魔道ねこの目線

気になること、面白そうなこと、独断的考察などなど、思いつくままに書いてます( ̄▽ ̄)

「魔の2回生」今度は「共謀罪で逮捕」にいいね!(◎_◎;)⁉︎



都議選での安倍総理の街頭演説で「辞めろ」「帰れ」と騒いだ聴衆を、「共謀罪の疑いで逮捕すれば」というフェイスブックの投稿に、自民党工藤彰三氏が「いいね」をつけたそうです。

工藤氏は愛知4区選出で当選2回。
自民党の、例のアタマオカシイヒトが多い「魔の2回生」ですね。

工藤氏は朝日新聞の取材に、事務所を通して「昨晩、間違って押してしまった。今後は気をつけていきたい」と言い訳して「いいね」を取り消したらしいけど…。


《プロフィール》
工藤 彰三。自由民主党所属の衆議院議員。元名古屋市会議員。 父は第69代名古屋市会議長を務めた工藤恭弘。
生年月日は1964年12月8日 (52歳)



2回生とか若手とか聞くと、議員なりたての、まだろくに見識も社会経験もない、20代終わりか30代なったぐらいのボンボン議員を想像しちゃうけど、50代でこれってどうなんでしょうか。

パパの跡を継いでラクに生きてきた、苦労知らずのボンボンおじさんだからって、世間知らずにも程度ってものがありませんかね?

このひとよりずっと若い普通の会社員や、農家の跡継ぎのアラサー男子でも、この人よりはるかに苦労してるだろうし、給料ぶん以上に頑張ってるし、ここまで世間知らずじゃないと思いますけどね。

ネトウヨの戯言に「いいね」する前に、自分も「魔の2回生」なんだから、自重しようとか思わなかったのでしょうか?


っていうか、これは【共謀罪、こうやって使うんですよ〜】って宣伝なの⁉︎


ネトウヨの投稿に乗せられて、おバカなおじさんが「いいね」して、後から取り消したって話だけなら、馬鹿ばっかりじゃん、ですむ話だけど、警察が本当に動いていたらどうなってると思います…?
ちょっと想像してみませんか?


〜ある日の官邸〜

総理「いいね。あーいうのは共謀罪で処分するべきなんだよ。そのために成立させたんだからね。映像に残ってるだろうから、さっそく対処にかかってくれたまえ」

安倍っちが、そう言ったと仮定します。
内閣総理大臣の指示ですから、警察か公安かどこかの専門部署が動くことになるとします。(しつこいようですが仮定です)

で、映像解析や顔認証システムを使った、街頭演説で「帰れ!辞めろ!」と声をあげていた人達の身元や繋がりの調査が始まります。


免許証の登録データ辺りから名前と現住所が判明すれば、マイナンバーやクレジットカードナンバーから、勤務先や家族構成、友人知人に年収、社内での評価などなど、個人情報は調べ放題です。

たとえば、不倫をしていたり、取引先の会社との癒着に密かに関係していたり、過去に犯罪歴があったりとかしなければ、当面は、たいした被害はないかもしれません。

「知らない間に個人情報を調べ尽くされ」たって、その事実に当人が気づかなければ、プライバシーの侵害を訴えようもありませんから。

ただし、不倫や犯罪行為などが発見された場合は、当人が気づかない間に警察権力に弱みを握られることになります。そしておそらく、その情報は警察が必要とする時まで隠匿されます。


これまでなら、こんなやり方はプライバシー侵害で訴えることができたのに、「共謀罪の捜査過程で判明した事実」だと言われてしまえば、個人情報を勝手に調べられたり、弱みを握られたと後でわかっても、泣き寝入りするほかありません。

そして、また次の機会に「帰れ!辞めろ!」の声をあげようものなら、突然、知らない相手から電話がかかってくるかもしれません。


「あなた**さんと不倫してますね」とか「あなた過去の犯罪歴を隠していますね」とか、「あなたと取引先の**社の**さんとのご関係について…」とかいう内容で。

「この事実を誰にも知られたくなければ、今後は反社会的な意見に同調したり、余計な騒ぎに加わらないように…」ま、こんな感じですかね?

