魔道ねこの目線

気になること、面白そうなこと、独断的考察などなど、思いつくままに書いてます( ̄▽ ̄)

銀河英雄伝説でオトナになる⁉︎


叔母の書棚にあった「銀河英雄伝説」を初めて手に取ったとき、私はまだ十代でした。

ガラス扉つきの書棚に大切に保管されていたその本は、かなり年季の入った新書の10巻セットでした。外伝もあったのですが、そちらを読んだのはずっと後になってからでした。


英伝を読んだことのあるひとなら知っていると思うけれど、銀河英雄伝説は、とにかく長い物語です。登場人物は半端なく多いし、キャラの名前まで長いんです(*´Д`*)
ロード・オブ・ザ・リング全巻を読破していた私でしたが、ひいきのキャラができるまで、銀英伝は敷居が高くて、なかなか読み進められませんでした。


ローティーンの少女だった私のお気に入りキャラといえば、もちろんイケメン主人公の金髪さんと、その親友の赤毛さんでした。

ジークフリード キルヒアイスは、長いあいだ私の王子さまでした。

1ページ二段構成の新書で、地の文も描写も延々つづく全10巻の銀英伝ですから、最低でも通しで3回くらいは読みこまないと、内容もキャラの性格もなかなか頭に入ってきません。

ベースになっているらしい三国志と同じくらい初めは取っつきにくいですが、銀英伝はキャラの魅力で、世代を超えて読ませてしまう作品なんだと思います。


ハイティーンになっても、私の1番ひいきの座は変わりませんでした。

帝国軍の黒と銀の華麗な軍服に映える豪奢な金髪とアイスブルーの瞳の、若き美貌の皇帝。群を抜く長身と、ルビーを溶かした液で染め上げたかのような赤毛の薄幸の騎士‥.この2人がマストでした。

叔母のイチオシ、同盟軍のヤン提督の魅力がわかってくるのは、十代の終わり近くになってからでした。

この頃になると、年上だったはずのラインハルトとキルヒアイスが同世代になってきて、物語中の言動がちょっと子供っぽく思えたり、場合によっては、キャラに批判的な目を向けるようになってきたりします。

ラインハルトの残念な行動やシスコンぶりに呆れて気持ちが冷めたり、ヤン提督の知性と人間性のギャップが、そこはかとなく魅力的に思えたりするようにもなるわけです。

次第に、自然体のヤン提督やポプランがステキだなと思えてきたり、真面目で誠実なミッターマイヤーやミュラーも新しいヒイキに加わりました。

おそらく現実の異性を見る目もシビアになってきたからこその変化なのでしょう。
また、このくらいキャラに入れ込んで読まないと、銀英伝のあの長さを読むのはキツいことも理由のひとつかもしれません。


20代になると、リアが多忙になってきて、好きな本を繰り返し読むなんて贅沢は出来なくなり、公私ともにリアの付き合い優先の生活になってきて、しばらくこの世界から足が遠のいてしまいました。



数年後‥‥。

ふたたび銀河英雄伝説を手にとって読み返してみて、私はその時、私自身が、想定外の変貌を遂げていた事実に直面させられました。

ひいきのキャラが変わることはあります。
その世界にいてもいなくても、ひとは日々成長するものだし、周囲に影響されて変わってゆくものだからです。

がしかし、それらは他者の目には比較的あきらかでも、ふつう自分自身の変化は、あまり自覚がないのではないでしょうか?


英伝から遠のいていた数年間に、とりたてて何か私を大きく変える因子があったとは思えないのですが、ふたたび銀英伝の世界に舞い戻った時、私の1番ひいきは、何故かシェーンコップ氏とロイエンタール氏の両名になっていました‥.Σ( ̄。 ̄ノ)ノ ⁈

もちろんご存じですよね?
あの不良中年と、漁色家の2人ですよ?
どっちも成層圏外の彼方にいた乙女の敵のオジサンじゃないですか⁉︎

英伝から離れていた期間、私に何があったのでしょうか?ww


私にもまったくわかりませんが、ヤンのストレートな毒舌よりも、もう少しひねりがきいたシェーンコップの毒舌のほうが、いつの間にか好みだと思うようになった私がいました。

