魔道ねこの目線

魔道ねこ戻りました(*ΦωΦ)ノ 魔道ねこの目線のブログ情報のすべて 無断転載をお断りしています。

(安倍に騙されてるかも?)改憲と防衛力強化で日本が失うだろうもの…



昨日このブログを途中まで書いていた時でした。

『米軍機、広島上空でフレア発射か 住民らが光の球目撃』というニュースが飛び込んできました。


米軍コラ、あんたら日本の空でなに勝手なことしてくれとんねん( ̄◇ ̄;)

日本人ならそう思っても、たぶんアメリカ人は違う。

『はぁ?こんな時に内閣解散して、のんきに選挙なんかやってるからだろ、日本人は危機感ねぇなぁ。HA H A H A!』とかだったりして…?


うろ覚えですが、確かこの辺りの空も、じつは羽田空港上空みたいな空域のはずではあるんですけどね。
つまり制空権が米軍にある区域です。

でも、アメリカと北朝鮮がもめてる最中に、ことさら日本国民の危機感を煽るようなマネをされると、私なんかは、わざとらしいというか、いかにもヤラセめいていて、政府への不信感のほうを刺激されてしまうのですが(・・;)


ちょっと話は変わりますが、今年の1月、オバマ氏が大統領職を終えた直後、

【さようなら、オバマ「あなたは史上最悪の爆弾魔でした」】という記事が出たのを覚えていますか?


知らない人は各自で検索してもらうとして、内容はオバマ氏が「2年間で5万発近い爆弾を世界中でばら撒いた」ことなんかが、各種データ込みで書かれてました。

オバマさんには、米軍の活動の報道は規制するとか、他国での演習や訓練の際には、民間人に配慮して根回しなんかもしただろう分別があったみたいだけど、トランプ氏にそうした分別はないようだ。


でも、ひょっとしたらアレがアメリカ人(の支配階級)の本性というか、スタンダードなんじゃないのかなぁ…?

日本とアメリカの関係を調べたり考えたりしているうちに、私はそういうふうに思うようになりました。



日本は、事あるごとにアメリカの核の傘に守られていると言われてますよね。

でも、守られることによって、アメリカに支配もされてる感じですよね?

改憲派は、だから自国の防衛力を強化してアメリカの支配から脱するべきだ…とか、短絡的というか、非現実的なことを言うんですけど…


私の推測だと、日本がアメリカの核の傘から抜け出そうとしようものなら、おそらくアメリカの反応は…

「へぇ、いいのかよ?俺っちの傘から逃げたら、核はそっちに向くかもだぜ?生意気いわずに、いい子でおとなしく俺の傘の下に入っとけよ」…こんな感じ?
(個人的なイメージによる擬人化です)


大人になっても、相変わらずジャイアンに脅されてるのび太みたいな構図なわけだけど、アメリカって、我々がよく知ってるイメージとは別に、そういう真逆のイメージもあるんですよね。

すぐに殴る蹴るする乱暴なガキ大将(戦争大好き)だし、こちらが攻撃されないためには、表向きは言いなりになってるふりをして、大人しくしてるのが一番かも…みたいな?


へんな喩えだけど、日本はスネ夫じゃなくて、のび太なんだと思います。

スネ夫は一応ジャイアンの友達(かなぁ?)で、一緒にのび太をいじめたりもするし、計算高く立ち回ってジャイアン側にはついても、のび太の側にはつかない。


のび太のスタンスは、スネ夫とはちょっと違います。

ジャイアンに滅多に反撃できないのび太は、無抵抗で殴られたり、パシリにされたりもするけど、そのかわりジャイアンと一緒に誰かをいじめる側にはならない。

ジャイアンも、誰かをいじめるのにスネ夫は仲間にしても、のび太は役に立たないと思うのか、いじめ仲間に引っ張り込んだりはしない。


これを現実に置き換えて、言いかえると、こうなります。


日本はアメリカの同盟国だけど、アメリカの戦争での支援を要請されても、他国を攻撃したりはしないし、出来ない。

後方支援で協力したことはあっても、海外での活動に武力行使は含まれないし、出来ない。


憲法9条があるからだ。
日本は戦争しないし、武力も持たない。これまでずっとそれでやってきた。

一緒に戦えと言われても、憲法9条を盾に逃げられた。そう、極論を言えば、アメリカに脅されようがどうしようが、イヤなものはイヤ!「憲法9条あるんで出来ません」とキッパリお断りできたのです。