相手は、こちらがプライバシーの侵害を言い立てるまで身分を明かしたりしないでしょうし、身分を明かすしかなくなったら、「共謀罪の疑いで捜査中に判明した」のだと、平然と言ってのけるかもしれません。

あんまり反抗すると、警察へ任意同行を求められて、やってもいない冤罪とセットで、本格的に共謀罪に問われるかもしれません。

更に、そこでもしつこく反抗を続けるようなら、身柄を拘束されて、最後には仕事も財産も信用も全て無くしてしまうことになるかも…。


以上は、こうなるだろうなという想像です。
あくまでも私的見解だとお断りしておきますが、もしも本当にこんなことになったらどうしますか?

まぁここまでわかりやすかったら、安倍っちは「今度は警察を私物化かよ!」と叩かれて、今度こそカンカンに激怒した国民によって、解散総選挙前に自民党が消滅しかねない騒ぎになるだろうから、こんなわかりやすい取り締まりはしないだろうと思いますけどね(≧∀≦)


でもですよ、誰かさんにとって都合の悪い発言や証言をしたり、事実を追及をしただけで、警察に色々調べられたり、スキャンダルをでっちあげられたり、「夜道を歩く時は気をつけろよ」と、暗に言われたりしてる人たちが、もう既に出ていませんか?


よくわからないけど共謀罪に賛成したという人たちは、今さらだけど、自分が何に賛成したのか、今一度よく考えてみたほうがいいです。

そして、そんなシロモノを、安倍政権が、どんなふうに強引に可決、成立させたのか、こちらも忘れてはいけないと思います。

もう今さら手遅れだと思うかもしれませんが、我々がそんなふうに思い、諦めたり忘れてしまうことを、密かに期待しているだろう連中がいるのです。


私たちはそのことを忘れずに、折にふれて、彼等が嫌がるだろう出来事をこそ、何度でも思い出して、議論したり、想いをブログに書いたりすべきなのです。

スキャンダラスな報道の、枝葉の部分の言動だけを取り上げて、非難したり面白がるだけでは、どこかの誰かの思うツボでしかないと、どうか心に留めておいてください。


…とは言っても、こう次から次にありえないような騒ぎを起こされたんじゃ、いちいち覚えていられないかもしれませんけどねw

都議選惨敗の自民党、敗戦の弁の真実



安倍総理がまた「深く反省」?
してないしてない( ̄  ̄)
どうせ今度もまた口先だけだって。

これでもかってぐらい叩かれて、都議選惨敗してもまだ「多数派の今のうちにに改憲してから解散総選挙」するつもりなんですよね?安倍さん?そうなんでしょ?

今やっておかないと、もう次はないし、次の選挙で自分も党も多数派じゃなくなるかもしれないし、だからこれだけ叩かれてもまだ数の上では1強の今のうちに…って、まだそう思っています?

森友はともかく、加計学園共謀罪強行採決だって、結局はそれなのでは?ここまでのやりたい放題も、1強の今しかできない。今ならできる。だから強引にやった。残すは改憲だけ…そう考えてるとしか思えませんけど?

その結果、もしも次の選挙で自民党が再び大敗しても、安倍っちは俺は頑張ったって自己満足できるし、安倍政権に共謀罪成立だのをそそのかした連中も、一応の目的は達成されたんだから文句はないだろうし?

それに、安倍っちには強行採決で「黒幕連中に売りつけた恩」があるから、もう議員やったり天下りとかしなくても、悠々自適の老後が送れるのでは?

自分でも半分ぐらいその気でいるからこその、あのどうしようもない言動なんじゃないのかと思うんだけどw


秋葉原での「安倍やめろ!安倍帰れ」コールには、安倍っちも、ここまでやられるのかって、内心では感心するか呆れるか、ひょっとしたら面白がってたかもしれないけど、今回の選挙でつくづくわかったことがありますね。

あんたらみんなタレント気分なんじゃないの?ってことが。

国民の生活のことなんか誰も本気で考えてなくて、ただメディアで顔と名前を売って、選挙に勝って、人気があるうちは稼げるだけ稼ぐつもりなだけなんだって。

政治家じゃなくて、「政治屋」ね。
呆れるほどの計算高さも、いい加減すぎるのも、恥知らずな罵り合いや足の引っ張り合いも…それならば納得できるってものです。

表で稼げなくなるほどメディアで悪名を売ってしまったら、引退したと見せかけて裏で利権あさりか、馬鹿高い講演料とって自慢話を吹いて回るか、親切にしてあげたお友達の大学の客員教授にでも落ち着くとか?

