魔道ねこの目線

気になること、面白そうなこと、独断的考察などなど、思いつくままに書いてます( ̄▽ ̄)

素敵な未来が待っている(T . T)


国民がまだ眠ってる早朝の強行採決…。
一体、誰のための共謀罪なんでしょうか?次から次へとやってくれますね( ̄д ̄;)

そして今度は、メディアを使って、さっさと加計学園問題にシフトして、「総理のご意向」文書の存在を認めて、そっちに注意をひいて、共謀罪強行採決の件もさっさと過去の出来事にしてしまうつもりなのでしょうか?

『幕の後ろに隠れている別の黒幕』の中でも書いたけど、幕の後ろから伸ばした糸で官邸を操ったり、このシナリオを描いたのは、やっぱり検察あたりなんでしょうか?


表向きは、与党は加計学園問題の追求をかわすため採決を急いだ、野党は最後まで採決に反対して抵抗したって図式になってますけどね、国会の公式発表も、メディアの報道も、信用する気にはなれませんね。

追及をかわすためのはずが何故か存在を認めてしまった文書の公表も、内閣府と話がついたか、裏工作が完了したから公表OKにしたのでしょうか?

察するところ、「共謀罪の件はちょっと置いといて、じゃあ文書の件がでた加計学園問題から先にやりましょうか」って…あからさまなミスリードなんじゃないの?優先順位つけたのは単なるポーズでしょ?

この件では、何が出て来ようと、与野党どちらの言い分もメディアの報道も含めて、一事が万事どれも大ウソなんじゃないかって、まず疑ってかかったほうがいいと思いますね。



ところで、今年になってからの安倍さんって、突如として北の将軍様か、嫌われ者の某大統領みたいに幼児化しちゃってましたよね?

独裁政権でもつくるつもりなの的なやりたい放題だったけど、東京五輪まで、まだまだ総理やりたいはずの安倍っちが、なんだって突然ここまでやりますかね?おかしいでしょ?

これだけとっても、自民が数の多さで共謀罪採決を押し切ったって、そんな報道を素直にそのまま信じるんですか?何故そんなことをしたのかは気にもしないんですか?

自民一強だからこそ、与党は少しでも今の体制を長続きさせて、ずっと実権を握っておきたいと考えるのが普通じゃないかと思うんですけど…違いますか?

だとすると、ちょっとやり方おかしくないですか(・・?)

そもそも、安倍さんがこの先も総理でいたいのなら、強引に採決にもってくにしても、やっぱ支持率が関係してくるだろうから、もう少し国民に言い訳くらいしそうなものですけど、何故それをしなかったのでしょうか?

ひょっとして、追求されてヘタなこと言って、みずから墓穴を掘らないように隠れてたんじゃないの?

思うんだけど、こういう種類のワンマン社長みたいな強引さとか、有無を言わせぬ実力行使とかって、あんまり政治家のやりそうなことじゃないですよね?

こういうのは警察や検察あたりこそ得意そうだけど、日和見主義と忖度で成り立ってきた、日本の政治家や官僚のやり方じゃないんじゃないのかなぁ?

もちろん、彼等がやり方を変えた可能性もあるけど、それでもやはり何故いまここで、総理や与党が非難の矢面に立たされるような忖度問題や、共謀罪強行採決なんかで方針転換をはかったのか、という疑問は依然として残ります。

方針転換するならするで、もっと国民に受け入れられやすい穏やかな案件を選ぶことだって、いくらでも出来たはずなのですから。

要するに、どう考えてみても、共謀罪法案を通したかった真の黒幕は、自公連合じゃなくて、その背後に隠れていた『警察や検察?』だったのではないのか、と、思うしかないわけです。


加えてもうひとつ。
実際問題として、共謀罪法案が成立しても、ほとんど状況が変わらないし、プライバシー侵害の心配も不安もないひと達がいます。

一国の首相とか政府高官とか、それなりの地位にあったら、警護の名目で四六時中ずっと監視されてるのと同じだし、プライバシーもあったもんじゃないってぐらい想像つきますよね?