ロイエンタールのほうも同じで、彼のような、知的なのにツメが甘い破滅型のデキる男のほうが、美貌で天才肌のラインハルトや、非の打ち所がない王子さまのキルヒアイスよりも、はるかに魅力的だと感じるようになっていたのでした。

どうしても何か理由をつけるとしたら、大人になった‥.ということなのでしょうか‥‥‥?
物語のキャラの時間は停まっているけれど、私の時間は進み続けています。
これはちょっと驚きの発見と認識でした。


銀河英雄伝説は、今でもたまに読み返すけれど、この2人は、今も変わらず私のハートを独占したままです。

あくまでも物語のキャラとしてなので、現実世界で、あのタイプのお兄さん達についていったりはしませんけれどねww

オトメゴコロは、かくも逞しく身もフタもなく‥.

今週のお題「部活動」


フィギュアの宇野昌磨選手を知っていますか?

羽生結弦みたいな派手さはないけれど、今現在、男子フィギュアの世界トップクラスに名を連ねる選手です。

彼はちょっと小柄で、羽生君くらいの背格好が多い今どきの選手の中に混じると、1人だけちっちゃいです。でも私の見たところ、彼はこの1年で10センチは大きくなっていると思いますけどね。

シニアにステップアップしたばかりの昨シーズンは、もっと小さくて、顔もお子ちゃまな印象だったのですが、昨年秋に開幕した今シーズン、1年ぶりに姿をあらわした今年19歳の宇野昌磨は、身長も伸びて、顔つきもはるかに大人っぽくなっていました。

そんな宇野くんを見ていて思い出すのは、私の中学時代の片想いの相手‥.バスケ部のH君です。


H君も宇野くんと同じ成長の遅いタイプでした。じつは私も153センチしかなくて、これでも中学の3年間で15センチ近く伸びたのです。

ようするに、私もH君もチビッ子仲間wだったので、小学生の頃から彼のことはよく知っていました。お互い最前列がずっと定位置だったし、クラスが違っても遠目からでも、整列する時にはイヤでも視界に入りましたからww

アメリカのプロバスケリーグで活躍した、小柄な日本人選手がいましたよね?2メートル級の巨人揃いのメンバーの中で、彼は1人だけ小さくて、日本人だからねと思っていたら、じつは彼は日本人の中でも小柄な部類の選手だったのでした。

身長が高いほうが断然有利なスポーツで、小柄な外国人選手が、全米トップのチームに籍を置くのは、並大抵の努力や実力ではまず無理だと思います。H君もそんな感じ(言いすぎw)でした。

私は部活でバスケットをする彼のカッコイイ姿を見て、それまでは圏外のちびっ子仲間だったはずのH君を好きになったのでした。

H君は文武両道に秀でていて、1年生にして生徒会書記に当選したのですが、彼の選挙ポスターは今でもはっきり覚えています。

白地に墨一色で、真ん中に大きく達筆でH君のフルネーム。右には、生徒会書記候補とクラスが、左には「清き一票をよろしくお願いします」それだけでした。誰の入れ知恵だったのか、中坊のくせに格好つけすぎのシブすぎるセンスでした。

イラストで飾られた色とりどりの他の候補者のポスターが、一気に子供っぽいシロモノと化してしまうほどインパクトがある、習字のお手本みたいなポスターで、無論すべて彼の直筆だという話でした。

立候補は書記ですから、もうこの時点で勝負あったなって感じがしたのを覚えています。

部活の練習試合での彼は、パスを回してゲームを組み立てるいわゆる司令塔タイプの選手で、めったにシュートは打ちませんでした。

大会に出場するようになっても、ここ一番の場面でシュートミスするような彼ではなく、小さな彼が大柄な先輩たちに手荒いやり方で褒められている姿も、生徒会選挙以降は、例のポスターのおかげで、全校生徒の注目の的になりました。

今の私なら、出来過ぎのところがちょい鼻につくタイプのH君ですが、お子ちゃま中学生の私の目には、トーゼン彼は身長さえ高かったら完璧だと映っていました。

そんなわけで、かつてのチビッ子仲間は、先輩からは可愛がられ、同級生には頼りにされて、後輩からも慕われる有名人になってしまいました。告られることもあったようですが、部活の禁止事項にでもなっていたのか、彼はずっとフリーのようでした。

