魔道ねこの目線

気になること、面白そうなこと、主として政治関連をメインに独断的考察など、不定期更新で思いつくままに書いています( ̄▽ ̄)

支持率低下の安倍政権、メディアを使ってまだ悪あがき?



南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報を廃棄したとしながら陸上自衛隊が保管していた問題で、稲田朋美防衛相が2月に行われた防衛省最高幹部による緊急会議で、保管の事実を非公表とするとの方針を幹部から伝えられ、了承していたことが分かった。複数の政府関係者が18日、明らかにした。防衛省自衛隊の組織的隠蔽(いんぺい)を容認した形になる。【毎日新聞より抜粋】



稲田朋美氏のことよりも、この件をリークした「複数の政府関係者」の氏名や身分や目的のほうが、私は気になりますね。

みんながみんな、こんな使い古された安直な策に乗せられて、狙いどおりに稲田叩きを歓迎するなどと思ってもらっては困ります。

稲田氏がお飾り大臣だなんてことぐらい、昨今では中学生だって、ネットの報道を見ればわかります。

それよりも、なぜ今ここで、この報道なのかのほうが、よほど重要だと思いますけどね?


今なら稲田朋美を叩いても誰からも文句は出ない。反論や仕返しするやつもいそうにないから、憂さ晴らしにみんなで叩いてやろうぜ…そう国民にけしかけるごときの偏向報道だとしか思えないんですけど?

この「政府関係者」のような低次元の政治家たちの、卑小かつ卑劣なやりくちも不愉快だけど、それを競って報道するメディアも白痴揃いなんですか?

そもそも、メディアには、こうした稲田叩きのようなやり方こそが、子供のいじめの悪い手本になっているのもわからない程度の、貧しい想像力しかないんですか?

政治家とメディアがこぞって、いじめていいターゲットを指さして、「みんながやっている」からと大声で稲田叩きをそそのかしている…この構図が、いじめの仕掛け人のやりくちと酷似しているという自覚はないんですか?

稲田朋美氏への追及や糾弾を、いじめだと言っているわけではありません。

防衛相としての職責を果たせなかった彼女には、追及や糾弾されても仕方ない理由も立場もあります。

がしかし、これもメディアの策略で広まったとしか思えないお馴染みの「自己責任論」は違うんじゃないですかね?

自己責任を問われて当然なのは、安倍総理夫妻ぐらいなもので、他の人間たちには、あの二人ほど好き放題にやれる権限も、また立場にもなかったはずなんですから。


その最たるものが稲田朋美氏で、たとえ肩書きは防衛相であっても、誰が見ても安倍総理の傀儡人事、実情は広報係にすぎないのが当初からあからさまでした。


稲田氏当人にも、やりすぎれば失敗する自覚はあったと思います。だから口を開けば広報か、誰かの指示で言わされてます的な意見ばかりだし、資質を疑われてもいたわけで、うっかり勝手に肩書きを利用した場面では、ものの見事に「それはあかんやろ」な大失態(^_^;)

とはいえ、彼女が自主的に傀儡となったのか、依頼や命令を受けてのことなのかまではわかりませんが、そういう立場の人間に支持率低下の責任までおっかぶせて犠牲の羊に仕立てるのは、腹話術の人形に責任を転嫁するのと同じではないでしょうか?

しかも、傀儡としての稲田氏は、想定外に使いにくい人物だったようで、操る側が使い切れず、安倍っちのお友だちだからと自由にさせておいたら、ハイヒールで視察かましたとかいう、何かが欠落したひとですからねw

そんな人物に要職を任せた以上、取り巻きにどなたかの手による【お付き】が混じってないわけがないのですが、ここはトップシークレットなのか、見込み違いの大失敗で操縦が機能不全だったせいか、メディアも誰も触れませんねぇ(私的見解です)


まぁ、今回に限らず、あちこちで見当違いな自己責任論が持ち出されるたびに思うのが、自己責任論がじつに都合よく乱用されている昨今の悪しき風潮です。

今回のようなケースの場合、責任を問うのなら、傀儡人形にではなく、自分に都合よく人形を操って、陰でやりたい放題してきた(か、するつもりだった)者にこそ問うべきではないか?と、思いますね。


いちばん最近の応援演説での大ポカこそ稲田氏の自己責任ですが、政権の都合で隠していた事実を今ごろになって暴露して、全て責任者の自己責任だと告発するのは、ちょっと無理がありませんかね?


