思うのですが…。

最初はテロのためって言いながら、テロ等準備罪にはテロ関係まったく入ってなかったってバレてたwし、そこを突かれたら、今度は組織犯罪が対象だとか言い逃れてるけど、そもそも反日国や中近東のテロリストの言葉がわかる警察関係者がどのくらいいるのでしょうか?

必要な時にすぐ通訳が見つかるのかな?
盗聴したって翻訳しなきゃわからないとしたら、本物のテロリストが爆弾とか仕掛けてる間に盗聴データはまだ翻訳に出していて間に合いませんでした∑(゚Д゚)‥.なんて意味ないことになるんじゃないのかなぁ

でも、国会でそういうことって、絶対に言わないよね?答弁も官僚に耳打ちされた内容をそのまま言ってるだけとか、次々に言うことが変わるとか、おかしいですよね?

大体、某国がミサイル飛ばすのなんかこれが初めてじゃないんだし、米軍も自衛隊も監視してないわけないんだから、失敗したミサイルが飛んできそうなのわかってて安倍さんイギリスとか行っちゃうかな?

共謀罪をテロ等準備罪に名前だけ変えて、中身のないテロ対策を訴えたのは誰よ?本気でテロの心配してるわけ?まさか、ミサイルは失敗するって知ってたとか?


まぁこんな感じに、共謀罪にはおかしなことがてんこ盛りなのです。

私は、いちばんマトモなこと言ってるひとに投票しようってタイプだから、政権も右も左もあんまり気にしてないけど、共謀罪は、どさくさまぎれに多数決で成立させていい法案じゃないと思います。

あと、これを読んで「そうなの?」って思ったら、いろんな検索の仕方を試したほうがいいと思います。

例えば、「共謀罪」や「共謀罪とは?」で検索すると、『共謀罪って一般市民には関係ないんでしょ?』って考えてるひとが多く検索してるから、『共謀罪で騒いでるのは犯罪者予備軍なんじゃないの』的な内容が当然よく読まれていて、検索のトップにきてる可能性大なのです。

試しに「共謀罪は危険か?」で検索してみると、そっちはぜんぜん違うことが書いてある。『アレって危険なんじゃないの?』ってひと達が多く検索してるから当然そうなりますよね。

だから、両方の意見をざっと読んで、自分がどっちを正しいと思うか、どっちかを「なんかおかしなこと言ってるなぁ」って思うかどうか、そこだと思うのです。

これは私的な見解だけど、細かく調べれば調べるほど『共謀罪は公的権力をもつ者や経団連みたいなひと達に都合よく出来ていて、一般市民は損したり不快な目に遭う確率が高そうな感じ』なんですよね。

もちろん共謀罪反対派の中にも、ぶっ飛んだ過激な意見はあるから、そっちを受け付けないひともいるだろうけど、どちらかに偏った情報だけじゃなく、賛成反対両方の意見をできるだけたくさん集めて、『自分が判断する』のが大切だと私は思います。


安倍政権が、我々に充分にその時間を与えず、ろくに詳細も公表しないまま、お得意の強行採決で強引に共謀罪を成立させてしまうとしたら、その時こそようやく共謀罪の本当の目的も全容もわかるだろうけれど、それではもう遅いのです。

一度成立してしまえば、テロ対策や組織犯罪が対象だったはずなのに、一般市民にも範囲を広げたり、捜査に必要だからと、盗聴や監視も合法にするとか、後からいくらでも都合よく変えてしまうことも可能なんですから。

今のうちに、共謀罪が誰のために必要で、なぜ手を替え品を替え、何度も廃案になりながらまた蘇ってくるのか‥.もう少し疑問に思ってもいいんじゃないでしょうか。

政府与党が、北からまたミサイルが飛んできたら、とか、公共交通機関をストップさせるような大がかりなパフォーマンスで共謀罪は必要だと声をあげるとしたら、これだけは考えてみたほうがいい点が2つあります。


共謀罪またはテロ関係準備罪を導入すれば、我々はテロから守られるのか?

これについては答えは出ています。
共謀罪やテロ関係の法律や対策がどれだけとられていようと、世界各国でお構いなしにテロは起こっています。

もうひとつ。共謀罪で得をするのは誰か?です。

犯罪者でない一般市民、ふつうの国民が守られ、絶対的に得をする法案なら、どうしてここまで反対意見が出ているのか?
どうしてこれまで何度も廃案にされたのか?

ひょっとしたら、共謀罪で守られるのも得をするのも普通の一般市民じゃないわけ…?


そんな疑問をもって、もう一度、調べてみると、賛成反対両方の意見から、これまでとはちょっと違う側面が見えてくるかもしれません。

東京オリンピックまでにテロ対策が必要だというのはわかるけど、共謀罪は肝心のテロ対策をほとんどカバーできていません。

本当に必要なのはそちらなのに、目的が不透明な共謀罪の成立を急ぐ理由が、私にはわかりません( ̄ー ̄ )

誰かわかるひといるのでしょうか…?