私のほうは、有名人の友達になるよりも、遠巻きに眺めているような内気な乙女でしたから、告白なんか出来るわけがありません。
となると、彼のそばには近づかず、遠目から執拗に、日々観察に徹することになります。


好きな人の前ではろくに口もきけないような乙女でも、オトメゴコロというのは相当にたくましかったりします( ̄3 ̄)

バスケ部は何時ごろ、どこでランニングしているだとか、次の試合はいつで、彼はスタメンかどうか‥.そんな情報は友達経由で逐一はいってきます。追っかけ生活が始まりました。

こんな文具を使っているよと聞けば、同じのを探してきてペア気分を楽しんだり、仲間とふざけていた顔が可愛かったと聞けば、こっそり持ち込んだケータイで盗撮におよぶとか、今ならストーカー路線まっしぐらな行為に該当しそうですが、当時の中学生の生態なんてこんなものでしたよww

人気者の友達や彼女に立候補する度胸はないし、お近づきになるタイミングも難しく、もしもフラれたら‥.と思うと、片想いでも、このまま友達と内輪で勝手に盛り上がってるほうが楽しかったりもします。

結局、中学生の私は、ストーカーもどきの追っかけを満喫しただけで、世の他の中坊たちと同じく、片想いのH君に告白する勇気は最後までもてませんでした‥.。

これも今にして思うことですが、彼は中1で生徒会役員を務めて、それも特技を最大限に活かし、なおかつ縛りや責任はそれほど要求されない書記でしたから、相当に計算高く内申書の評価を考慮した結果だったのかもしれません。本当に頭が良かったんですね。

部活ではキャプテンではなく副キャプテンをつとめて、部活引退後は受験勉強に専念したH君は、難関の進学校に主席入学したらしいと噂で聞きました(頭の良さは認めるけど、こんな出来過ぎ君はあんまり好きになれない今の私w)。


中学を卒業すると、それっきり彼を見かけることはなくなり、思いがけない再会は、大学1年の夏に訪れました。

県外の某有名私大に進学していたはずのH君は、その夏は、地元の海水浴場の駐車場でアルバイトをしていたようでした。

信号待ちの渋滞で、たまたまその前を車で通りかかっただけの私は、初めは彼に気づきませんでした。

そのかわり、駐車場入口でH君と一緒に車両誘導していた相棒のA君のほうを、私は即座に見分けていました。

じつはA君は、H君の親友で、中学時代は大抵2人セットで行動していましたから、私はA君の顔も背格好も、利き腕が左だということまでよく知っていたのです。
加えて、空白の高校の3年間が嘘のように、A君の外見は、どこもまったく変わっていなかったのです。

A君の隣にいる、A君よりも背が高い相棒が、あのH君だと気づくまで、少し時間がかかりました。

だってH君は、A君よりも背が低かったはずなのですから。

手持ち無沙汰の様子の2人が、中学の頃によく見かけた、バスケのシュートフォームの真似をする遊びを始めた時でした。突然、私はA君の隣に立つH君に気づきました。

(彼だ!)
シュートフォームを見ただけで、私は彼が誰だかわかりました。中学3年間のストーカー行為もどきの観察の賜物でした。

私の脳裏に焼き付いた、バスケットボールを追う小柄な少年‥.中学時代のH君と部活の光景が一気に蘇りました。

けれど、そこにいたのは、私が片想いしていたあのH君ではありませんでした。

ひょろりと背の高い、肩幅も広く胸も厚くなって、おまけに顔面にはニキビが花ざかりの知らない青年でした。

身長は高くなっていたけれど、今の彼を完璧だと思う中学生の私はもういませんでした。

むかし片想いしていたバスケ少年と思いがけない再会をしても、私にはH君にかける言葉はなく、黙ってその場を離れました。




あれから随分たった今の私なら、あの場で彼に声をかけていたかもしれません。

にっこり笑って、久しぶりねとキチンと挨拶をして、ふつうに会話もできたかも‥.。

でも、もしもそうしていても、本当に言いたかったことは、今もきっと言えないままでしょう。

彼の顔を見た瞬間から頭に浮かんでいたけれど、あのとき言えなかったその言葉は‥.

