魔道ねこの目線

魔道ねこ戻りました(*ΦωΦ)ノ 魔道ねこの目線のブログ情報のすべて 無断転載をお断りしています。

GYAOの無料配信動画にハマっています(・∀・)


鋼の錬金術師 第39話のラスト『第40話の予告』のナレーションを最後まで聞いたひとはいるだろうか。

ナレーションの結びの言葉は、『正しい者が勝つのではない。壁を乗り越えた者が勝つのだ』です。

舞台は大詰めも近いブリッグズ編。ハガレンのこーゆーところが私は好きです。

自分が何を好きか嫌いか、それは流行りや流行らないで決まるものじゃない。
それを好きか嫌いかの感情は、これまでに自分が見たり聞いたり、知識として吸収してきた様々なものから生じているのだと思う。

今どき流行らない考え方かもしれないけど、勝った者だけが正義だなんて言い草よりは、勝ち目は低くても壁を乗り越える闘いに挑むほうが断然好きだ。

だから「一強」で、「勝った者だけが正義だ」とやりたい放題する安倍のやり方を不快に感じるし、あれやこれやと安倍政権批判を書いてきたのです。

国民の支持や声によって選ばれたというのなら、支持率が落ち込んで、自分たちがもっとも不利な段階で解散して、正々堂々と国民に信を問うべきだったと思いますね。

何故なら、支持率が落ちているからこそ「それでも国民に信任されるかされないか」を問うれっきとした理由になったからです。

でも、それだと選挙で敗けるからやりたくない。だから支持率が上昇に転じた辺りで打って出るとか、選挙を商売の駆け引きやゲームの攻略かなんかと間違えてないですか?

そんなだから投票率が下がるんじゃないですか?

ミサイル危機を煽ったり、たまたま上昇した株価を政権の手柄のように宣伝したり、事前に支持率に影響しそうな姑息な手段をあれこれ講じて、負けないように仕組んでからの解散総選挙にどんな意味があったんですか?

唐突にでっち上げた選挙用の政策の建前を武器に、今なら勝てると計算ずくでやった選挙に勝ったからといって、それは国民に本当に「信を問うたことにはならない」と思うし、自分たちが「支持されたわけでもない」ことを自覚すべきなのでは?

その自覚がないから、未だに野党の質問時間を削るとか、厚顔にもあからさまな「勝った者だけが正義だ」節を振り回し続けられるのだろうと思いますけどね。

主張を聞けば明白だけど、安倍は嘘つきで姑息な卑怯者だし、麻生は傲岸不遜な悪代官そのものだ。その周囲を取り巻いているのも菅官房長官を筆頭にした卑屈な腰巾着ばかりだ。

納税者として、このくらいは言っても構わないと思います。

こんな連中が日本のトップに居座っていることが、私はこの国の国民として恥ずかしいです。

そろそろこんな連中を批判するのもアホらしくなってきました。

不愉快な安倍のことなんか放り出して、ちょっと寄生獣やハイキュー‼︎とか、アニメやマンガのことを書こうと思います。


カテゴリー分類だと同類かと思われる「進撃の**」には、何回アニメを観ても全く関心をひかれなかったのに、寄生獣にはどハマりした理由は何だったのだろうか?

ハイキュー‼︎ も、私はバレーには全く興味ないし、じつは一連のバスケやテニスの人気まんがも完全スルーだったのに、ハガレン以来のコミックス全巻セットを買わせてしまった「何が」ハイキュー‼︎ にはあったのだろうか…などをだ。

どこから書いていくか、まだ全然まとまらなかったので、今回はいろいろ惜しかった「マギ」のことを書いてみることにします。


マギは、ちょうど全25話がGYAOで一挙配信を始めたばかりで、内容は私がどハマりしそうな要素がいっぱいあったのにも関わらず、何故かハマれなかった、もったいない作品となりました。

私はこの作者の政治信条やヒロイズムにも共感できるし、マギは数年前、モバゲーで鋼の錬金術師のゲームをやっていた頃にも、私が好きそうなアニメだと推薦されたり、ゲームに招待もされたのですが、ちょうどリアが忙しくて機会がなくて、ゲームもやらなかったしアニメも観たことはありませんでした。

では、今頃になって観ることになったマギのどの辺が惜しかったのでしょうか…?


初っ端から出てくるゲスい悪徳商人や、奴隷をつれた領主のクズっぷりに、頭の隅のほうでワンピースがチラついたwのはともかく、全25話なら、もういっそアラジンとアリババのダンジョン攻略マンガで良くないか?とかでしょうか。

それが通しで観たマギの最初の感想でした。

2人主役なのか、どっちが主役か途中からわからなくなるし、アラジンの正体を「本人にも謎」で片付けて話を進めすぎな置いてきぼりされ感がすごかったんですが…。

最初のダンジョン攻略で、【王を導く者〜マギ〜】のアラジンメインの話で行くのかと思ったら、何故かアラジン抜きの別行動で、故郷に帰ったアリババ君の王政打倒の闘いが始まっちゃってるし???(・・?)???

