魔道ねこの目線

気になること、面白そうなこと、独断的考察などなど、思いつくままに書いてます ( ̄▽ ̄)

国民の利益も幸福も眼中にない 暴君安倍の真実とその手口



知ってますか?
安倍内閣以前は「自衛隊違憲ではなかった」ことを。


そもそも「自衛隊が合憲」だったのは、それまで自衛隊は『あくまでも自国防衛のためのみの組織』だったからです。

だから自衛隊が「集団的自衛権」を行使して他国を守る「他衛隊」となることは違憲だ」という憲法解釈が取り沙汰されるようになったのです。


要約すると

自衛隊は合憲である。ゆえに集団的自衛権は認められない』だったわけです。

それなのに、そもそも自衛隊集団的自衛権を行使する存在に変えて、憲法学者に「違憲」と批判される事態をつくったのが、安倍だとわかってますか?

なぜ改憲が必要なのか、昔からあるはずの自衛隊がどうして違憲なのか、途中で変わったのなら、何故?誰が?何の目的でそうしたのか、改憲改憲と騒ぐ前に考えてみるべきではないでしょうか。


これは私的見解ですが、安倍はおそらく湾岸戦争当時の議論を手本か参考にして、一連の悪巧みに利用したのだと考えられます。



それはこういうものでした。

「今のままでは自衛隊は海外で人道支援PKO活動もできない。100億以上の支援金を出したのに、日本は金しか出さない。汗も流せ」と言われたとして、自衛隊を国内だけでなく、海外でも支援活動可能にしようという流れがこのとき生まれたのです。


この日本も「汗を流せ」(働け)は、じつは建前で、本音は「血を流せ」(戦え)だったのに、当時の政権は、「汗を流せば、いずれ今度は血を流せと言われるだろう」ことを多分に承知の上で、最終的には目をつぶりました。


例えるならば、自衛隊を、工事現場前の交通誘導の派遣警備員にすると見せかけて、いずれは殉職もあり得る警察官に仕立て上げることになるのを承知で、「日本人も汗を流さなければ世界に認められない」という部分だけを強調したのです。


つまり、安全な平和維持活動だけだったのは初めだけで、自衛隊の海外派遣や活動が可能となったら、現地で他国の軍隊から自衛隊に「お前も一緒に戦え」と言われても断れなくなるような道を開いたのです。


それのどこが悪い?と思ったひと、「自分は騙されやすい単純バカだ」と自覚して、詐欺の被害に気をつけたほうがいいです。


問題は、自衛隊を『殉職もあり得る警察官』すなわち【軍隊の兵士】と同列に位置づけることになる事実を『隠したまま』、通行人の安全に配慮するだけの交通誘導警備員クラスの【人道支援】だけをクローズアップして、都合の悪い部分を国民に知らせずに『突破口を開いた』ことです。

自衛隊は軍隊ではありません。
がしかし、戦闘行為以外の部分では、他国の人間たちには、装備も行動も、自国の軍隊と自衛隊の何が違うのか、見分けもつきません。

あなたはアメリカの憲法をどのくらい知っていますか?
戦争の放棄と武力不所持を定めた日本の憲法を、日本人以外の外国人がどの程度に知っていると思います?

何も知らない外国人の目には、人道支援目的でのみ海外派遣されてきた自衛隊の行動は、こう思われるのではないでしょうか?

「日本軍が後方支援ばかりで戦わないのは何故だ?俺たちばかりに血を流させず、日本人も前に出て戦え」と。

そうなるだろうことをわかっていながら、(日本人も汗を流すべきだ」という言葉で、政府は真実あるいは予想される事態を隠したまま、自衛隊の海外派遣を決めたのです。


詐欺じゃん!そう思いませんか?
安倍はこれを真似て利用したのです。


当時の政府首脳も相当に問題がありましたが、それでもその頃はまだ、安倍ほど自己中で無責任なペテン師が、長く総理の座につくことはなかったので、国民がここまで独裁者もどきの政治屋に食い物にされることはありませんでした。


アベノミクス?笑
ふるさと納税?笑笑
働き方改革?大笑

大企業や富裕層にばかり優しく、大多数の庶民からは徹底的に絞り上げるやり方で、安倍は計算尽くで格差を広げたんじゃないですか?
安倍政権がやったことで、これは確実に国民の利益になったと呼べる何かがありますか?



そうやって、その後も何回も何回も同じ手を使って、セールスマン安倍は、見掛け倒しの支持率と嘘くさい笑顔で、国民を騙しつづけてきたのです。


2年前に成立した新安保法制の時も同じでした。
人道支援をくり返し謳いながら、安倍は「安保法案は違憲だ!」「自衛隊違憲の存在になる」という指摘を、森友や加計問題と同じような嘘八百といい加減な言い逃れとデタラメな答弁で逃げ切りました。


要するに2年前の安保法制の時から、この改憲までもってくるつもりで、だから安倍一強で改憲までやるぞと公言していたのです。


憲法改正といったって、「他は何も変えない。ただ《違憲の存在の自衛隊が合法的に活動できるようにその存在を明記する》だけ」

まだそう思っていませんか?

安倍晋三はビデオメッセージでそういっていたし、そう思いこんでいる国民も少なくないと思います。


でも、違うんです。

自衛隊違憲の存在になるように、「一連の集団的自衛権に関わる安保法制をつくった」のは安倍晋三です。

この安保法制で「自衛隊が何をやれるかやれないかを政府主導で決められる」ような法律を先につくっておいて、「そのままだと違憲になってしまうから、その前に自衛隊を合憲にするのが目的」なのです。


「第三項に自衛隊を明記すれば、自動的に安保法制も合憲になり、政府主導で自衛隊を事実上の国軍化できる」わけです。

この先、このカラクリに気づく国民が増えてゆくと、今度は共謀罪あたりが発動しそうです。

前々から、政府が気に入らないことを多人数で集まってやると、共謀罪で捕まるぞ〜といわれてきましたが、それがいよいよ現実味を帯びてきたわけです(個人的な見解です)


共謀罪のあの強行採決を思い出してください。

ろくに説明も答弁もせず、テロの抑止になるとか条約の批准に必要だなどと、嘘八百を並べて、最終的には騙し討ちみたいなやり方で成立させましたよね。

2年前の安保法制の時だって、ここでも安倍はろくに説明にも答弁にもなってないような、適当な言い逃れや嘘八百を並べ立てて、反対を押し切り、似たようなやり方で成立させたのです。

似たようなというのは、数の力で強引に採決するのはその時にやってしまったから、同じ手は使えなくて、だから共謀罪は、民主国家とも思えないような反則じみた強行採決になったわけです。


それもこれも、この改憲のためだったとしたら…?


でも安倍内閣は解散するじゃん。
そう思いますか?
安倍一強での改憲が難しくなってきたから、安倍は野党の改憲勢力をまとめて、改憲に討って出るつもりなのでは?
私はそうにらんでいます。


大義なき解散の声が、身内の自民党内からもあがるほど、今ここで安倍が解散権を行使するのは、解散権の逸脱ではないかと指摘されるくらい、本来はありえない事態なのです。


普通に考えたって、政権を解散することで疑惑隠しだの責任放棄だの、一国の首相がやることか⁉︎と非難されても仕方ないような、普通ではありえないほど傲慢なやり方なのです。

ほとんどトランプか金正恩かのレベルで、彼等に対する世界中の人々のは辛辣な評価は、そのまま安倍にも当てはまるのではないでしょうか。

私たちは、こんな人間が自国の総理だということを恥じるべきだと思います。
与党の総裁に彼を選んだのは国民ではありませんが、間接的にではあっても、それでも彼を選んだのは、我々なんですから。



そしてここへきて、私はようやくこう考え始めたところです。

都民ファースト小池百合子氏は、はたして本当に信用して大丈夫なのか?と。


彼女が安倍と通じていたら、民進党に代わる野党第一党の座に着きそうだと予想される小池新党は、安倍のお友達の改憲派として、我々の前に姿を現わすかもしれません。

民進党の前原氏も改憲派なのは有名だし、民進党から離脱した議員が小池新党に流れれば、国会は改憲勢力の天下となります。


演説下手の安倍と異なり、小池氏は演説や煽動が巧みです。

安倍一強が崩れた後も、改憲勢力が顔を揃えれば、セールスマン安倍は勝負に出るのではないでしょうか。


そう、セールスマン安倍が、今度もまた都合の悪い部分は伏せたまま、国民に改憲を売りつけて、またしても自分の利益のためだけに営業成績を上げるわけです。


何も知らない顧客が損をしようが、途中で気づいて文句を言おうが、ノルマを達成するのが目的の安倍の知ったことではありません。



でも、選挙の後で、自民党が与党のままでも、だからといってまた安倍が総理になれるわけじゃないんでしょ?