なるほど。政治を商売にしている政治屋さんなら、ありがちな将来の展望なのかもしれませんね。

あなた方の給料が税金から出てるのでなければ、勝手にやってろって言ってあげるんですけどね。

客員教授といえば、中村あや氏あたりは確実にその辺りを狙っていたんじゃないかと、疑ってしまいますが、本当のところはどうなんでしょうか。


自民党でないと政治は動かせない。区長選で負け、逆風の厳しい選挙でも将来を考えると、自民党から出ることが私のためにも都民のためにもなると思った」

とか言っちゃってましたけど、じつは内田御大をバックにつけて、首尾よく当選してたら、小泉進次郎に並ぶ自民党若手のホープの座を狙ってたんじゃないの?

第二の小池百合子になるのはそれからでも遅くない。自民党議員なら、万がいち途中でしくじっても、それまでのキャリアを活かして最後はどこかの客員教授にでもおさまって、これで老後も安泰ね、とか考えませんでした?

だから、都民ファーストと自民を天秤にかけて…欲に負けて選び間違えた…とかだったりしてね(≧∀≦)

おいしい話につられて都民ファーストから自民に鞍替えしたのも、素敵な未来と可能性を約束されたからで、それならスパイ呼ばわりされても我慢できると思ってその気になったのに、フタを開けてみたら自民党惨敗。

「報道で取り上げられている内容含め、皆さま脇が甘いと思います」「人を罵倒したり、お金の問題、恋愛、人間関係とか、国民の信頼を失うようなことばかりしている時点で、すごく恥ずかしいし情けないと思います。」

(おいおい姉ちゃん、落選したからってそこまで言うか?自民党の偉いさん連中にあれだけ応援してもらって、そりゃないだろう)って声が聞こえてきそうだけど、これ、自民党に裏切られたからこその「話が違うじゃないのよ⁉︎」って怒りなのでは?

それならここまで言ったのもわかる気がしますけどね。あれだけの顔ぶれに応援されて、まさか落選するとか本人も思ってなかったんだろうし。考えが甘すぎたというか、揃いも揃って国民なめすぎだったってことなんですけどね…。

中村あや氏も、小池チルドレンのひとりじゃ自分が目立たない、と考えたまでは良かったんだけどねぇ( ´Д`)y━・~~



それにしても、当選した都民ファーストの若手連中だって、勝ち組ねらいだったのが露骨な面々か、小池さんに乗せられただけの半分シロウトみたいな連中ばかりで、ろくな人材いそうにないような…(>_<)

計算高く勝ち組について、小池人気で当選しただけなのに、さも自分の力のように思い込んでいるタレント気分のシロウト集団…にしか(今のところは)見えませんね、残念ながら。

安倍チルドレンの末路は失言連発、大ラスは「このハゲ〜」だったけど、小池チルドレンは、さて…どうなるんでしょうね。

そう思ってたら、小池さん、都民ファーストの代表を降りましたね。

都知事の仕事に専念って、選挙に勝って邪魔者一掃できたし、発言力を支える都議会での数の基盤ができたから、もう半シロウト集団の教育は他人まかせにするつもりなんでしょうか?まさか違いますよね?

それとも、こちらも計算高く「初めから代表は選挙期間中だけの一時的なもの」だったんですか?
都民が期待しているのは都知事小池百合子にであって、都民ファーストじゃないってことなんですか?小池さん?

やれやれ…「他にいないから安倍、他よりマシだから自民党」が、『他にいないから小池、他よりマシだから都民ファースト』に変わっただけ?

害毒でしかないサル山のボスと、そのおつき連中を追い出したのはいいけど、代わりを埋めるのが、まだ海のものとも山のものともしれない経験不足の、毒にも薬にもならないシロウト集団じゃ、小池さんはやりやすくても、別の心配が浮上してきませんか?

都議会レベルだけど、例によって、選挙で顔ぶれは変わったけれど、とどのつまり本質的には何にも変わってないような…そう思うのは、私だけなんでしょうか?

今回の都議選では公明党がガッチリ足もとを固めたみたいに、小池百合子氏も、いずれ国政に打って出るための足もとを固めつつある…と見るのが正しいのでしょうか?