プロアクティブしたほうがいいんじゃない?」

オトメゴコロって‥.強いよねd( ̄  ̄)

おせんべいでストレス解消してみる話

ストレスには甘いものがいいとか、ガムやミントがいいという意見もありますが、私の場合は、おせんべいがマストアイテムです。

おせんべいのいいところは、柔らかくて甘いものみたいに量を食べられないから、食べ過ぎて逆にストレスが悪化する事態を避けられるのがひとつ。

よほどの高級品でもない限りは、そんなに高くないし、専門店まで行かなくても、スーパーでそこそこ美味しいのが手に入る点がひとつ。

味もいろいろで、甘いのから激辛まで選び放題だし、固さのバリエーションも豊富。

でも一番のメリットは、硬いおせんべいを噛み砕くことで、攻撃対象を撃破した実感が得られることです。

ガムを噛むのが一番近いですが、ガムでは攻撃対象撃破の実感はイマイチ得られにくく、ガムを噛んでいると印象が悪いとか、とっさに飲みこめないなど、携帯しやすい反面、問題点もあります。

そんなことを言いだせば、おせんべいだってかばんの中で粉々に割れてしまったり、湿気るという問題がありますけれどww

でも、硬めのおせんべいを思いっきり噛み砕いていると、大抵のことなら我慢できる気がします。

次にストレス爆発しそうになったら、試してみませんか?

こんなにおせんべい推しの私ですが、おせんべいは硬いのか、堅いのか、固いのか‥‥‥悩んだ挙句、iPhoneに任せました。

でも、iPhoneも自信がないのか、次に入力すると、固いおせんべいと出たりするんですよねw

まだ一度も使ってないのですが、Siriならなんて答えるのでしょうか?

いろいろ設定で規制しているから、Siriに苦情いわれそうで、なかなかONに出来ないんですよね(*´Д`*)

【2】安心遠隔サポートは世界を救う‥.かもしれない



途中で何度か、操作手順を教えてもらってから電話を切り、数分後またかけ直してもらうという指示に従いながら、全部トータルで3時間近くかかって、iPhoneはまたバッジを表示するようになりました。

わかる人にはわかるだろう言い方でまとめると、こうなります。

【プッシュがフェッチになってしまっていて、いろいろ試してみたけど、シロウトが触りすぎていてどうにもならないから、再起動させて設定を最初からやり直した】


これを、初心者相手に、電話だけで説明したり、指示通りにスマホを操作させるのは、そう容易なことではありません。

安心遠隔サポートは、dキャリアの有料オプションで、専任電話スタッフが、iPhoneAndroidスマホの操作や設定を懇切丁寧に教えてくださいます。

はっきり言って、ここのサポートスタッフは、契約カウンターで担当したdショップのスタッフとは雲泥の差があります。

「ダブルチェックお願いしまぁす」を3回やったそのショップスタッフは、私が店長なら、彼女はまだお客様の接客を担当できる基準に達してないので、入口で用件を聞いて整理券を渡すだけの係に任命していたと思います。

カウンタースタッフなのに親切なふりも出来ず、いろいろとふつつかな物言いが目立った彼女の発言の中から1つ例に挙げてみます。


契約完了後、iPhoneタブレットをさっさと箱詰めする彼女に、私はずっと言いたかった質問をしました。

私「あのう‥.まだスマホタブレットの使いかたを聞いてないんですけど、取り扱い説明書はありますか?」

彼女「ありません(即答)」

私「えっ?でもガラケーしか使ったことないんで、スマホの操作手順の説明書とかないと困るんですけど」

彼女「自分で本とか調べてもらうしかないです」

私「その本はどこにあるんですか?」

彼女「自分でダウンロードしてください」


一事が万事この調子でした。
こんなでも自分に落ち度はないと思ってるようだから、ゆとり世代でも、もっとぜんぜん頑張ってる人達までもが、「これだからゆとりは‥.」って一緒にされて迷惑するんじゃないのかな。

dショップスタッフがみんなこうだとは言いませんが、「それは私の仕事じゃないんで」では、この国でサービス業はつとまりませんよね。クレーマーも増えてるかもしれないけれど、自分の不手際を客のクレームで片付けるような人間だって確実に増えています。


後でわかったことですが、契約プランの条件になっていた2ヶ月間の有料オプション契約の中には、さっきの安心遠隔サポートも含まれていました。

だから、自分の仕事じゃないことはやらないにしても、「安心遠隔サポートを申し込まれていますから、そちらをご利用ください」と引き継いでおくぐらいは、カウンタースタッフの仕事のうちだと思うんですよね。