そう思ったひと、何でもスマホで検索すればわかると思ってるから、そんなところへ思考が向かうのです。

改憲勢力をまとめて、改憲を成功させれば、安倍はノルマを達成できるのです。

ノルマを達成した見返りに、あとは死ぬまで国民を食い物にして、国民の税金で左団扇の優雅な老後を思い描いてるんじゃないですか?


では何故そう思うか…時間がないので、その辺りは次回で。

北朝鮮のミサイル危機を隠れ蓑に、改憲以外にも何か企んでいそうな安倍政権




北朝鮮ミサイルだけど…
当たるように落としてこないのに騒ぎすぎなんじゃないの?

グァムや日本の米軍基地に落としたら、即反撃で倍返しされるから、当たらないように日本の近海に落としてるわけでしょ?
そんなのバレバレなのに、なんで大騒ぎするかなぁ(・・?)

あれだけ派手に吠えてるんだから、本気で攻撃する気があるなら、もうとっくにどこかにミサイルの被害が出ていそうなのに、おかしいとか思わないの?



なぜ、まだどこにも被害が出ていないか。
当てたら自分が終わりだって、トッチャンボウヤもわかってるんだろうと思うけどね。

これをチャンスとみたのか、改憲ムードが盛り上がってるのも理解不能で、ミサイルと改憲の真ん中で騒いでるのは誰なのか、国民の皆さんは冷静に直視すべきです。


憲法9条のもと、戦後の復興期からバブル期を経て、ここまでアメリカの核の庇護の下で、散々お気楽に今日まできた連中が、「今なら多数決で勝てるから」なんて理由で勝手に改憲とか進めようとしてるんですよ。

改憲改憲と騒いでるおじさん達は、どうせ四半世紀先には、ほとんどお墓の中だし、半世紀先の50年後には、みんな死んでるわけで、責任取る気なんか微塵もないんですよ?

50年後の未来がどうなってるにせよ、確実にまだ生きてる世代までもが、焦って改憲したほうがいいとか、独裁者もどきの安倍政権の口車に、どうしてそこまで易々と乗せられるのか、理解できません(>_<)


大体、これまでだって、25年後も50年後もまだ生きてる世代の意見は、安倍政権ではほとんど反映されてないんですよ?

保育園が充分なだけ増えましたか?
貧困や非正規問題は解決しましたか?
お給料上がりましたか?


長々と議論したり、決めるだけなら何でも決めてますけどね、安倍政権で本当に恩恵を受けているのは、安倍っちのお友達や富裕層、お金を持ってる高齢者ぐらいなものです。

若い世代の票欲しさに、投票年齢を下げたのも、そんなふうだから、もう前ほど簡単には騙されない国民が増えてきたからなんじゃないでしょうか。

でも、安倍政権は、そんな大事な若い世代を絶対ナメてますね。

だから未来の展望がない非正規の仕事や、ブラック企業あたりから雇用をひねり出させて、雇用を増やしたと豪語してるけど、本気で考えてるにしては、結果がお粗末というか、出てなさすぎでしょう?

私は到底かれらの言葉を信用する気にはなれません。
てゆーか、安倍っちの言うことを信用するひとがまだいること自体、理解不能ですね。


考えてみてください。
長いこと戦争の放棄と戦力不所持を貫いてきた日本が、ここで方向転換して改憲して、再び戦力を所持して、自国の防衛軍をつくったとします。

自国防衛をかためたせいで、安全になるどころか、逆に先々で近隣諸国との間に余計な緊張が生まれたら、何でもやりたい放題のおじさん達は、どう責任とるつもりなんでしょうか?

世界中から、大日本帝国時代の黒歴史を持ち出されて、日本は昔はこうだったじゃないかと言われるたびに、それは相手国の「反日」教育だと、ネトウヨと一緒になって騒ぐんでしょうか?

それとも、その頃には「自分たちは、もう死んでるから関係ないも~ん」とかいって、無責任に逃げるつもりなんでしょうか?


北朝鮮のミサイル危機を煽りまくって、自国防衛が必要だと国民を洗脳して、改憲して「防衛軍」をつくったとします。

次の危機には、相手側が挑発してきたら、今度は「やられる前にやれ!」って、誰かが言い出すパターンなんじゃないですか?


安倍っちならやりかねないけど、そうやって、日本を世界平和とも、戦争放棄とも逆の方向へ向かわせて、裏では某国の軍需産業グローバル化に貢献したいのが目的…だったとしても、私は驚きませんね。

共謀罪を、だまし討ちみたいなやり方で強行採決した安倍政権なら、平気でそのくらいやるんじゃないですか?

防衛強化も、防衛軍をつくるにしても、かなりの金額が必要なはずですが、「安倍っちは軍需産業からいくらリベート貰うんですか?」って聞いてみたくなりますね。




テレビの池上さんの番組で、こういうことを言っていました。

「勘違いしてるひとが多いけれど、日本がやられても、アメリカは助けてくれません。まずは自国の自衛隊でなんとかして、それでダメなら米軍が助けに来る」

ようするに「日本が攻撃されても、米軍は駆けつけてきてくれない」だから『自分の国は自分で守る必要がある』という改憲への誘導ですね。


でも池上さんは、大事なことをわざと言わずにいるんじゃないですか?


北朝鮮がミサイルで狙ってくるとしたらどこか?「米軍基地」に決まっています。

それは何故か?
日本の自衛隊は、ミサイルを迎撃するのが精一杯だと世界中が知っています。

迎撃しきれず同盟国にSOSを出されたら、攻撃に特化した米軍が出てくるわけだから、北朝鮮が日本のどこかを攻撃するなら、まず《米軍基地》のミサイルや爆撃機を狙って、『反撃の威力を削ごうとする』に決まってます。

何万、何百万発のミサイルがあっても、いざ撃ち始めたら、あっという間になくなるくらい、ちょっと考えたらわかりますよね?

無くなったらすぐ補充できるのでない限り、ミサイルや弾薬は、どれだけ持っていようと、たちまち消費してしまうのです。




北朝鮮の戦力分析》

①無駄弾を撃てるほど、無限にミサイルを持ってるわけじゃない。

②独裁者の金正恩が反撃で殺られたら、北朝鮮はそこで終わり。

③攻撃で手持ちのミサイルを撃ち尽くしてしまったら、簡単には現状回復できない。


つまりこういうことです。
ミサイル切れしても、自作での補充が追いつかないし、材料も足りないかもしれない。
各国から制裁されまくりの北朝鮮にミサイルを売ってくれる国もなさそうだし、資産凍結されてるから、そもそも購入資金もない。

だから、やるなら「一発勝負にかけるしかない」わけです。

「始めてしまったら、ミサイルを撃ち尽くすまでやめられない」のです。



この状況で、アメリカの戦艦や戦闘機を満載した空母や、爆撃機や米軍基地のミサイルをスルーして、日本のどこかにミサイル落とすと思いますか?

反撃してこない日本に被害を与えて、ビビらせたり狼狽させたり、困らせるためだけに?

米軍のミサイルは、北朝鮮と比べたら、無限に撃てるぐらいの在庫があるはずだし、韓国が撃ってくるなら、北朝鮮はそちらとも応戦しなければならないんですよ?


私は撃ってくるとは思いませんけどねぇ。
そんなことをしても意味ないでしょ?

シロウトの私の分析でもこうなるのに、政府やメディアは、危機を煽るばかりで、絶対にこういう「予想」は言わないんですよね 笑

こんなことはとっくにわかってて報道規制
ニュースや特番で偏向報道
安倍政権お得意の『いつもの策』じゃないですか。



「9条あったらミサイルから日本は守られるのか」みたいな意見は、「お前の母ちゃんデベソ」レベルのおバカな言い草ですね。

改憲して、高齢化してるらしい自衛隊を再編して、日本に国防軍をつくる?