安倍っちと自民党の「反省」って、今回は自分達が勝ち組になれなかったことに対しての反省なんですよね?

失態続きが選挙の結果に影響したことは認めても、政策とか暴言とか、非常識な言動その他は今さら反省する気もないし、次でまた勝てばいいとか考えてますか?

とりあえず反省するって言って、使いみちのない奴を何人かまとめてクビにしておけば、敗戦の責任とったカッコもつくし、まだもうしばらく1強の座にしがみついていても許される…そう思ってるんですかね?( ̄^ ̄)


誰のための選挙?誰のための政治?

政治屋の、政治屋による、政治屋のためだけの選挙と政治なんですか?

安倍さん、あなたの敗戦の弁も最近の言動も、私にはそうだとしか思えませんけど…

NEWS ZEROなう(T . T)

今週のお題「もしも魔法が使えたら」


もし私に魔法が使えたら、小林麻央さんを健康にしてあげて、もっと長生きさせてあげたかったです……(T ^ T)

海老蔵さんのコメント聞きながら、もらい泣きです(>_<)

麻央さん、今日までお疲れ様でした。
やっとゆっくり眠れそうですね。

ご冥福をお祈りしますm(_ _)m

君の名は…?(無意識には、それじたいの論理がある)


ハンドル、ペンネーム、ニックネーム…自分で自分に別の名前をつける時、ひとは、どんな理由でその名前を選ぶのでしょうか?

全くのゼロから、錬金術のようにオリジナルな名前を生みだすひともいるかもしれません。
でも、大多数のひと達は、既に存在する名前をどこかから選んでくるのではないでしょうか…?

どこか、は、リアルの自分に関係しているもの…リアでのニックネームだったり、ヒイキのアーティストの名前や通称、ブログの内容次第では、職業がわかるものだったりするかもしれません。

リアルの自分とは全く無関係な、好きな本や映画の登場人物や、アニメのキャラクターというパターンもよくあります。

錬金術型以外のタイプは、その名前がすでにもっている既成概念から、そのブログを書いているひと、書き手の性格や主張をイメージしやすいというメリットがありますよね?


たとえば、「ヨッシー」という名前のひとが書いているブログに目をとめたとします。

リアの友人ヨッシーのイメージを内包したままそれを読んで、「ヨッシーって面白い奴が多いよね」とか、「自分が知ってるヨッシーとはぜんぜん違うなぁ」などと、無意識に比較してしまったりしたことがありませんか?

ブログタイトルが『正義の味方ヨッシーのお助けブログ』なんかだったりすると、「リアルの友達ヨッシー+助けてくれる正義の味方」の両者が合体して、そんな理由で知らない相手に親近感がわいて、メールで個人的な相談をしてしまったり…なんてことにも?


【念のためにお断りしておきます】

ここに出てくるのは「架空のヨッシー」であって、同様にもしも「正義の味方ヨッシーのお助けブログ」が実在した場合も、このブログの内容とは完全なる無関係ですので、あしからずご了承くださいm(__)m


キャラクターだと、たとえば「のび太」か「綾波レイ」か「しんちゃん」か、あるいは「アラゴルン」か「ガンダルフ」か「R2D2」か「R.ダニール」であるかで、出典がわかれば自動的にキャラのイメージもわいてしまいます。

これらは 某サイトで実際に見かけたニックネームですが、「のび太綾波レイ、しんちゃん」だと、一緒にアプリをやるにしても、あんまり強力な仲間になりそうにないイメージがありませんか?

つまり、「のび太」という名前を選んだユーザーが、その名前を選ぶことで、「僕はガツガツやらないからね。仲間に選ぶならそのつもりでテキトーによろしく」というメッセージをこめている可能性は、決して低くないと考えられます。

意識的にそうしている場合もありますが、無意識でも同じことだし、のび太を仲間に選んだあなたの選択にも同じことが言えます。ネーミングとは、そのくらい色々と含みがあるものなのです。