稲田氏が自己責任で大ポカをやらかしてもクビにならなかったのは、その時点では、「安倍総理にまだ稲田朋美氏を切るつもりがなかった」からですよね?

内閣支持率低下の打開策に、ついに稲田氏を切るのが決まったんでしょうか?総理は「もうアイツいらない」らしいから、ここぞとばかりにみんなで叩いて、マズイことは一切合切をアイツにおっかぶせて、犠牲の羊に仕立ててやろうぜ!という打算、そこがあからさますぎて、それが【いじめの構図と酷似】していると言いたいのです。


「お飾りだろうと、女のくせに生意気に一度は防衛相と呼ばれたんだからな。退陣前に叩かれる理由には十分だろう」「広報ていどの仕事がせいぜいだったくせに、女だから総理の贔屓でいい目も見たんだろうしな」「まあ弁護士なんだし、旦那もいるし、引退しても食うには困らないだろう」

無能なオヤジの嫉妬ほど醜いものはありませんね。陰で散々こういうことを言ってそうな「複数の政府関係者」を、どうしてメディアは追及や糾弾しないんですかね?

こういう連中を野放しにしているから、この国では幼稚で卑劣なやり方ほど通用する風潮になってきて、何人死のうが、学校や職場のいじめがなくならないんじゃないですか?

「複数の政府関係者」は「総理の意向」が稲田氏を護っている間は、今回の暴露情報を知ってて黙ってたわけですよね?だったら、今さら正義感から今回の告発をしたわけじゃないですよね?

大体、その「会議」に、その「政府関係者」たちは同席していたんですか?じゃあ、その時に何故リークしなかったんですか?出席者の名簿があるなら国民に公開してください。

同席していなかったけど、後でひとから聞いた?だったらその時点でただちにメディアにリークすべきでしょう?今ごろになって何故、複数の人間がそれを暴露したり、稲田氏の責任として告発しようとするのか、筋道立てて説明できますか?

国民の「知る権利」とは、そういうごまかしを認めない「事実を知る」権利なんですよ?
政権の都合で黙っていたり、暴露したりするのなら、何故そうしたのか、その部分も含めて知る権利があるはずではないですか?

芸能人のスキャンダルじゃあるまいし、姑息な議員や官僚の自己保身が目的の計算ずくの暴露を、国民の知る権利だとうそぶいて、自分たちに都合よく解釈して利用しないでください。

暴露するならするで、事実確認のためにも、みずからの正体を明かして、経緯も含めて説明すべきです。そこを省略して、匿名の告発者になろうなどと、図々しいにもほどがあります。違いますか?



防衛相と呼ばれていても、当初から稲田氏は、共謀罪法案の審議でしどろもどろだった某大臣といい勝負だったわけで、共謀罪が強引に可決された後は名前も挙がらない某大臣に比べて、稲田氏に限って、過去に遡ってまであれこれ追及するその理由と目的はなんですか?

メディアは絶対に、こういう質問はしませんよね?それは何故ですか?メディアの目は、そこまで節穴なんですか?

こういう質問をすることで、メディアが被るだろう不利益もわからなくはないけど、メディアの本来あるべき姿や、そういう姿勢も含めた真実の報道が為されれば、厚顔無恥政治屋のみならず、「巧く立ち回れば何をやっても大丈夫」だと勘違いしている卑怯者や、いじめっ子やパワハラ上司も、公正な第三者の目や糾弾を恐れる気持ちがストッパーになって、被害者を自殺に追い込むまで好き放題にやれはしないだろうと思いますが、いかがでしょうか?