いいですか?
安倍っちの作戦がうまくいったら、武器弾薬や設備の軍事費にまた税金上げられて、社会保障費だってまたまた削られるでしょうね~

でもね~そんなことしてる間にも、ガタがきてるインフラの整備とか、先にやらなきゃ危険なものが山ほどあるんです。

これまでなら、ゼネコンが狂喜乱舞してとっくに取りかかってそうなのに、オリンピック利権だの、某国軍需産業との取引だの、目先の欲に目が眩んでるんじゃないの?

おじさん達はもう先が長くないから、さっさと売れるもん売って、貰うもん貰って、引退したあとでなら何でも好きにしてくれ…とかが本音だったりしてね。

20年後、あちこちで橋が落ちたり、道路が陥没したり、水道管や下水管が爆発していても、20年後も生きてる世代は、それでも新しく加わった防衛費は負担し続けなければなりません。

日本人だけの少ない人手でインフラ整備は無理だから、外国人労働者の力を借りることになるのは目に見えてます。

ひょっとしたら、インフラ整備を後回しにしている、これが理由かもしれませんね。



今現在も、すでに日本人だけじゃ、日本中のインフラ整備は無理なのかも。
でも、外国人労働者を大量に迎えるとなると、法整備や言葉の問題、技術指導など、莫大な手間や時間やお金がかかります。

また、外国人が一気に増えると、治安の問題とか犯罪とか近隣トラブルとか、議題に挙げるだけでも議論が沸騰しそうだし、国民の理解を得る必要もあるし……面倒だから後回しでいっか!って投げたんじゃないの?


50年後の世界や日本がどうなっていようと、その頃にはとっくに死んでるだろうひと達が、そんな先のことまで真面目に考えると思いますか?

そういう考えでやってきたから、これまでだって国民の年金を使いこんだり、税金で山ほど無駄遣いしてきたわけでしょう?

安倍政権のやり方やトランプ大統領の言い草を聞いていると、自分たちだけ良ければ何でもいいのかと、本当に呆れてしまいますね。



でも、たまたま今は、トランプとか安倍っちみたいな、自分が属する富裕層優遇、なんでも自己責任、自分たちだけ良ければいい、みたいな自分本位の醜悪な人物が国のトップについてるけど、ずっとそのままなわけではないはずです。

50年先の未来で、各国にオバマさんみたいなリーダーが増えて、イスラム国や北朝鮮は消滅するか、全く別の国に変わっているかもしれません。

トランプ大統領の登場で、一気に世界がきな臭くなったように、今度は世界が一気に武力放棄に向かうような影響力を持つ、平和を愛するリーダーが複数あらわれる可能性だってあるんです。

その未来の世界では、戦争も核兵器も無くなっているとしたら、日本がここで防衛費を増やしたり、防衛軍をつくる必要はなかったということになるでしょう。


日本は、世界のどの国よりも早く、憲法9条で戦争の放棄と戦力不所持を実践していたにもかかわらず、安倍政権末期の黒歴史で、無意味な法整備や改憲を優先した『残念な国』と呼ばれることになるかもしれません。

過去には、第三次世界大戦での核戦争が心配された冷戦危機もあったけど、それはもう無くなっています。

アメリカ大陸やヨーロッパで、隣り合った国同士が戦争してるという話も聞きません。

アメリカの軍需産業はそう簡単には諦めないだろうけど、戦争の危機は縮小していっているし、あとは中東と朝鮮半島で、誰かが儲けようとするのをやめれば、世界はずいぶん穏やかになるはずなのです。

いずれ核ミサイルも、原発も、世界から姿を消すかもしれません。

潮流は、そちらへ向かって流れていっているのに、なぜ今さら日本が改憲して、国民に重い負担を強いてまで、自国の防衛費を兆単位で増やさなければならないのでしょうか。



北朝鮮が、絶対に日本を攻撃しないとは言ってません。金正恩は、その言動からして、どんな理由でも信用すべきでない人物です。

ここでは、もしも金正恩がミサイル攻撃するならば、おそらくこうなるだろうという予測と、日本がなぜ今さら、世界平和への貢献を諦めて、自国の防衛をかためなければならないのかを分析してみただけです。

読みが当たっていた場合、改憲すれば、防衛費を理由に、税金も軍事費も上げやすいということまで考えてみるべきです。

森友問題が今もすっきり解決しないのは、国策捜査の懸念を囁かれてなお、強引な手段で解決を迫った側が説明不足だからです。

ミサイル騒ぎでうやむやになったままの加計学園問題のほうも、丁寧な説明も真摯な態度も先送りのまま、「今はそれどころじゃない」の一点張りで、安倍総理からは、未だになんの説明も申しひらきもありません。

そんな人物のどこを信頼して、改憲を任せてもいいと思うんですか?

もう少しマトモなひとや、政権の言葉になら耳を貸してもいいけど、セールスマン安倍の嘘くさい笑顔を、私は信じる気には到底なれません。


【Jアラート何故か東京はスルーの件】についても、安倍政権がどういう言い訳してるのか知らないけど、「東京にミサイル落とされたら大被害」説の信奉者は、避難訓練の意義や意味を知ってるのでしょうか?

狙われる可能性アリアリらしい東京は、確実にミサイルが落とされるのがわかる時まで、避難訓練の必要もないみたいですね?

そのくせ、どう考えても、北朝鮮がミサイルを無駄にしそうな地域限定で、やたらと子供たちの恐怖を煽って、広範囲でアラート鳴らしたり、避難ルートを確認までしている現状について、政府はろくに説明もしていません。


普通に考えたら、むやみに危機を煽るよりも、国民が安心するような説明をするのが政府だと思うのですが、私が知らないだけで、ちゃんとまともな政府らしい発表をしているのでしょうか?

ヤラセの偏向番組あたりで、日米安保地位協定がどうのと耳にしますけどね、「改憲すること自体が目的」だからなのか、政府がアメリカと対決して日米安保地位協定について話し合うとか、国民の意見を問うみたいなことは一切やりませんよね?

米軍との地位協定や、日米安保条約が不満で、アメリカの属国呼ばわりされたり、植民地扱いされるのは我慢できないと、過激な熱弁をふるう人達は、では何故そうしようと政府に訴えないのでしょうか?

改憲してまで自国の防衛強化をはかったり、防衛軍が必要だというのであれば、真正面から、正攻法でやればいいのでは?


過去の密室での取り決めを、インターネットで全世界に公開して、自国の力だけでは変えられない条約なら、世界の他の国々を味方につけてでも、正面きってアメリカと交渉すればいいんです。

アメリカや米軍が非難されるのは当然だし、過去にそれを承諾した当時の日本政府も、責任を追及されるかもしれません。

でも、その覚悟があればやれるんじゃないですか?



池上さんの番組では、他にも「アメリカの若者が血を流す前に、日本の若者が先に血を流すべき」みたいな発言がありました。

「アメリカに頼る前に自国で何とかしろ」というのは、もっともらしく聞こえますが、不健全なごまかしです。

日米安保や、地位協定にもふれ、日本の防衛強化ありきで自己責任論へ持って行くなら、日本が米軍のためにどれだけの負担をしているか、適当に流さずにきちんと数字で公開すべきです。

日米安保条約地位協定も、改善の努力はしないけど、不満だから文句は言う。
弱い立場を強いられたままどうにもできないけど、自己責任で防衛力は強化して、まず日本が血を流せ?

どこかで論理がすり替えられていませんか?

最後の最後でお茶を濁すようなアプローチでは、消化不良の不満から、「日本も核を持つべきだ」と言う考えに流されやすくなってしまうのではないでしょうか。

ひょっとして、それが目的なんですか?
まずは防衛強化。いずれは『防御のための核武装が必要』だという方向に誘導するのが?


もしもそうなら、安倍政権がメディアを使って、そんなことをやろうとしているのなら、いい加減に解散したほうがいいです。




……で、ミサイル危機の最中に、突然、ここで安倍内閣解散⁉︎ Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

森友問題は?加計学園問題は?Jアラートで
さんざん北朝鮮危機を煽っておいて、それぜんぶ放り出して『や〜めた!』ですか?