このネーミングの際に、リアの関連情報から選ぶか、架空の存在の中から選ぶのかは、既にこの時点で、ブログに何を書いてゆくのかを大きく左右してしまいます。

ニックネームの頭に職業をつけた、弁護士や会計士、司法書士***のブログというのをよく見かけます。

こちらは職業的見地からの専門的な意見や、日々の仕事内容が克明に綴られていたりするのでまた別物なんですが、普通はブログにリアル情報をどこまで容れるのかは、そのブログを書いてゆく上での今後を大きく左右する問題です。

初めにこの辺りまで、と、ラインを引いておいても、どんな内容を書くのかの選択が無意識に任されているなら、あらかじめ設定したラインは、書いてゆくうちにズレたり動いたりするものです。

外部リンク等から、他のSNSの仲間や友人、リアルの友人知人がブログを読んでくれることを期待するなら、ニックネームの統一だとか、書く内容にも注意を払わなければなりません。

不特定多数むきに書いている文章の場合、予想外の繋がりが原因で、別の場所での仲間や友人との付き合いに支障をきたすこともあるし、写真やブログ内のエピソードから、個人を特定されてしまう危険もあります。

知ってるひとから「**さんじゃない?」と言われるのは歓迎しても、苦手なひとや嫌いなひと、ストーカー気質の知人が相手では困ってしまいますよね?

リアとは無関係な相手なら、ブロックしておしまいですが、苦手だからといって、リアで顔を合わすような相手をブロックするしてしまうと、また別の問題に発展してしまうケースもあります。

昨今ではSNSのみの付き合いであっても、ブロックしたら、された相手が逆上してトラブルになったり、別の場所でブロックしている相手が、正体を偽って近づいてきている場合もあるので、油断は出来ません∑(゚Д゚)

ありがちなトラブルを例に挙げると、仲間の協力が必要なSNSのゲームなどで、リアの友人知人や職場の仲間と繋がっている場合に多いのが、まさか相手が読んでいるとは思わずに、うっかりブログに職場や友人の噂ばなしや愚痴などを書いてしまって、関係がこじれてしまうケースです。

錬金術型のニックネームを使うユーザーは、こうした経験をしているか、SNSでまで面倒な付き合いをしたくない、というひとが過半数にのぼるだろうと考えられます。


マイナスばかり挙げてしまいましたが、勿論リア繋がりには、いい面だってあります。

投稿記事への反応が早いとか、コメントやいいね等をもらいやすいとか、相互フォローしあって固定読者を増やしたり、読者やコメが多いことで無関係なユーザーへの好感度アピールに繋がるなどです。


一方、友人が読んでも気づかないようなキャラとニックネームで、せっせとブログを書いたり、アバターやゲームに課金するひと達もいます。

私はこちら側ですが、これはどちらがいいとか悪いとかいう話ではありません。

このくらい書けば、自分がどちらのタイプであるか、それによってブログで書く内容が、意識と無意識の両方で左右される理由にも見当がつくのではないでしょうか。


リアと無関係なニックネームを使って、リアで個人を特定されないようなブログを書く場合も、記事の内容はわりと特定されます。

でないと、ごく日常的なエピソードなどを頻繁に書いてしまったら、一度や二度なら偶然で片付けて、「似たような経験しているひともいるなぁ」で済んでも、回数が重なれば「私よ!私。誰だかわかるでしょ」と言っているのも同じことになるからです。

また多くの場合、「一度でアレ?」と思われる確率は非常に高いのです。何故なら「面白いエピソードの大半は、その人のキャラや語りくちに依存している」ため、部分的に事実を伏せたり脚色すると、面白さが半減してしまうのです。

だからと言って、オモシロ話をそのまま書いてしまうと、面白い話ほど他人は細部まで記憶していたりするので、「アレ?これって書いてるのあのひとなんじゃ…」という事態に陥るわけですね。

友人に正体がバレるくらいは平気、と思うかもしれませんが、ひとりにバレたら他でもバレる覚悟は必要だし、その場合、「バレてもOKな仲間にだけバレる」とは限りません。

難癖つけたり、嫌がらせみたいな書き込みをするようなヤツだったり、細部まで熟読してアレコレ追及してくるような、「リアでも対処に困るような相手に知られる」確率のほうが、往々にして高いと考慮しておくべきです。


そんなわけで、安全な時事ネタや政治関連の記事が多くなる(笑)とか、ハウツー本みたいな内容のもの、料理やスイーツなど、趣味のテクニック部分をメインにしたブログ書くひとが多くなる傾向にあるようです。

他にも「のび太」な気分で別人になりきるのを楽しんだり、文字によるコスプレで「綾波レイ」や「しんちゃん」になりきる、というひともいるでしょう。

アニメならともかく、綾波レイやしんちゃんは、リアで付き合うには、相当に難しい相手ですから。
でも、そのニックネームで、そのキャラならば許される…のではないでしょうか?