しかも、引退後も元首相だの元政府高官だのは、無名の市民よりもはるかにテロや誘拐等の犯罪の標的にされやすそうですよね?
だったら、共謀罪でのプライバシーの侵害なんかは二の次にしてでも、「とにかく俺を守ってくれ」という人達の賛成大多数…と、なるんじゃないでしょうか?


黒幕A「安倍さん、いい加減この辺りで共謀罪法案を通しておいてくれませんかね?そうしてくれたら、政権の支持は約束しますし、あなたが政界を引退した後も、我々が責任持ってテロの危険からお守りしますよ…」

黒幕B「採決までのお膳立てはこちらで全部やりますから、シナリオ通りにやってくれればいいです。先々の展望や危険もよく考えてみて、ここらで我々に恩を売っておいたほうが賢明だと、すぐにわかると思いますよ」

…とか、悪代官みたいな顔つきの検察官僚だのOBだのが、ニヤニヤ笑いながら、料亭や官邸の一室で密談しているところを想像してしまうのは、私だけなのでしょうか?


他にいないから、という理由だけで安倍政権を支持したり、ろくに調べも考えもしないで共謀罪は必要だっていうひともいるようだけど、警察権力が不必要に力を持つなら、この先に待っているのは自国の軍国化、その先は暴力による支配と戦争…それぐらいは、ちょっと歴史を調べれば誰でもわかる成り行きなんですよ?


安倍政権を強者に見立てて、強い側についたつもりで、自身の安心安全を得るのもひとつの生き方でしょう。

自分たちはアベノミクスで成功した側だと、他者を踏みつけて見下したり、雇用問題を解決してくれたじゃないか(雇用の質は劣化して、非正規が増えただけなのに?)と、思いこむのは個人の自由です。

「腰巾着」という言葉がありますが、腰巾着という言葉も知らない人間相手に、決して褒められた生き方じゃないよと諭したところで、相手には意味も通じないし理解も出来ないでしょう。

でも、腰巾着も長くやってれば結構ストレスたまるものだろうし、逆に政府や権力を批判したり反抗しても、一向に報われないのもまたストレスです。一般市民に置き換えても、他にもストレスの原因なら山とあります。


ストレスを発散しようと、ネットでは、匿名性を利用した見知らぬ人への誹謗中傷なんかが横行して、子供の悪い手本となり、子供たちも互いに、歯止めがきかないようないじめやLINEいじめを繰り返すようになっています。

特定の人物への誹謗中傷を集中させる「**叩き」でブログやTwitterは炎上、それを見て、みんながやっているからと、ストレス発散目的で自分も参加する。

ここで免罪符となっているのは、「ストレス発散」です。
だから今では当たり前に、痴漢やストーカーや、各種ハラスメントや暴力の加害者までもが、口をそろえて「ストレス」を言い訳に他人を攻撃する…そんな犯罪が増えています。

学生は性的暴行やストーカー犯罪の加害者や被害者に、社会に出ればセクハラパワハラ、結婚したって配偶者のDVや身内のモラハラに苦しめられ、子供が生まれたらママ友や保護者会でまたいじめられる……本当にそれでいいんですか?

いま現在、我々が住んでいるこの国の実態をわかっていますか?直視できますか?


アベノミクスで景気が良くなったと、どのくらいのひとが実感しているのでしょうか?
格差は広がり続けて、プレミアムフライデーなどとメディアが大々的に取り上げる一方では、生活のために、やりたくもない残業に追われる人たちも少なくありません。

そんなはずはなかったのに、自分が貧困層に分類されるのだとわかって愕然としたひとは、どのくらいいますか?

ここに更にプライバシー侵害や密告や冤罪の恐怖を加えて平気なんですか?
今だって、たまった疲れやストレスを、ネット上での誹謗中傷や現実の暴力でぶつけ合って発散しているのに……何かの仕返しで、最初から冤罪に陥れるのが目的の密告や、嫌がらせが、確実に増えるだろうと予想できませんか?


他にいないから、不満足でも現政権支持、現状維持でもいいというのは、共謀罪強行採決に無関心であるのは、そういうことなんですよ?

知らないうちに裏切られ、騙され、欺かれ…いずれ真実がわかるその時まで、実際に痛い目を見るまでは、これまで通り他人まかせで、本当にそれでいいんですか?

素敵な未来が待っているとは思えませんが…それでいいんですね(>_<)?