ちゃんと引き継ぎとか疑惑の解明は続けるというのなら、「そうするつもりだ」ぐらいのザックリした説明ぐらいあってもいいはずですが。


これ、最悪の予想だと、トランプ大統領が北朝鮮攻撃を決めそうだとか、北朝鮮のほうの先制攻撃の確率UPで、安倍っちが「責任とりたくないから今のうちに逃げよう!」と考えた、という見方をするひとがかなり出るのでは?

あれだけミサイル危機を煽ってきたのだから、そういう反応されても文句は言えないと思います。



解散までまだ日数があるから、その間にきちんとカタをつけて、立つ鳥跡を濁さずの言葉を実践してから、安倍内閣解散となるのでしょうか?

それにしては、未解決問題や、やりかけたままの政策、突貫工事で進めないと間に合わない予定が山ほどありそうですが、今ここで、こんなに大急ぎで解散しなければならない理由はなんですか?

安倍内閣は解散すべきだと、つねづね言及していた私ですが、歴代総理の中でも、支持率の高さと長期政権を誇った安倍内閣が、北朝鮮危機の最中に、全て放り出して解散するのは感心できません。


アンチ安倍内閣の私でもいい加減トサカにきてるのに、そんな安倍内閣でも、支持して応援してくれた国民の気持ちや想いはどうなるんですか⁉︎

このまま、説明責任も果たさないで、敵前逃亡はないですよね( ̄  ̄)?


アメリカ人が、自国の大統領を恥じる気持ちが、今回ぐらいよくわかったことはありませんね(>_<)

いいっ放し、投げっぱなし、都合の悪いことは知らぬ存ぜぬか、お友達じゃないひとの尻尾を切って逃げる。
そして、どんなに叩かれても問題ありでも、それでも安倍政権を支持し続けた国民すら平気で裏切る…。


ここまでやらかしても平然と、安倍さんはまだ自民党で議員続けるんですか?

私は、暴言や不倫で政治の世界から追われた他の誰よりも、やりたい放題の末の不正逃れと、職責放棄で、安倍晋三こそ自民党から除名し、議員も辞任すべきだと思います。

憲法9条、首相案の条文提示へ 自民、意見はまとまらず




石破茂元防衛相は「交戦権なき自衛権という概念は存在しない」と主張し、「『国防軍の保持』のどこに問題があるのか」と党草案を議論のテーブルに載せるよう求めた。

朝日新聞DIGITAL 9月12日より抜粋】



石破氏みたいなひとが、交戦権の行使に必要だからと、武器弾薬の配備や貯蔵を進めるうちに、お次は非核三原則を改正して、「日本も抑止力のための核」を持つことが必要だとか言い出すんじゃないの?

もしそうなったり、この先そういう方向に進んでいっても、問題ないって言うつもりなんでしょうか(・・?)


このおじさん、安倍っちに代わる次の総理の座を狙ってるらしいって噂だけど、とっくに非核三原則の改正にも言及してるのを知っていますか?

北朝鮮の核抑止力目的で、アメリカの核兵器を日本で保管すべき」だって言ってるんですよ (;゚Д゚) ⁉︎



個人的な意見を言わせてもらえば、情報公開されてないだけで、「アメリカの核兵器はとっくに日本に持ち込まれてるんじゃないの?」と、私は考えています(私的見解です)


その根拠は日米安保条約です。

日米安保の中身は、米軍が日本を占領した当時のままの、米軍にとって非常に都合がいい内容なのに、日本の学校教育の授業では、安保条約の上っ面しか教えないようになってるみたいですよね?

「日本は日米安保条約でアメリカに守られている」これを頭から信じている日本人が多いのは、授業でそう教わったからです。

表向きはそうなんだけど、本当はそんな単純な条約じゃなくて…なんてことは、学校の授業ではまず教えません。

教えてくれなくたって、今は公開されている情報ならばネットで勝手に調べられるし、近くに米軍基地があったりすれば、おかしなことにはすぐ気づきますけどね。


例えば、米軍基地の上空の制空権は米軍にあって、戦時中でもないのに、そのせいで日本の航空機は、何十年もずっと工事中の道路を迂回するようなルートで発着陸しています。

そのせいで事故の可能性や、上空での渋滞の確率も高いのに、乗客の安全性よりも、米軍の制空権のほうが優先って…変ですよね?

また、事故を起こしてばかりで悪名高いオスプレイが、住民の苦情なんか全く取り合わず、日本中を平然と飛び回っては、何回も故障したり墜落したりしているのに、それが国レベルで一向に問題視されないのは何故か?

他にも、長年にわたって、米軍関係者による、女性を性的暴行して殺害する等の犯罪が何回おこっているのに、日本の警察はろくに捜査も手出しもできないまま、当の犯罪者は本国に逃げ帰って罪にも問われないとか…おかしいですよね?


表向き米軍は、事態を改善する努力をしてるふうな、兵士の監督不行き届きを反省しています的な言動をしてみせたり、日本政府も、国民のために闘っているポーズを見せてますけどね、大抵は報道を意識したヤラセなのが見え見えです。

こうした対応と、この種の犯罪が無くならない事実とを照らし合わせると、行き着くところは次のような推論になります。

あたかも戦時中の占領国の国民に対するような、植民地の国民に対する宗主国の人間のような特権意識が、長く米軍の側にあるのは、彼らに権利を行使する裏づけがあるか、日本人を対等の同盟国の国民と見做していないから…ではないでしょうか…?



話をややこしくしているのが、ほとんどの日本人と同様に、一般のアメリカ人も、軍部と他国の官僚との間に、21世紀の現在も今なお続く、米軍による「占領下の国民に対する一方的な取り決めみたいなシロモノがあることを知らない」らしいことが挙げられます。

おそらく普通のアメリカ人なら、米軍が、戦後も日本に対してずっと、占領国の軍隊みたいなふるまいをし続けることを、不快に感じたり、その事実を隠してきた民主的でないやり方にも、黙っていないのではないでしょうか(と、思いたいです)


米軍が勝手に日本に核を持ち込んでいるかも…という可能性にしても、もしもそれが事実なら、非核三原則に反すると、日本人が抗議するのは当然です。

だからといって、日米安保条約が本当はどういうものかを隠したまま、そのおかげで交戦権を持たない日本が平和に暮らしてこられた事実も無視して、一方的に米軍を悪者と決めつけたり、日本にも交戦権が必要だと言うのは、話が違いませんか?

北朝鮮が危険だから、交戦権や防衛軍が必要だという主張は、もっともらしく響きますが、これも北朝鮮危機が去った後のことまで考慮していない短絡的な論法です。



ところで米国の軍人は、職業軍人ですから、一般人とは考え方も違うし、入隊後に軍人らしく考えるように指導教育されているはずです。

たとえば、何かと言えば話題になる某国の反日教育ですが、では、日本政府やアメリカ政府は、自国に不利な歴史的事実も、きっちり教科書に載せて、非の打ち所がないほど公平な教育をしているのかどうか、考えてみたことはありますか?

つい最近だって、従軍慰安婦の記述を載せた歴史の教科書を採用した学校に対して、組織的なのがあきらかな苦情の電話がかかったり、非難する内容のハガキが大量に送りつけられたとかで、ちょっとしたニュースになったのを知りませんか?