この構図が今、安倍晋三という特権階級きどりの傲慢かつ醜悪な男によって、既に一部は強引に変えられてしまったし、この先もまだ変えられようとしています。

しかし、これは安倍の一存と考えるよりも、ひょっとしたらその背後にいる何者かの意思や思惑、影響力のせいもあるとは考えられないだろうか。

お友だち優遇疑惑を追及されても、開き直りもできずに逃げまわるばかりの小者(失礼)の一存だけで、どうこう出来るレベルの話ではないように思われます。




もっと実際的に考えるなら、自国の防衛力の強化や、憲法9条を無意味なものにしても、そのくらいじゃたぶんアメリカの支配からは逃れられない。

半端に武力を持つことで、逆に戦力になる同盟国として位置付けられたり、核の傘から逃れるための条件として、アメリカに無理難題を押し付けられる可能性もある。

北朝鮮危機が長引くようなら、米軍の指揮下で戦力の一部としていいように使われたり、使い捨ての駒みたい扱われる可能性だってある。


日本が自国の防衛体制を整えようと、核武装しようとも、アメリカの支配から逃れるのは至難のわざだろうし、米軍は日本から基地を引き上げたりしないと思います。

「日本?米軍の前線基地がある島だろ?」
おそらく、米軍上層部辺りはその程度の認識なんじゃないかと思いますね。

むしろ、改憲で新しくできるだろう使える戦力(自衛隊)を、米軍なら有効活用しようとするのではないだろうか?


米軍基地とセットになった自衛隊基地を増やしたり、拡げたりするよう日本政府をそそのかして、自衛隊との合同訓練だの演習だのと言い出したり、日本上空の制空権の更なる拡張を狙うかもしれない。

日本の上空には、四六時中ヘリや軍用機が飛び交い、日本にとって安保法制も改憲も、やぶへびだったみたいな方向に向かうのではないか…?

こんな予想は当たってほしくないけど、日米関係を調べれば調べるほど、そういう最悪な想像しか浮かびません(>_<)



これまで日本は、自国の軍備をかためたり、戦争をそそのかしたり陰で操ったりする大国を援助したりする代わりに、自衛隊は途上国のインフラ整備を支援したり、被災地での救援活動なんかに尽力してきました。

同盟国として、僚友国の要請に応えて一緒に戦ったりする代わりにです。

では、もしも日本が憲法9条を無意味なものにしていたら、これまでみたいに支援したい国を支援する自由はあっただろうか?

直接攻撃はしなくても、同盟国の戦争の後方支援をすることで、敵対国から仮想敵国とみなされて、日本まで要らぬ恨みや憎しみを買うことになる可能性もあったのではないだろうか?

もしもそんなふうだったら、日本の支援の申し出は、それが人道的な被災地の救援活動であっても、危険回避を理由に丁重に断られていたかもしれない。


早い話が、世界は、のび太ならいい。でも、ジャイアンスネ夫はダメだ(勝手な比喩です)ということだ。

中東での紛争みたいに、迂闊に大国の介入を許したせいで、本来なら短期間のうちに決着がついたはずの小競り合いが、何年も続く戦争に発展したような経緯もある。


南スーダンと聞いて、何が浮かびますか?
自衛隊が派遣された?前防衛相の稲田氏の日報問題?安倍の身びいき?