もっとも、キャラを演じるなら演じるで、中途半端だと痛いコスプレもどきだし、綾波レイが途中で別人になったり、しんちゃんがおねいさんに全く反応しないのもヤバいとか、結局はここでも色々と縛られてしまうのですがw

それでも、日々ニュースのチェックが必要な、時事ネタや政治関連の記事を書き続けるとか、ひたすらハウツーものをまとめるよりは自由だし、固定ファンもつきやすいかも?

どんなブログにもファンはつくだろうけど、固定ファンや読者の期待に応え続けるのは大変です。

なによりも、自分のテンションを保ち続けるのが一番キツいし、人気のブロガーになって、ランキングだのアフィリエイトだのに関わるには、相当な根気とある種の才能が不可欠です。

つまり、なんでもそうだけど向き不向きがあるわけで、ひとつ言えるのは、どんな名前を選んでも、途中で変えたりしない限り、自分が選んだ名前や、それに付随する情報に縛られるということです。

リア情報を多用している場合は当然そうなるし、仮にアラゴルンという名前を選んだら、アラゴルンへの思い入れや知識や情報に縛られて、その名前でクレヨンしんちゃんみたいなキャラを演じたりはできない、ということなのです。(なかには例外もいるかもしれませんがw)


このネーミングを意識的にやるか、無意識の内なる声に導かれてやるのか…この辺りは性格にも大きく左右されそうです。

前者は緻密で論理的、後者は感覚的で自由奔放な選択なのですが、こう書くと、ここでも「緻密で論理的なほうがカッコよさげじゃない?」とか、実際に緻密で論理的なタイプ(理屈っぽい堅物クン)が、「感覚的で自由奔放な自分」を演じてみたくて天邪鬼なことをする…みたいな人たちも現れるんですよねw

無意識の選択は、いつでも必ずしも正しいとは言いきれないけれど、正しいか正しくないかとは別に、何故かその選択をする自分の内面にあるものに気づかされたり、新しい自分を発見させてくれたりもする、そんな独自の論理を持っているようです。


このブログで銀河英雄伝説のことを書いた時に、私の子供の頃のイチオシは、ラインハルトとキルヒアイスだったのに、いつの間にか、シェーンコップとロイエンタールが贔屓になっていたwというくだりが出てくるけれど、これも無意識の論理に従った選択の結果ではないかと思っています。

分析してゆくと、ティーンだった頃の私が、ジークフリード・キルヒアイスに重ねて見ていたものと、相手がシェーンコップやロイエンタールの場合とでは、明らかに異なります。

タイトルは、ズバリ【銀河英雄伝説で大人になる⁉︎】ですが、私たちは無意識と意識的な選択の両方をくりかえして、大人になったり、自分自身を知ることになるのだと思います。

意識せずにやることを無意識と呼ぶのですが、こういう感じに分析してゆくと、なるほど、無意識には、それじたいの論理があるようです。

でも、こうやってじっくり考えてみると、無意識って……怖いですねぇ( ̄д ̄;)

安倍政権と共謀罪(別名)テロ等準備罪


やりたい放題してきたツケがまわってきて、ついに安倍政権の支持率がダウンしましたねぇ(^_^*)

安倍総理が会見で「深く反省」と陳謝しても、誰の見るところも「あんなの口先だけじゃん!」なのが見え見えで、輪をかけて終わってる感じがしますね( ̄^ ̄)

このまま次の憲法改悪(自民党憲法改正草案は、9条2項を削除し「国防軍」の創設を明記する)まで、しぶとく往生際悪く、突き進むつもりなのでしょうか?


安倍政権は、どうやらメディアの報道で意図的に森友問題を煽って、国民の関心を再び森友学園と不正受給問題に持っていこうと画策しているようにも見えます。

同時に加計学園のほうもセットで煽って、またしても文科省や怪しげな書類が出て来たと思ったら、今度は萩生田さんなんてひとにスポットが当たりました(・_・;

…で?共謀罪強行採決の件は、与野党もメディアも、ひとこともなしですか?
メディアが取り上げないのは、安倍政権からの指示?それとも自主規制なんですか?