初等教育の過程で、教科書に書かれていることを疑うことなく全面的に信じてしまうのは、日本人もアメリカ人も同じです。大事なことが故意に教科書から省かれていることを、疑う理由は、普通はないのです。


想像してみてください。
日米安保の本質なんか何も知らなまま育った、ごく普通のアメリカ人青年がいたとします。

職業軍人となった彼は、空軍や海軍の兵士として、日本の米軍基地に配置されます。
そして、そこで初めて日米安保条約の真実を知る、というか、ある程度の情報公開や教育を受けて、事実を知ることになります。

それ以外にも、古参兵や教官の物言い態度や仲間内での噂などを通じて、これまで考えたこともなかった「本当のことを知る」機会には事欠かないだろうと思われます。

日本で女性を暴行の末に死なせても、本国に逃げて捕まらなかった誰かの噂を聞けば、なかには自分もやってみようと思う馬鹿が、1人や2人出てくるかもしれません。


米軍基地の関係者による日本での犯罪はもちろん問題ですが、日本の一般市民や米軍の一兵士には関われないようなレベルで、おおっぴらにできないような密約を結んだりする者たちをどうにかしないことには、末端のほうで事情を変えられるとは思えません。


自衛隊で幕僚経験を積んだ石破氏は、一般人や普通の政治家よりも、米軍に関する情報や、実態にふれる機会も多かっただろうと思われます。

仮に米軍が、自国の前線基地ぐらいに見なしている日本には断りもなく、どこかの米軍基地に、極秘で最新兵器や核ミサイルを持ち込んだとします。

米軍が黙ってやることに、たぶん日本政府は気づかないし、気づいたって見なかったことにするだろうし、たとえ情報を入手していても、自衛隊は抗議も出来ない…。

石破氏は、そういうことをよく知っているのだろうと思われます。


米軍のやることに、日本は手出し口出しするな!は、日米安保で定められているわけですから、自衛隊の隊員は、最初にまずそこを徹底的に叩きこまれるのではないでしょうか(個人的な見解です)




個人的に、今回の騒ぎとよく似たパターンだなぁと思うのが、大統領就任前のトランプ氏が、「日本から米軍を撤退させる」発言をして、ネットが沸いたあの事件です。

トランプ氏のおかげで、どうやらアメリカの一般市民も、日米安保の実態なんか何も知らされてないのがよくわかりましたが、あのとき日本では、主張が違うだけで、右も左も米軍撤退大歓迎でしたよね?

これもまた、大多数の日本人が日米安保の実態をよく知らないことを露呈していました。



そろそろ結論がわかってきたのではないかと思いますが、日本にある米軍基地は、『日本を守るためではなく、米軍の、アジアの仮想敵国に対する攻撃拠点および前線基地、補給基地を目的として置かれている』のです。

「事のついでに日本を守ってるけど、それ有料オプションだから」が本音で、米軍基地は、とんでもない額の費用の負担を日本に強いています。

だから米軍が日本から撤退なんかするわけないし、当然トランプ氏のシロウト発言も、そのままうやむやになりました(させられた?)


こういう機会に、日本人も日本だけでなく、アメリカや米軍視点から日本を見たらどうなるか、試しに考えてみることをお勧めします。



〜たとえばこんな感じだったりして〜


両側を大西洋と太平洋に挟まれて、他国の侵略から自国を守りやすい立地にあるアメリカですが、他の多くの国みたいに地続きでないから安全だと、そこに胡座をかいてばかりはいられません。

裏を返せばこれは、アメリカが世界から孤立しやすく、一致団結した各国勢力の前で、一方的な餌食になりやすいことも意味しています。

日本は、アメリカの前線基地にはもってこいの場所にあるけれど、戦争が終わった後も、アメリカの都合で日本をずっと米軍の支配下に置いていたのでは、日本は東アジアへの米軍の攻撃拠点と見做されても言い訳できません。

ならば日本をアメリカの州に組み入れてしまうのはどうでしょうか?そうすれば文句も出なくなる?

しかし日本は、狭い領土に比べて国民は多いし、アメリカよりも長い歴史があり、独自の文化と発展を遂げた、世界でも珍しい単一民族国家です。

新興国に吸収されて独自の文化を失い、アメリカの一部にしてしまうとなると、世界の反感を買いやすいし、日本はロシアや中国に近すぎて、合衆国の一部となっても、そこに軍隊を配置したりすれば、余計な緊張関係をつくりやすい。

だからといって、このままアメリカが軍隊を引き上げてしまえば、日本が周りを海に囲まれていようと、北からはロシア、南からは中国が、互いの軍事拠点として取り合うようになるかもしれない。

日本がどうなるかではなく、せっかく手に入れたアメリカの防衛ラインや攻撃拠点を、みすみす他国に奪われたくない…民主主義国家アメリカとしてではなく、「米軍の判断」が日米安保条約をあのように定めたのかもしれません。


アメリカとしては、日本が中国とロシアどちらにもつかず、アメリカにとってアジアの防御壁でいてくれたほうが助かるし、ならばいっそ、独立を認めた体裁だけ整えておいて、日米安保で武力を持たない日本を守ると見せかけて、アメリカの軍事拠点として残しておいたほうが、後々も助かるし有利だし?

とりあえず、他の国もまるめこんで、日本以外の東アジアの国々にも米軍基地を置いて、世界の警察アメリカの保護下にあるという構図をつくったらどうだろうか?(…だったんじゃないかな?という勝手な想像です)


始まりはアメリカの勝手な都合だったとしても、そのおかげで日本は、若い世代を戦争に送り出したりすることなく、平和と繁栄を維持してきました。

もしも日本に自国軍が認められていれば、その先の未来である今現在の日本は、まったく違っていたかもしれません。

核兵器放棄と、世界平和を呼びかける代わりに、他国の戦争に同盟国として参加して、後方支援ではなく、武器を持って戦っていたのかも?

もしそうなっていたら、世界は今、日本をどんなふうに見ているでしょうか?


こういうふうに異なる視点からも見ていくと、北朝鮮のミサイルが日本海にいくつか落ちて、メディアがいくら米朝戦争を煽ったところで、見方は変わってきます。


アメリカが先制すれば、北朝鮮の反撃で日本と韓国が被害を受ける報道ばかりでしたが、これをアメリカ目線で見るとどうなるでしょう?

アメリカが先制すれば、米軍が日本の前線基地にどのくらいの戦力やミサイルを置いているか、近隣諸国にも、ある程度までバレてしまいます。反撃しても同じです。

極論を言えば、北朝鮮の核ミサイル攻撃に、日本の米軍基地から核ミサイルで応戦したのでは、日本の非核三原則はどうなってるんだ⁉︎と世界中から叩かれるに決まっています。

今のネット社会では、アメリカ側には核ミサイルを米軍基地に持ちこむ自由があるけれど、日本には拒否権も捜査権もないとか、米軍が日本を未だに占領軍として支配下に置いていることも、あっという間に全世界に知れ渡ってしまいます。


各国の首脳や内閣にとっては、公然の秘密としてとっくに知られていることだったとしても、世界中の国々の民間人に「民主主義の総本山のアメリカの裏の貌がバレる」のは困ります(今さらってもんですけどね 笑)

他にも、いくら米軍のやることに日本は口出しできないとしても、政府首脳は、米軍の核兵器持ち込みに対して、暗黙の了解とか承認とかしてるんじゃないか?

ならば日本政府は、自国の国民を騙しているのと同じじゃないのか?
そんなふうに考える者もいるでしょう。

どこの国の政府も、多かれ少なかれ陰では色々やっていそうだし、アメリカがやってるなら、自国もその限りではないのではと疑って当然です。

別の国では、インターネットでは公開されてない密約の存在をメディアがすっぱ抜いたりして、「アメリカは非人間的な日本の実効支配を放棄しろ!」なんて、世界的規模でそんなムーブメントが起きてはたまったものではありません。


演説上手で平和主義者の前大統領ならともかく、口を開けば問題発言ばかりの現職大統領では、この事態を巧みに切り抜けてくれるかどうか、合衆国首脳陣も米軍も、明るい未来を想像できません。FBI辺りが大統領暗殺を視野に入れる可能性も出てきます(冗談です)


もしも今になって日米安保条約が解消されでもして、この機に乗じて中国やロシアに米軍の前線基地(日本)を奪われて、アメリカに取って代わられでもしたら、目も当てられません。ならばどうするか?