日本で報道されたのはそういう部分ばかりですが、そこでいつから、どんな戦闘行為があって、どれくらいの期間やっているのか、民間人の被害はどの程度か、調べてみるといいです。

メディアは肝心なことは何ひとつ報道していないことがよくわかると思います。


実際問題として、イラクやシリアで長々と戦争することになったのも、そこへ軍隊を送りこむだけのアメリカには、さしたる負担もなかったからではないだろうか。

アメリカがなるべく人道的にやっているつもりでも、人道的な戦闘行為などあるわけがないし、間違って民間人のいる建物を誤爆したという話も何度も報道されました。


戦争すれば被害は避けられないし、犠牲になって家を焼かれるのも、命を落とすのも、国同士の諍いなどとは無縁の民間人が大半なのに、武力を所持していれば、わざわざ出かけていって戦争をするのです。

戦争をけしかける政府首脳陣や、軍の上層部で命令だけ出しているような連中は、最前線での戦闘に参加したりしないし、危険が迫れば、兵士や民間人を犠牲にしてでも、自分だけは助かろうとするものだ。

それが唾棄すべき戦争屋のやりくちで、武力を所持すべきだ、防衛力の強化が必要だと拳を振り上げ、大声で叫んで国民を煽る際には、戦闘で犠牲になる立場の国民に、戦争のリスクを語ったりは決してしないのです。


アメリカには容易に相手の反撃を許さない力も、距離的な優位もある。反撃しようにも海の向こうのアメリカはあまりに遠く、やっとの思いで戦闘機を撃墜しても、また次のチームが送りこまれてくるだけだ。

難民も、大西洋や太平洋を超えてアメリカへ押しかけることはできない。だからシリアの難民たちは地続きのヨーロッパへ向かったのだ。


同じことが北朝鮮危機でも言える。
今すぐ戦争になっても、大打撃を受けるだろう北朝鮮には死活問題でも、アメリカにとってはそうじゃない。だからトランプがあれだけ言いたい放題できるのだと思う。

北朝鮮だけでなく、直接被害を受けそうな韓国も戦争は避けたいだろうし、中国やロシアも、朝鮮半島から難民がなだれこんできたら困る。

日本だってそうだ。戦争被害も難民もどちらも勘弁してほしい。


冷静に考えるなら、この戦争でほとんど被害を受けないのも、得をするのも、アメリカだけなのだ。だから「挑発上等!かかってこいや!」なスタンスなのだと思います。

北朝鮮のアメリカを直接攻撃可能な大陸間弾道ミサイルは?

それ、さっさと一発撃ってくれて、西海岸付近の被害が少ない地域か距離に落ちてくれたら、「おっけーd(^_^o)じゃあ反撃行くよ〜」で、アメリカは日本や韓国、中国ロシアも巻き込んで、北朝鮮相手に派手に戦争できるのに、とか考えていたりして……⁉︎


中国やロシアが北朝鮮を抑えようと懸命に対話を主張していたのは、そういう事態を回避したいからだし、挑発を続ける北朝鮮はともかく、アメリカの(というよりトランプの)不可解なぐらい好戦的な対応は、戦争したいからだとしか思えない。

グァムにミサイル落とすと挑発されたらそうなる?でも、実際グァムの近辺にミサイル落とされたのならともかく、ミサイルは日本の領海近辺にしか落ちてませんよね。

なのに、アメリカは、ちょっとチワワがキャンキャン吠えたからといって、お返しにドーベルマンをけしかけてやるぞ!みたいな異常な反応してるんですよね。


まぁそんなわけで、アメリカは戦争希望だとして、それ以上に不可解至極なのが、日本政府の対応です。

なんで日本はアメリカに同調してるの?(今に始まったことじゃないけどさ)


韓国、中国、ロシアは地続きだから戦争を回避したくて当然。北朝鮮に手を焼きながらも、対話重視の慎重論なのもうなずけます。

日本は地続きじゃないし、間に海があるから平気?まさか冗談でしょ?

日本がアメリカ大陸か、最低でもハワイぐらいの位置にあるならともかく、泳ぎが得意で死にものぐるいの難民なら、北朝鮮から自力で泳いで逃げて来られそうな距離にあるんですよ?

当然、ミサイルで狙われ放題だし、難民が流入してくる確率も高いのに、日本はなぜ戦争したがってるアメリカの側についてるんでしょうね?

北朝鮮は、アメリカ本国への反撃が難しいとなったら、もっと近場で攻撃可能な目標にミサイル落としてやろうと考えるのでは?