私には以前から思っていたことがあります。
国会議員の平均年収が300万、閣僚400万、総理大臣500万くらいなら、日本はよほどマシな国になるんじゃないか…と。

普通に会社に勤めていたり、職についていたなら、非難や処分されて当然の不正や怠慢、不見識と無能力…そこまで揃っていてもクビにならないのは政治家ぐらいのものです。

そのくせ庶民が呆れるほどの好待遇や給料をもらって、それはおかしいだろうと追及されると臆面もなく鼻白むような、非常識な感覚の持ち主が多すぎます。

特権階級意識からか、まるで我々みたいな市井の国民は、文字も読めず数もかぞえられないとでも思っているとしか思えない、国民を見下した発言は言うに及ばず、納税者のもっともな言い分に低姿勢だったり、頭を下げるのは、決まって選挙期間中だけですよね?

このひと達の給料は税金なのに、誰のおかげで高給を食んで偉そうにしていられるのか、全くわかってないとしか言いようがありません。

年収300〜400万程度の仕事であり立場なら、何か勘違いして私腹を肥やしたり、偉ぶることに血道をあげるような不届き者は寄りつかず、もっと政治家の資質に恵まれた、謙虚で公正な人物が、周囲の人々に推薦されて出てくるようになるかもしれません。


政治家は、儲からない仕事であるほうがいいんです。儲けるため、偉ぶるために政治屋になるような人間が多すぎるように思います。

そして、そんな人たちを応援し、安倍っちが大好きな「印象操作」をやっているのがメディアです。

2015年の新安保法制の時だって、安倍総理の説明や主張は、どれも嘘とごまかしとデタラメな言い草に過ぎなかったのに、アベノミクスが成功していると国民を洗脳して、「そこそこ上手くやってるんだから、このままやらせておけ」というムードを作りだすのに、メディアは多大に貢献しました。

共謀罪がテロとは全く関係ないとバレるまで、世界で起きているテロの報道を繰り返しては、「だから共謀罪はテロ対策に必要」だと洗脳したようにです。

その証拠に、今だってまだテロは起きているのに、メディアはそれをどのくらい報道していますか?「前川を叩け」「稲田を叩け」というような偏向報道の10分の1も取り上げていないのではありませんか?

それでいて、責任転嫁が目的としか思えない卑劣な「複数の政府関係者」や、「一部の官僚」の名前や身分は絶対に明かさないのだから、中国や北朝鮮じゃあるまいし、この国は本当に民主国家なのかと疑いたくなりますねぇ。

メディアの見返りはなんですか?安倍政権を「お手伝い」して、誰がどのくらい儲けたのか、いい目を見たのか、国民にも説明していただけませんかね?


最後に、ここまで来てまだ悪あがきしようというのか、今さら顔ぶれを一新しようが、支持率が回復するとも思えない安倍政権にも、しかし1つだけ良い点があったことは、隠さずに認めておくことにします。

政権の私物化に不正やごまかし、国会は面の皮の厚い大嘘つき議員ばかりだとわかって、もう少し選挙や政治を気にかけようと、真面目に考えるようになった国民が増えたこと…これだけは安倍政権のお手柄だったかもしれませんねw

反面教師でも教師は教師です。
自国の政治に、無知や無関心のままでいるよりよほどいいと思います。

でもこう書くと、胸を反らせて偉そうにする愚か者がうじゃうじゃ出てくるのが、現政権の哀しき現実なのです。

残念ながらその彼等が、我々が選んだ公僕だというのなら、とっととまとめてクビにして、早急に、もう少しマトモな人材と入れ替えたほうがいいと思いますね。

国会議員の皆さんは、姑息なやり方で生き残ることにしがみつくより、国民から選ばれる理由がある政治家になってください。