アメリカにとって、重要なのは中国とロシアで、北朝鮮なんかは、直接アメリカ本土をミサイル攻撃可能になるまでは眼中にありません。

その力を持ちそうなら、早めに叩けばいいわけで、しかし米軍がそれをやってしまうと、米朝戦争で被害が及ぶのは韓国や日本だけでなく、中国やロシアも同じです。

巻き添えや、ミスが原因の攻撃を食らって、自国民や領土に被害が出たり、韓国や北朝鮮の難民がなだれ込んで来るのは両国とも勘弁してもらいたいはずです。

ぶっちゃけ、中国もロシアも、風向きと気分次第では、味方のはずの自分たちにまで攻撃してきそうな北朝鮮が、核を持つこと自体、断固反対に決まってます。

同じことは日本にも言えます。

日本が対北朝鮮防衛の目的で、改憲して自国の軍備を整えたり、抑止力で核を持つのも、むろん反対に決まってます。

その核ミサイルが、この先もずっと北朝鮮にだけに向けられているとは限らないし、またずっと防衛だけに使われる保証もありません。


たとえ北朝鮮のミサイルの脅威に対抗するためであっても、日本が自国防衛目的の武力を持つことを歓迎しない国々もあれば、それが当然だし、やるべきだと応援してくれる国々もあるかもしれません。

でも、歓迎しない国にとっては、日本が独自で自国防衛を強化し続けると、「潜在能力の高い日本は仮想敵国」という見方になる可能性があることを考慮しておかないと、武力を持つことで、今度は危機感を持った別の国のミサイルが日本を狙う可能性だってあるんです。


中国やロシアにとって、日本列島がある場所に、アメリカの前線基地があるのと、自国の軍隊を持つ独立国があるのとでは、ずいぶん話が違ってくるのです。


レッドラインは、アメリカだけでなく、中国やロシアの側にもあるわけで、どうあっても抑えられないとなったら、ただちに工作員が送り込まれて、金正恩は葬られ、正男の息子と首をすげ替える…ぐらいの連携は、米中ロの間で出来ているのではないかと思われます。

それがいちばん現在の状況や各国の力関係のバランスを大きく変えずに済むし、難民流出で近隣国が被るだろう被害も避けられるし、新しい北朝鮮の指導者が、都合よく大国のいいなりになってくれる世間知らずの若者ならなおさら歓迎…そんな感じでしょうか。


だから、日本が勝手に改憲だの防衛軍だの、抑止力のための核配備とか、世論やネトウヨがいくら騒いだところで、日本をアメリカの属国だと考えている他国がそれを認めるわけないのでは?(と、思うわけです)



メディアは、北朝鮮のミサイルだ核だと騒ぐことはしても、裏事情なんかは、知っていても全く報道しません。
あんまりお手軽に乗せられないほうがいいのでは?

むしろ、危機だ危険だと騒いでいるうちは、まだまだ安全で、本当にヤバくなってきたら、迂闊に報道できないから、逆にミサイルのミの字も聞かなくなる可能性があります。

ほら、北朝鮮のミサイル騒ぎで、予言通り(?)加計学園問題は報道しなくなってるでしょう?

安倍っちにとっては、相当に都合が悪いから、「いつ北朝鮮からミサイル飛んでくるかわからないのに、加計だの森友が何だ⁉︎」みたいな風潮のほうが助かるわけです。


圧力をかけるのは、ネトウヨだけじゃないんです。安倍っちなら、何の危険もないとわかった後でも、「北朝鮮のミサイル危機に直面している今、報道の優先順位を間違えないでください」とか言って、メディアに直接圧力をかけるぐらいやりかねないと思いますね(私的見解です)


加熱しすぎのミサイル報道が一旦収束したと思ったら、日米は圧力、中ロは対話とか言い出して、ちゃっかり安倍っちが日本の国民のために何かしたような空気になってますけど…?


思い出してみてください。
安倍っちがやったことと言えば、ミサイルが飛んでくる日の前日だけ公邸に泊まったり、「ミサイルがどこに落ちるのか完全に把握していた」から迎撃準備もせず、落下地点と遠く離れた栃木や群馬まで鳴らしたJアラートを、何故か東京と原発関係はスルーして、そのくせ交通機関を止めたり、危機を煽るような発言と報道の指示を出して…まだ続けますか?


安倍政権の支持率が上がった?
国民の皆さん、そんな簡単に乗せられてどうするんですか(>_<)

このままいけば、なしくずしにセールスマン安倍に、欲しくも必要もない「改憲」を売りつけられますよ?
本当にそれでいいんですか⁉︎


もしもこんなふうに、国民が知らないところで、国どうしの密約とか取り決めとか、思惑なんかがあるのなら、どんな事態も解決法もありうるわけです。


それを利用して「危機を作り出し」てまで、自分たちが望む方向へ国民を誘導しようと、ことさら北朝鮮危機を煽っている政権や特定人物が、いないと断定もできません。

むしろ、北朝鮮のミサイル危機さえなければ、日本はずっと平和にやってきたのに、自国の武力を固めることで、北朝鮮危機が去った後には、今度は「日本が危険」とみなされる可能性だってあるのです。


危険危険と騒いで、短絡的な結論に飛びつくのではなく、私たちは国民ひとりひとりのレベルで、「改憲したらどうなるか?」「自国防衛体制を敷いたらどうなるか?」「世界は日本のそれをどう見るか」、『それをやったらどうなるか』を、考えてみるべきではないでしょうか。




最後に、有事には、自国で防衛可能なように、準備や法整備をすべきだという意見について、個人的な意見というか想像を書いてみます。


少子高齢化で若い人材が減っているところへ、この先もずっと自国防衛の為の人材確保と育成を続けることになったら、そこからさらに毎年一定数の若い世代を、自衛隊に送り込む必要が出てきます。

どう考えても18歳以上、40歳以下ぐらいが対象なので、のちのちプロのスポーツ選手として活躍しそうな人材ほど、気力体力、集中力に不屈の闘志など、自衛隊か日本軍だかに大歓迎で迎えられることになりそうです。

彼らにプロやメダルを諦めろと言えますか?


いや、そんな人材なら、自衛官よりも、プロ野球やサッカー、世界陸上やオリンピックで頑張ってもらわないと?

でも、それやると、「あいつらだけズルイ」とかゴネるやつが出てきて、そのうち全員に何年間は兵役が義務付けられるみたいな、世界のどこでもやってる徴兵制になるんじゃないの?

もしそうなったら、ジャニーズも若手芸人も、AKBも、みんな揃って自衛隊です。
今みたいに、奨学金で苦労してまで大学なんか行かなくていいから、高校卒業と同時に徴兵されるシステムができたりして?

日本がまだ戦争していた頃の話では、理系の学生は「役に立つ」から優遇されて、文系は否応なく徴兵されて前線に送られたとか聞いたけど、21世紀の日本で、そんな差別的なことを言われて、おとなしく納得する学生やその親がどのくらいいますかね?

そして就活の場には、企業に混じって「自衛隊はいいよ〜非正規じゃないし、年金もつくし、恩給だってあるよ〜」とか言う声が響くかも?

夢は人気ブロガー、YouTuber?「兵役を終えて、退役してからやりなさいね」

…それで本当にいいんですか?



引きこもりニートや、自分の都合でウツになって会社をサボるような連中を、今さら自衛隊や軍隊で鍛えようたって無理ですよね。

かといって、引きこもりニートが身体的な事情や精神疾患を理由に兵役逃れをすれば、20代でもう二児の父母になって、せっせと働いているマジメな若い夫婦なんかが、祖父母に孫を預けて、兵士として戦場に送り出される…とか、考えてみたことはありますか?


介護が必要な高齢者はどんどん増えていくのに、今現在、介護の現場で頑張ってる若い世代がよそに取られたら、まだまだ元気なおばちゃん世代がそこは一手に引き受けるとして、介護の必要がないほど元気なシルバー世代が、若い世代に代わって、マクドナルドやコンビニや、スーパーのレジの主力になったりして(;゚Д゚)⁉︎

ああ、でもオレオレ詐欺は廃れそうですね。
受け子だの何子だのは小中学生まで年齢を下げられても、子供じゃ自動車事故を起こしたり、会社のお金を落としたり使いこんだりできませんからね 笑笑



私などは、ついついこんなことまで想像してしまうのですが、自国防衛を叫ぶ人たちは、まずは自分が兵士として徴兵されたり、夢を諦めなくてはならなくなるかもと、考えてみたことはあるのでしょうか?

政府は年金の受け取りを75歳からにしようと企てつつあるみたいですが、自衛隊に若手を取られて、シルバー世代もまだまだ戦力として働かなければならないとなったら、ここに書いたようなことは、それほど的はずれでも、冗談でもなくなるかも…?


安倍っちが、自分にとって都合の悪いことを隠す目的か、改憲にもってくのにちょうどいいからと北朝鮮を利用しただけなのか、本当のところはわかりませんが、ミサイル危機だ、日本も自国防衛だと国民を煽るつもりならば、この辺りもきっちり網羅してくれませんかね?