ガラケーユーザーは、サポートが必要な携帯電話を持つのは初めてで、PCでもスマホでも、「設定済みのそれを使いながら覚える」のが初心者です。「番号キーないけど、どうやって電話かけるの?」なレベルの、右も左も分からない初心者には、「知ってて当然」はないのです。

私も新人なんで…は、言い訳になりません。客の側からすれば、スタッフがプロフェッショナルなベテランスタッフだろうと、今日から店に出たばかりの新人だろうと、関係ありません。

キャリアの側は、ショップ同士で、スマホ初心者の獲得合戦しているだけだったとしても、「丁寧にサポートしますから、初めてのスマホは当店で」と宣伝している以上は、客の側には「丁寧なサポート」を期待したり要求する権利があるのではないでしょうか?


カウンタースタッフの「親切なふり」、という無料オプションは、こうした部分をカバーするために必要なものだし、たとえ彼女が契約手続きを問題なく整えるのにいっぱいいっぱいだったとしても、そんなことは問題になりません。


翌日、私はiPhone一式持参で、ショップに契約解除に行き、最後には責任者の店長が出てきて平謝りされて、私はそこで初めて、知らない間に安心遠隔サポートを申し込んでいたことを教えてもらいました。

矛を収めて帰ったものの、もしも電話サポートのスタッフが、ショップスタッフみたいな相手だったらどうしよう‥.でもその心配は杞憂でした。

iPhoneAndroidタブレット両方なので、もう10回以上は電話していますが、感じの悪い人に当たったことはないし(通話内容を録音されてるから?)、電話の切り方がわかりませんwみたいな、シロウトのおバカな質問にも根気よく、かつ親切に相談にのってくれます。

もしもdキャリアのスマホ初心者で、操作や設定がわからなくて困っている人がいたなら、安心遠隔サポートをお勧めします。

Androidスマホタブレットなら、電話しながらの遠隔操作も可能だし、混んでいて待たされても、私の場合はせいぜい10分程度だったし、ショップに比べれば、待ち時間なんか無いに等しいですよ。

1ヶ月500円の費用はかかりますけど、充分に元は取れます( ̄∀ ̄)

安心遠隔サポートはスゴいです♪
頼りになります♪
ありがとう安心遠隔サポート(^-^)

【1】初心者が触れてはいけない領域

最後に、安心遠隔サポートのお兄さんが、遠慮がちにこう言われました。
「アカウントとかは、あんまり触らないほうがいいですよ」
私「すいませんでした〜〜(T . T)」

私は姿の見えないお兄さんに深々と頭を下げてから電話を切りました。



その奇妙な出来事は、10日ほど前から突然始まりました。
メールのアイコンにバッジがつかなくなったのです。

バッジというのは、メールが何通とどいているのかを知らせてくれる、メールのアイコンの右上に重ねて表示される数字のことです。

初めのうちはiPhoneもそうしてくれました。
ところが、ある時を境にiPhoneのメールアイコンにはバッジがつかなくなったのです。

メールのページを開いて、メールボックス(アカウントごとに3つもある!)にアクセスするか、メール本文のスペースでブログの下書きをしたりすると、用件が終わってページを閉じた辺りで、iPhoneは、ピロン♪とメール着信を知らせるようになりました。

最初のうちは気にしていませんでした。
それまで、dアカウントやキャリア関係のDMが届くたびにピロン♪ピロン♪うるさかったので、設定をいじったりアプリを削除したりして、やっと迷惑メール撃退に成功したところだったのです。

一緒に契約した(させられた)タブレットのほうは、使わないアドレスだからと放置しているせいか、日に2桁のメールが届いてます。

私用から大事な用件まで様々なメールが届くiPhoneには、ガラケーの時と同様、DMもメルマガもお断り設定が望ましく、そうせずにはいられなかったのです。

そのうち、私はあることに気づきました。
ピロン♪と鳴ってすぐに開いているにもかかわらず、メールが着信している時刻が数時間前だったりするのです。

さすがにこれはおかしいです。
私は専門家にSOSすべく、安心遠隔サポートへ電話しました。

まさか、それが問題解決まで延々3時間にも渡る、途方もなく長い電話相談になろうとは、この時点ではまったく気づいていませんでした。(つづく)