森友学園問題では、安倍総理は以前に、「この件に私や妻が関係していた場合は…」って言ってしまいましたよね?
言った以上は『色々バレたら総理やめなきゃならない』から、集中審議して、ちゃんとやりますよ~的なことをいくら言っても、当然そんなのは口先だけのことで、本気でやるわけがないんです。

ようするに、この期に及んでもまだ安倍っちは、『国民には、都合の悪いところはうやむやにしてしまおう』作戦を通そうとしているみたいだし…ちょっと国民バカにしていませんかね?
でもそう思うしかないんですよね、あの嘘っぱち発言だと。


確かに、今回の家宅捜査でやり玉に挙げられている森友学園の不正受給問題では、誰が見ても籠池氏は、「限りなく黒に近いグレー」なんじゃないのかと、思いますけどね。

残念ながら、本人が主張しているように、完全な白だとは思えません。
氏の言い分は、不正仲間から切り捨てられたことを、逆恨みしているだけのようにしか聞こえませんから(T . T)


とはいうものの、現時点で判明しているこの「不正」の内容じたいは、一世を風靡したあの号泣県議が、政務活動費の約913万円をだまし取ったとして、詐欺と虚偽有印公文書作成、同行使罪に問われたアレと同種の、ありがちな詐欺なんですよね。

つまり、それをやれる立場にあり、やり方を知っていて、チャンスさえあれば、厚顔無恥な輩の相当数が、平然として悪気もなくやっている「ごまかし」です。

出張してないのに、行ったことにして、かかった費用を申請して着服するのと、政務活動費で「ありえない金額の切手を買って後で換金する」のと、保育士の人数の水増し請求と、一体どれほど違いがありますか?

事件の発覚も、ほとんどの場合、「やり過ぎ」を咎める内部の人間による暴露か、やりすぎたせいで内偵はいって証拠固めされてから、偶然に発覚したように装って処分されるかたちになっている点など、ここでも共通しています。


この問題の焦点は、水増し請求よりも忖度問題のほうなんですが、「忖度問題を忖度する(?)輩」でもいるのか、こちら方面への追及は一向に進んでいません。

なにしろ安倍総理絡みで、彼の進退にも関わるかもしれない忖度問題ですから、もしも本当のことを言って、総理を退陣に追いこんだりしたら何人のクビが飛ぶかわからないし、別の何かで国民の関心を故意に忖度問題からそらしてでも、あくまでしらを切り続けるほかないでしょう。

それを裏づけるかのように、籠池氏の家宅捜査を派手に報道させたと思ったら、加計学園のほうも、またしても文科省とごたついている構図をチラつかせてますよね?

その一方で、官邸とメディアがスケープゴートにまつり上げた、籠池氏の「個人的な不正の部分」だけが、繰り返しクローズアップされるという、偏った報道になっていませんか?


共謀罪成立の影の黒幕を、私は安倍政権じゃなく警察検察だと考えているので、「でっちあげの冤罪事件で名を売った大阪地検」によるガサ入れのほうが、よほど気になりますねぇ( ´Д`)

大阪地検といえば、無実のひとに嘘の自白を強要して拒否されると、関係者に虚偽の自白をさせて、でっちあげで無実のひとが有罪になるように仕向けた事件が露見して、とんでもない騒ぎになったという前科があります。

私もですが、このせいで警察や検察を信用しなくなったひとは少なくないと思います。
その大阪地検ですから、今度は何をでっちあげるつもりか、あるいは官邸と共謀して都合の悪い事実や証拠を握りつぶすものやら、知れたものではありません。

メディアもメディアで、不正や不祥事を起こした相手や政権によって、これまでにも報道の内容を手控えたり、極端に偏った報道に終始するなど、こちらもまったく信用がおけません。

ここまで揃ったら、一切合切を籠池氏に押しつけて、「忖度問題を闇に葬って、籠池問題を解決する」ぐらいのことは、やりかねないだろうと私は考えています。


野党は野党で、バカの一つ覚えのように、森友では総理夫人を出せ、加計学園でも総理の友人を出せ、忖度があったのかどうかハッキリさせろ、と、言ってもムダなことを言い続けています。