そうすれば、簡単に改憲だ自国防衛だと叫ぶ人たちも、今の日本の社会から若い世代を兵役に回せるかどうか、もう少し現実的に考えるのではないでしょうか。

北朝鮮に狙われる在日米軍基地 小野寺防衛相「対応できる」発言にのけぞった自衛隊幹部の本音




北朝鮮が日本へ向けてまた、ミサイルを撃った。政府は8月29日午前5時58分頃、北朝鮮の西岸から北東に向けてミサイル1発が発射され、6時6分頃に北海道の上空を通過、6時12分に襟裳岬の東方約1180キロの太平洋上に落下したと発表した。北朝鮮のミサイル攻撃を防御する手立てはあるのか?

AERA dot. 週刊朝日2017.8.29 より抜粋】


この小野寺防衛大臣を前任者の稲田氏よりマシと見るのは、男のほうがマシだろうという思い込みと、単なる錯覚です。

誰だろうと、自衛隊関係者でもないのに、普通の政治家が、大臣に任命されてからこんな短期間で、どれだけのことができると思いますか?


(記事のつづき)

グアムに向けてミサイルが発射された場合の日本の対応について、小野寺防衛相は前出の委員会で、「我が国への存立危機事態になって、(武力行使の)新3要件に合致すれば対応できる」と答弁した。この答弁を聞いた瞬間、大勢の防衛省自衛隊の幹部たちがのけぞったという。

日本が保有する現在の弾道ミサイル防衛システム(BMD)では、グアムを狙う弾道ミサイルの迎撃は「例外を除いては不可能」というのが常識だからだ。

これが専門家の意見です。
ハイヒールのおばさんよりはマシ、みたいな観点から眺めているから、稲田朋美のままじゃなくて良かった〜とか誤解するわけです。


冷静に考えてください。
ある政治家が軍事にも明るいとしたら、そんな人物が防衛大臣になろうと画策するなら、危険だから絶対にやらせないほうがいいです。

その辺りは安倍っちも抜かりなくて、緊急時に自分を差し置いて国の実権を握ったり、総理のお株を奪うような輩を大臣に任命したりは絶対にしませんw


それにしても、安倍っちが窮地に陥ると、決まって飛んでくる某国のミサイル(>_<)
やっぱり何か密約があるんじゃないですか?


個人的に気になったのが、結局、今回の北朝鮮のミサイルは「どこを狙ったのか?」という部分です。

日本の本州と北海道の繋ぎ目あたりを飛び越えて、その延長線上にあるのはどこ?
途中でミサイル落ちたから、当初の目標予定地点は誰も追及しないんですか?

考えられる可能性は、延長線上にあるアメリカ西海岸の都市を射程にしていたか、もしも失敗しても、「日本への被害が最小限で済む辺りを飛び越えて、太平洋に落とすのが目的」だったとか?


もうお馴染みの私的見解なので恐縮なんですが、ほら今、安倍っちヤバいじゃん。加計学園でどんどんマズイことバレてきてるし、このままだと、腹心の友の加計さんを国会に呼ばなきゃ許されないような流れになってきてたし…?


またAERA dot.の週刊朝日の記事なんですが…

【安倍政権さらに窮地 加計学園獣医学部新設「設計関連文書」全文を入手
2017.8.18 18:14週刊朝日#加計学園


国家戦略特区で加計学園獣医学部の新設がOKとなったのは、最先端のライフサイエンス研究ができる施設、設備を設置することが条件だった。

加計学園は、これまでの獣医学部にはない、最先端のライフサイエンス研究のために「バイオセーフティーレベル3」の施設をつくるとしている。これは、細菌やウイルス、微生物などを厳重な管理下で研究するものだ。専門家によれば、

鳥インフルエンザHIVウイルスなどが研究対象です。最高のレベル4だとエボラ出血熱のウイルスなどになります。レベル3や4は非常に高度でかつ厳重な管理が必要で、それに対応できる施設でなければいけません」


本誌が入手した文書の11ページにバイオセーフティーレベル3の研究施設が記されている。だが、それを見た研究者はこう指摘する。

「隔離性が低く、危害性の高い病原微生物等を取り扱う教育、研究、病性鑑定には不向き。これでは高病原性鳥インフルエンザの検査、診断、実験、研究は難しいと思う。施設全体でみても、動物実験を理解していない人が設計しているんじゃないか」

 前出の文科省関係者はこう指摘する。

「目玉であるはずの、バイオセーフティーレベル3の施設の内容がはっきりしないのです。それもあって認可が保留となっている」

さらにバイオセーフティーレベル3の施設の内容いかんによっては、建築費用が大きく変動するという。加計学園は、建築坪数9857坪、その建築費192億円と見積もっている。逆算すると建築費の坪単価は150万円だ。


建築費のうち半額の96億円の補助金今治市愛媛県から得ることになっている。だが、設計図を見た建築エコノミスト、森山高至さんはこう指摘する。

獣医学部なので特殊な建物かと思っていたら、ごく普通の商業施設と同じレベル。なんらかの獣医学部の施設がプラスされるのでしょうが、坪単価で80万円から、高くとも100万円でしょうね。とても150万円するとは思えない」

こうした専門家の指摘を鑑みると、加計学園が、見積もり価格を大幅にアップさせ、補助金を請求したのではないかという疑惑が浮上する。


森友学園の籠池前理事長らが逮捕されたのも、国交省に小学校の建築費を過大に見積もって、補助金を多く受け取ったとされる詐欺容疑。それと同じ構図が浮かぶ民進党幹部がいう。

「文書の全容を国会で審議すれば、疑惑がより鮮明になる。すぐにでも国会で安倍首相に問いただす機会をつくるべきだ」

 前出の黒川氏はこう話す。

「私もその文書を見たが、とても坪単価150万円はあり得ないとの専門家の話を聞いた。市民の税金を投入するなら、きちんとしたデータを公開することが必要だ。だが、今治市は住民説明会でもきちんと釈明できないのに、加計学園に96億円もの税金投入を即日で決めている。その真相が流出した設計図でわかってきた」


今治市民の63%が加計学園獣医学部新設に反対しているというデータもある。


加計学園獣医学部の設計図が暴く安倍首相の“嘘” 衆院解散遠のく 2017.8.29 週刊朝日#加計学園#安倍政権】


首相秘書官と加計学園愛媛県今治市の“四者謀議”に続き、新設される獣医学部棟の建築設計図が本誌のスクープで、安倍晋三首相の“嘘”が白日のもとにさらされた。


本誌(オンライン版)が8月18日に詳報した、加計学園愛媛県今治市に新設する岡山理科大学獣医学部研究棟の設計図が波紋を広げている。加計学園関係者はこう話す。


「設計図が流出して、学園はとんでもない騒ぎです。週刊朝日がネットで速報を出した後は、お盆なのに幹部たちが右往左往していました」


関係者が焦るのも無理はないことだ。この設計図は、これまで市民団体やメディアが追及してきた数々の疑惑を裏付ける物証ともいえる。だからこそ、加計学園今治市は、これまで市民やメディアから設計図の公開を求められてもひた隠しにしてきた。

疑惑の一つが、建築費の水増しだ。獣医学部新設には今治市愛媛県で最大96億円の補助金が出ることになっている。加計学園によると、建築費の坪単価は約126万円。

今治市の菅良二市長は25日、「他大学や病院と比べても高額ではない」との見解を示している。

 
一方、設計図を見た建築家は「坪単価で70万~80万円、高くても100万円はいかない」と話す。2014年に完成した北里大学獣医学部棟の建築費は坪単価で約82万円。北里大学に比べても、約1.5倍の費用がかかっている。今治市加計学園問題を追及している「今治加計獣医学部問題を考える会」の黒川敦彦共同代表は言う。


「設計図が公になったことで、水面下でくすぶっていた加計学園の不透明な補助金請求問題が白日の下にさらされます」


作成者には「SID創研」と「大建設計」が名を連ね、日付は<平成29年3月>。獣医学部の新設は今年4月に本格的な工事が始まっているので、着工直前に作成された設計図と思われる。ちなみに、SID創研は加計学園のグループ会社だ。

【以上、AERA dot.週刊朝日より一部抜粋】


他にもワインセラーだのビールサーバーだのといった、大学には相応しくない代物が設置を予定されていたり、閉会中審査での疑わしい発言のつじつま合わせが破綻しかけていたり、「北朝鮮がミサイル飛ばして騒ぎになったら随分たすかる」んじゃないの?安倍さんは?