つまり韓国と日本にある米軍基地にです。


常識的に考えたら、どう考えても攻撃される理由のダントツ1位は、北朝鮮によるアメリカへの反撃ですよね?

だったら、戦争になる前に、日本は近隣の国と一緒に、もっともっと戦争を回避するための努力をするはずなんじゃないの?

それなのに、北朝鮮の危機に対処できないから改憲だ!防衛力の強化が必要だ⁉︎…なんですか?


ひとつ疑問なんですが、それ、今からでも間に合うんですか?

今から改憲して、法整備して、自衛隊の防衛力強化のために武器や人員を揃えて、訓練したり教育をしている間、目前の北朝鮮危機は?

準備が整うまで北朝鮮は待っててくれるんですかね?


こっちの準備が整うまで北朝鮮が待っていてくれるというのもあり得ない話ですが、そんな悠長に構えていられるのに、選挙に勝って自国の防衛力強化だの、改憲して自衛隊武力行使できるようにするだの、随分と胡散臭いというのか、目的が疑わしい話じゃないですか?

安倍のやることは、お友だち優遇から国の危機管理対策レベルに至るまで、とにかく胡散くさい。

裏の事情や真の目的を隠して、危機感を煽ったり、数字や成果をごまかしたり、ひたすら扇動することで国民を洗脳して、最後には数の論理で目的を達成しようとする汚いやりくちが透けて見える気がする。


とにかく、安倍政権は当初から、先頭きって北朝鮮のミサイル危機を煽り、Jアラートを広範囲で鳴らしたり交通機関を停止させたり、戦争の危機を回避するのとは真逆の宣伝活動の方向にばかり力を入れてましたよね?

同じ頃、森友や加計学園問題で追い詰められていた安倍は、北朝鮮危機を必要以上に煽ることでお友だち優遇疑惑から国民の目を逸らさせようとしてか、異常なくらいテンパっているように見えました。


テンパる理由は、はたしてお友だち関連疑惑のごまかしだけだったのでしょうか?

安倍が個人的に親切にしてあげられるお友だちだけじゃなく、安倍にあれこれ要求するようなお友だちが、北朝鮮危機を利用することを思いついて、追い詰められていた安倍を更に追いつめるような事態が密かに進行していたのではないか…と考えるのは勘ぐりすぎでしょうか。



昨年、日露会談で、北方領土の返還があるかも?みたいな報道があったのを覚えているだろうか。

ロシアには、「返還後に米軍基地を置かないと約束できるなら返してもいいよ」的な意見もあるらしい。当然の用心だ。

でも、そんなのは「米軍が絶対に認めない」から無理。両国ともその見解で一致している。


それでも、例えば50年先の未来では、世界情勢や国同士の関係図なんかも、今とはまったく別物に変貌している可能性だってあり得る。

そしてその頃には、今現在、北朝鮮が世界から孤立しているように、アメリカが世界の嫌われ者として孤立しているかもしれない。

日本が自国の武力を整えたり、他の国とも協力してアメリカの核の傘から逃れるのは、そうなってからでも遅くはないのでは?


そのくらい、アメリカは他国の紛争や戦争に首を突っ込んでは、自国の軍需産業を儲けさせてきたし、アメリカが関わったせいで、紛争が大きくなったり長引いたりしているのだ。

考えてみれば、アメリカには国としてさほど古い歴史や文化があるわけでもなく、ハリウッドとディズニーとプロ野球で、なんでもアメリカNo.1と豪語する一方、他国の歴史や独自の文化などはあまり認めない感じだ。

日本に原爆を落とし、中東での戦争に介入して軍需産業を儲けさせ、地理的な優位にある安全圏から無傷で戦争に参加して、砲撃や爆撃で都市を焼き払い、大打撃をくわえた国々を、戦勝国として支配してきたのがアメリカだ。


アメリカには、数千年前の貴重な遺跡なんかはない(先住民のそれはあるかもしれないが)し、自国にはない長い歴史や建造物、他国の文化や遺跡の価値を認めたりするだろうか?