ダンジョン攻略してジンを手に入れる話じゃなかったんかい?と混乱しながら、そのまま一挙配信の先を観ることになりました。


ダンジョン攻略後に離れ離れになっていたアリババ君は、じつはスラム育ちのバルバッドの第3王子で〜幼なじみのカシムとの友情や確執てんこ盛りの展開が待っていました。

アリババとカシムの過去の経緯やなんかを、あれだけの話数をかけてやるのなら、先にアラジンとアリババとの間にも、もっとダンジョン攻略を重ねるとかして特別な絆が出来てないと、「王の器」アリババと特殊なマギ?のアラジンとの関係性がイマイチ霞みませんか?

それがないせいで、幼なじみのカシムとのかたい絆に比べると、たった1回きりのダンジョン攻略とか、「僕の友達になっておくれよ」だけのうっすい繋がりだけではイマイチ説得力が弱いような……(・・;)

しかもアリババ君は、虐げられてきた国民や腹違いの兄さんにも期待をかけられて、王政打倒してバルバッドを共和制国家にするために、越えなければならない壁として光と闇の戦いもどきに挑むわけですが、王の器アリババと対決するのは、黒き器カシムですか?おいおい…

先に黒いマギと戦ったからか、この大事な戦いに途中まで出番がない「特別なマギ」アラジンは眠ったままですか?

自分が選んだ王の器の戦いですよ?てゆーか、あんた達、そもそもアモンのダンジョンで、どっちも王の器に選ぶも選ばれたもなしにここまできてるよねw

よくわからないまま、お互い勝手な戦いで進化したりレベルアップしてるけど、原作を読み込んでるファンじゃないと、何が何やらさっぱりわかりません(T ^ T)

アラジンのほうも、アリババ君よりもウーゴ君きっかけで誰も知らないところでひとりレベルアップして、戻ってきたら唐突にソロモンの知恵とか呼ばれてるけどね〜

敵方とシンさんだけは色々わかってるみたいなんだけど、主役ふたりは別行動で自分のことに精一杯だし、伏線なのか、視聴者にはなんの説明も解説もないから、この辺りはどうなってるのか全くわけがわかりません。

黒いマギ?の知ったか発言や、何でも知ってるふうなシンさんの発言だけで全てを説明というか、「視聴者に説明しないことを説明」されてもね〜


アニメ25話を通しで観るのは時間もかかるし、集中力を失わずにいることもキビシイのを考慮しても、とにかくダンジョン攻略アニメが、王政から共和制への移行を訴える第3王子の政治の話がメインになったあたりで、気分は路頭に迷いまくります。

てゆーか、ひょっとしたら雑誌連載中にアリババかカシム(かシンさん)の人気が沸騰して、作者の意図よりも出版社や大人の事情のほうを優先したんじゃないか的なアニメの展開に、私みたいな初心者の視聴者はついていけませんでした(・・;)

このあたり、もしかしたらアニメの演出がまずかっただけで、原作だと違うんでしょうか?


それにしても、いちばん納得がいかないというか、作品を台無しにしてる感がすごかったのが、泥酔したシンさんが大事なお宝ごと身ぐるみはがれて初登場のくだりですね。

七海の覇王(字これで合ってる?)とやらが大事なお宝(キンゾクキ?金属器?)ぜんぶ失っても気がつかないとか、本人もお付きもぜんぜん本気で探す気ないとことか、いくらなんでも説得力なさすぎでしょ(>_<)

たしかに、シンさんが本来のパワーを失ってるからこそ、初対面のアラジン達と一緒に普通のひとのフリして、さらわれてきたアリババ君の話を壁越しに盗み聞きとかしていても不思議じゃないんですけどね。

本来ならば、そもそもシンさんみたいな立場や力のあるひとが、迂闊に他国のお家騒動に首を突っ込んだり、内政干渉すんなよなって話になるんじゃないですか?

最後の最後でキンゾクキが戻ってきて本来のパワーを取り戻したシンさんは、アンタこんだけ力あるんだったら、もっと早くアンタ1人の力でぜんぶ簡単に片付いてたでしょな空気が半端ないし 笑笑

なのになんでそんな大事なキンゾクキを、もっと真剣に探すとか早く取り戻すとかしなかったんでしょうか?この辺りのリアリティなさすぎですぅ(T . T)

これではシンさんがアニメ本編に出張るのが目的の演出だったとしか思えませんけどw w w

シンさん人気がダントツだったから、アニメ化するならいっぱい登場させたくて、それで彼がパワーを発揮できない設定が必要になったのでしょうか?

まぁこんな感じに本編とは関係ないことばかり次々に頭をよぎってしまうアニメでした。

この件は、そのうちもう1回くらいアニメを通しで観て、続きがあったら、それも観てからまた書こうと思います。


ファンのひとごめんなさい🙏な酷評になっちゃったけど、私が見たことあるのは、シンドバッド編のアニメだけなので、あれを観て期待していたぶん残念感が高かったのかもしれません。

GYAOでは、ハイキュー‼︎ の後も続いてセカンドシーズンやってるし、たぶん白鳥沢編もやるだろうと思うので、マギも続きやシンドバッド編があるかもしれません。期待しましょう!

GYAOは無料で、しかも自分が好きな時に好きなだけ視聴できるのがいいですよね。

マギ25話一挙配信中です\(^o^)/
まだ観てないひとも、もう1回見たいひとも、無料ですよ〜