率直に言って、「週刊朝日の記事を隠すためにもっと大きな騒ぎを起こした」感が拭えないんですよね。

小野寺防衛大臣で良かったという思い込みと錯覚を利用して、これで内閣支持率回復と改憲も同時に果たせたら、一石なん鳥ですかね?


こんな短期間で軍事の門外漢に何ができるかを考慮すれば、防衛大臣のシロウト発言は大目に見てもらえるかもしれません。

でも、森友学園の籠池夫妻の補助金不正疑惑が、何故か通常よりも罪が重い詐欺で立件された上に、書類はありません、記憶にございませんで逃げ続けてきた忖度関連の部分を、今ごろになって「籠池氏の強引な関与があった」みたいな方向へ持っていこうとしてますよね?

安倍夫人は私人だから証人喚問に応じられないで逃げた挙句、ありません、わかりませんで逃げ続けてきた部分は、「じつは籠池さんがゴミ問題で強引な値引きを迫った」のを関係者が拒みきれなかったとか、そんな言い訳が通用すると、まだ思っているんですか?

もはや無用と切り捨てた相手からは何もかも取り上げて、一切合切をおっかぶせて知らん顔が通るとでも?


で、今度も腹心の友は私人なので、国会招致にも証人喚問にも応じられません。
加計学園に設置予定のワインセラーは、安倍夫妻やお友達が、集ってワインをたのしむためだなんて本当のことは、絶対に言えません、とかですか?

費用は莫大なのに、床材やら設備は安っぽくて、目玉の施設の不手際もバレたし、その上まだ加計学園が儲かるようなシステムの補助金だかなんだかがあるそうですが、いっぺん詳しく聞かせてもらえませんかね?

これぜんぶ大目に見てもらえるとか、まさか思っていませんよね?


つまりですね、北朝鮮のミサイルが、日本列島のいちばん人が少なそうな辺りを飛び越えて太平洋に落ちたらですね、「安倍っちにとって都合が悪いこういうこと」が、ミサイルの報道一色になって、結局うやむやになっちゃうんです。

お分かりでしょうか?


だから安倍っちもいい加減に、ヘタな策を弄しても通じないと自覚したほうがいいんです。

籠池夫妻やその関係者ぐらいなら、口をふさいでやりたい放題できる権力を持っているだろう安倍総理や政権も、「なんかおかしいんじゃないの?」と感じる国民を、片っ端から捕まえて濡れ衣を着せたり、こうして自由にブログで意見を発信するのまでやめさせたりはできませんから( ̄∀ ̄)

もっとも、これを阻止する目的で共謀罪を成立させたんじゃないかと思うので、いつまでこんなことやってられるか、わかったもんじゃありませんけどね(非国民とか呼ばれて捕まったりしてw)


安倍政権の支持率は、今さら回復なんかしそうにないし、策を弄すればするほどドツボにハマるだけなんです。


安倍さん、あなたはわれわれ市井の国民を、何回も同じ手で騙される馬鹿ばかりだと思っているかもしれませんが、事態はそんなに甘くないかもしれませんからね…

安倍政権、今度は北朝鮮ミサイル通過予告で改憲ねらう⁉︎



お盆休みだというのに、誰の差し金か、ニュースや情報番組の特集で、北のミサイル危機を煽りまくり(>_<)

また安倍っちのヤラセですかねぇ?懲りませんねぇ。ひょっとして、やっぱり国民バカにしてますか?


ミサイルが上空通過予告された4県の小・中学生が本気で心配してるみたいだし、『改憲目的のヤラセ報道』はやめてくれませんか。

北のミサイルが日本のすぐ近くの海に落ちても、報道を最小限に規制するのに、わざわざ4県の知事を集めて(陳情に来たと偽って呼びつけて?)まで、安倍っちがメディアで顔出しする理由が他にありますか?

変ですね〜(・・?)おかしいですよね〜( ̄。 ̄)見え透いてますよね〜┐( ̄ヘ ̄)┌



あの【予告】なんですけどね、米軍岩国基地がどこにあるか知ってたら、「岩国基地近くの上空かすめるぞ〜」な予告だって、すぐにわかると思うんですけどね。

あれは対アメリカ用予告で、日本へ上空通過を予告する理由なんかないって話です。

大体、グアムへのミサイルは、最初から海に落とすって言ってなかったっけ?

だったら、これまでに日本の排他的経済水域に何個も落としたやつと同様で、今度も被害は出ないんじゃないの?

まぁ照準とか手元が狂うとかして、想定外にグアムを攻撃してしまったりしない限りは、ですけどね(それやったらマジ戦争ですから、ちゃんとはずすはずです)。



ようするに、日本の上空通過予告の目的は、グアムへのミサイル予告と連動してるんだから、「グアム + 米軍岩国基地も射程範囲だからな」じゃないと、「戦略的な脅し」として意味ないんですよね。

だって、北朝鮮がアメリカをミサイルで攻撃しようとしたら、ほぼ確実に「日本のどこかの上空を通過するしかない」んですよ?

狙いがグアムだから、たまたま中国四国地方の上空を通過するだけで、目標がハワイやカリフォルニアに変わっても、どこかの県の上空は必ず通過するんですよ?

その場合も、同じような上空通過予告するだろうけど、そのルート上にはまた別の米軍基地がある…ってなるはずだし、そうでないと予告する意味ないですから。


言い換えるならば、日本政府が本気で北のミサイルにビビるとしたら、中国四国地方の上空通過よりも、北陸近辺の海に落とす予告だと思いますね(個人的な意見です)

なにしろ中国四国地方には、島根と愛媛に1つずつしかないけど、北陸は「原発銀座」ですからね。

核を落とさなくても、狙ったところへ上手くミサイル落とせば、同じかそれ以上の効果が…((((;゚Д゚))))⁉︎

※これは北朝鮮が日本を攻撃すると仮定した場合の目標なので、今は日本と戦争するつもりないだろうし、今回は対アメリカだから、絶対にありえない仮定です。
北陸方面の小・中学生も本気で心配しないようにね( ̄∀ ̄)b


と、なると、自国の排他的経済水域近辺に、北がミサイルをいくつ落とそうと「厳重な抗議」程度しかしない日本政府が、グアムに向かうミサイルが上空を通過するくらいで、4知事がお誘い合わせて首相に陳情に出向いたり、PAC3配備だのをやったりを、メディアで宣伝する理由がどこにありますか?


あるとしたら、ミサイルとは全く関係ない「別の理由」に決まっています。


もうおわかりですね?
北からのミサイルに備えて「自衛隊を防衛軍にする必要があるんです!」と、安倍っちが拳を振り上げて演説するための布石です。

早い話が「だから改憲すべきなんです!」というところへ話を持っていきたいわけです。

安倍晋三君、そんな見え見えの戦略じゃ、世界中から「またやってるよ」と足下を見られるだけだし、いっそ中学生プロ棋士に弟子入りして、戦略戦術の基本を教わったほうがいいんじゃないですか?


つーか、いい加減しつこい!
諦めが悪すぎです!
改憲してから引退しようとか、思い上がりも甚だしいです。

安倍っちが改憲したいだけのために、国民や何もわからない子供たちをミサイルの脅威に怯えさせるとか、それが政府や一国の首相のやることですか⁉︎

支持率が戻らないまま改憲するには「危機的状況を作りだすしかない」ですか?

馬鹿馬鹿しい。そんなことをしたって、さらなる醜態をさらすだけです。

無駄な抵抗はやめて、さっさと安倍内閣を終わりにしてください。
そのほうがよほど日本や、国民のためですから。


どうやら安倍っちは本当に老害化が進行しているとか思えないので、そんな状況で改憲なんて、もってのほかです。

誰か、安倍っちがこれ以上は暴走しないように、せめて給料分は働こうという政治家はいないんですか⁉︎

これこそが一番の危機的状況なんですけど…。