魔道ねこの目線

気になること、面白そうなこと、独断的考察などなど、思いつくままに書いてます( ̄▽ ̄)

【2】安心遠隔サポートは世界を救う‥.かもしれない


途中で何度か、操作手順を教えてもらってから電話を切り、数分後またかけ直してもらうという指示に従いながら、全部トータルで3時間近くかかって、iPhoneはまたバッジを表示するようになりました。

わかる人にはわかるだろう言い方でまとめると、こうなります。

【プッシュがフェッチになってしまっていて、いろいろ試してみたけど、シロウトが触りすぎていてどうにもならないから、再起動かけて設定を最初からやり直した】


これを、初心者相手に、電話だけで説明したり、指示通りにスマホを操作させるのは、そう容易なことではありません。

安心遠隔サポートは、dキャリアの有料オプションで、専任電話スタッフが、iPhoneAndroidスマホの操作や設定を懇切丁寧に教えてくださいます。

はっきり言って、ここのサポートスタッフは、契約カウンターで担当したdショップのスタッフとは雲泥の差があります。

「ダブルチェックお願いしまぁす」を3回やったそのショップスタッフは、私が店長なら、彼女はまだお客様の接客を担当できる基準に達してないので、入口で用件を聞いて整理券を渡すだけの係に任命していたと思います。

カウンタースタッフなのに親切なふりも出来ず、いろいろとふつつかな物言いが目立った彼女の発言の中から1つ例に挙げてみます。


契約完了後、iPhoneタブレットをさっさと箱詰めする彼女に、私はずっと言いたかった質問をしました。

私「あのう‥.まだスマホタブレットの使いかたを聞いてないんですけど、取り扱い説明書はありますか?」

彼女「ありません(即答)」

私「えっ?でもガラケーしか使ったことないんで、スマホの操作手順の説明書とかないと困るんですけど」

彼女「自分で本とか調べてもらうしかないです」

私「その本はどこにあるんですか?」

彼女「自分でダウンロードしてください」


一事が万事この調子でした。
こんなでも自分に落ち度はないと思ってるようだから、ゆとり世代でも、もっとぜんぜん頑張ってる人達までもが、「これだからゆとりは‥.」って一緒にされて迷惑するんじゃないのかな。

dショップスタッフがみんなこうだとは言いませんが、「それは私の仕事じゃないんで」では、この国でサービス業はつとまりませんよね。クレーマーも増えてるかもしれないけれど、自分の不手際を客のクレームで片付けるような人間だって確実に増えています。


後でわかったことですが、契約プランの条件になっていた2ヶ月間の有料オプション契約の中には、さっきの安心遠隔サポートも含まれていました。

だから、自分の仕事じゃないことはやらないにしても、「安心遠隔サポートを申し込まれていますから、そちらをご利用ください」というぐらいは、カウンタースタッフの仕事のうちだと思うんですよね。


翌日、私はiPhone一式持参で、ショップに契約解除に行き、最後には責任者の店長が出てきて平謝りされて、私はそこで初めて、知らない間に安心遠隔サポートを申し込んでいたことを教えてもらいました。

矛を収めて帰ったものの、もしも電話サポートのスタッフが、ショップスタッフみたいな相手だったらどうしよう‥.でもその心配は杞憂でした。

iPhoneAndroidタブレット両方なので、もう10回以上は電話していますが、感じの悪い人に当たったことはないし(通話内容を録音されてるから?)、電話の切り方がわかりませんwみたいな、シロウトのおバカな質問にも根気よく、かつ親切に相談にのってくれます。

もしもdキャリアのスマホ初心者で、操作や設定がわからなくて困っている人がいたなら、安心遠隔サポートをお勧めします。

Androidスマホタブレットなら、電話しながらの遠隔操作も可能だし、混んでいて待たされても、私の場合はせいぜい10分程度だったし、ショップに比べれば、待ち時間なんか無いに等しいですよ。

1ヶ月500円の費用はかかりますけど、充分に元は取れます( ̄∀ ̄)

安心遠隔サポートはスゴいです♪
頼りになります♪
ありがとう安心遠隔サポート(^-^)