不利を承知で安倍陣営が、総理夫人や総理の友人を、参考人としてでも審議の場に出したりするわけがないことくらい、とっくにわかっていそうなものなんですが…。

そして、ここでその代わりのように出てきたのが、いかにも「怪しげな陰の実力者」、官房副長官内閣人事局長の萩生田氏です。

ツッコミどころ満載というか、「火をつけて燃やすための藁人形」役を「みずから買って出た腹心の忠義者」といった役どころでしょうか…?それとも、勝算ありきでの真打ち登場なのでしょうか?

さらにはこのひと、官房副長官なだけでなく、各省庁の人事管理のトップに居座る局長なだけに、文科省のはねっかえり役人のクビを飛ばしたり、すげ替えるぐらいは、朝飯前なんじゃないかと思いませんか?

でも、ひょっとしたら、そう思わせるのも計算のうちだったりして…(・・?)


それにしても、メディアの報道も野党の追及も、森友学園加計学園、萩生田氏に文科省と、わかりやすくアピールするものばかりに終始して、いつの間にやら共謀罪強行採決の事実も忘れられてしまいそうです。

初めから計算ずくなのが疑わしい与党はさておいても、野党もメディアもそれでいいんですか…って、思いませんか?

じゃあ、なんだって共謀罪であそこまで大騒ぎしてたんですか?断固として反対するだの、民主主義の崩壊だのと、国民と一緒になって声を荒げて大騒ぎしてから何日経ってます?アレはただのポーズだったんですか?


これが、私が与野党どちらのの公式見解も、メディアの報道も、まともに取り合う気になれない理由です。
一事が万事、ヤラセだったんでしょうか?

今度もまた、与野党の言動もメディアの報道も、国民の意識を共謀罪からそらすために、ことさら忖度問題を蒸し返したり、スケープゴートをメディアで公開処刑することに全力を注いでるようにしか見えません(>_<)

それもこれも、往生際の悪い安倍っちが、事ここに至ってもまだ総理を続けたくて、国民の支持を失いつつあることを認めたがらないからなんでしょうけど…。


他にいないから安倍晋三、他よりマシだから自民党…我々のその選択の結果がこれです。

さすがにこのままではヤバいと思うひとが増えた分だけ、安倍政権の支持率が下がったわけです。

まだあります。
私が政治家でも官僚でもないからこそ思うのかもしれませんが、今さら忖度問題の徹底究明とかをぶち上げている野党も…どうかしてますよね?

野党は今ここで、安倍晋三に代わる人間を立てれば、次の政権奪取のチャンスなんですよ?

代わりがいない、ろくな奴がいない…国民が判断するのは自由だけど、自党に、ろくな奴がいないなら、ちゃんとしたひとを発掘してくるとか指導育成するとか、とっくにやってなきゃいけないのでは?

もしやっていたなら、野党の**を次の総理にって、声くらい聞こえてきそうなものなのに、聞こえてくるのは、今いる党を離党して都議選に出馬とか、本末転倒な話ばかりです。

いつまでも忖度の究明とか、くだらないことで騒いでいる場合ですか?
忖度事案なんて、普通なら表沙汰にならないから国民は知らないだけで、談合疑惑と同じぐらいありふれているんじゃないの?

仮に、議員も議会も承知の上で、忖度問題で大騒ぎしているとしたら、とんだ茶番もいいところだし、野党には人材がいないんじゃなくて、単に「やる気がない」だけなのでは?
そんなだから自民党が図に乗ってやりたい放題するんじゃないですか?


安倍さんも籠池氏も往生際が悪いけれど、粘ればどうにかなりそうに思える弱みを持ってる側にも、問題があるのではないかと思いますね。

そうやって大騒ぎしている間にも、大阪地検みたいな信頼に値しない警察権力が、共謀罪の拡大解釈を虎視眈々と狙って、ここだけは緻密に用意周到に準備を怠らないだろうと思うと、薄ら寒いおもいがするのは、私だけなのでしょうか…?

往生際の悪い安倍政権や、籠池氏の不正なんかよりも、放置してはおけない問題が放置され続けているような、そんな気がしてなりません。