都市や古い建造物を破壊することは、その国の文化を破壊することに等しい。
例えばディズニーランドがテロで破壊されて大損害というのとはちょっと意味が違う。

ディズニーランドならまた新しく建て直せばいいけど、破壊された家や街、歴史的遺産は元には戻らない。何より遊園地は商業施設に過ぎないが、家や街にはひとが住んでいる。

遊園地なら、新しくて綺麗なほうが良くても、叩き壊された古い建造物の思い出や、歴史的建造物に残る固有の文化までは、新しく建て直せるものではない。

そもそもアメリカは、戦争で自国の都市や街を攻撃された経験がない。同時多発テロでの貿易センタービルの悲劇が初めてではないだろうか。

悲劇の多寡を比べて重い軽いを語るつもりはないが、一過性のテロの被害と、砲撃や爆撃で焦土と化した都市や街とでは、やはり人的被害も損害も比較にならない。

失ったらもう戻らないことを考慮せず、平気で焼き払ったり、叩き壊したりできるのは、異国の文化に価値を認めてないからではないのか?


イスラム国が、近隣の貴重な遺跡を次々に破壊していた頃、やりくちがアメリカそっくりだと私は思っていた。

イスラム国は、アメリカとイラクの戦争の果てに、戦禍で全てを失った被災者の嘆きや恨み、憎しみが原因で生まれたものだという意見がある。

イスラム国の肩を持つ気はさらさらないが、もう何も残っていないくらいに家や街を叩き壊され、焼き払われてしまったら、他人の財産も同じようになってしまえ!と考える気持ちはわからなくもない。


相手に抵抗や反撃する力があるうちは、アメリカは戦いをやめない。

ベトナム戦争も、かなり長いことやっていたようだし、イランやシリアの中東方面も、湾岸戦争の頃から続いているのなら、何十年というスパンで戦争をしている計算になる。


ひょっとして、アメリカの存在が世界をおかしくしているんじゃないのか?
唐突に浮かんだのはそんな疑問でした。

あるいは日本人は、こういう疑問すら思いつかないくらい、反日教育の対極にある親米教育で洗脳されているのではないか?
そんなふうにも思うようになった。

こういうことを文章にまとめてブログに書いたりしていると、次から次へと疑問が浮かんでくる。

仮に「親米教育」があったとして、それはアメリカの主導だけでおこなわれているのだろうか?それとも日本政府が独自でやってきたのか?

そうではあるまい。もしもそうした計画があったのならば、アメリカと日本政府の双方の主導によるものでなければ、こうまでうまく根付いたりするものではない。
違うだろうか?


少し前、このブログで、自衛隊の武器の何割かは、日本でこっそりつくっているんだろうかと書いた時には、まさか三菱重工業が潜水艦を建造していたり、それを海外で売ろうとしているとまでは考えていませんでした。

そしたらなんと、池上さんの番組で言っていました!

防衛装備移転三原則 とやらが2014年

今年は、防衛見本市開催?

日本企業が世界に武器をつくって売り込む?
国民に内緒で、なに勝手なことやっとんねん、安倍!

北朝鮮危機で米国兵器産業の株価上昇⁉︎
日本の防衛費は5兆円超
それらで儲けているのは誰だ⁉︎


安倍一強の裏側で、強引に成立させた安保法制も、これからやろうとしている改憲も、目的はこれだったんじゃないの⁉︎

消費税の使いみちを問うはずの総選挙で、安倍自民党が信任されたら、待っているのは日本の軍国化あたりですか?

戦争好きのアメリカと仲良く手を繋いで、高い性能の日本製の武器や潜水艦を輸出して、そのお金でまたアメリカ製の武器を買う?

win-winなのは、日米両国の特権階級だけですか?

彼等のwin-winを支えるためだけに、国民は高い税金を負担させられ、多すぎる高齢者の社会保障費や年金は削られるんですか?

そして、若い世代はいずれ、徴兵制度もどきの法律をつくって、日本軍の兵士として自衛隊に送りこむわけですか?


ふざけるなよ!安倍!
大概にしとけよな!


…と、私はこのように考える次第ですが、自民党ひいきの皆さんは、本当に安倍なんかの信任に賛成なんですか?

私は安倍も改憲もごめんですけどね。